あんスタSSの裏指令の詳細や大丈夫なのかと言う心配の声について徹底解説

あんスタSSの裏指令が重すぎると話題になっています。

今回はあんスタの裏指令の詳細や「大丈夫なのか?」について徹底解説していきます。




あんスタSSの裏指令が重すぎると話題に

あんさんぶるスターズ

あんスタのメインストーリー2部であるSSの解放が進んでいます。

2021年を通して進んできたSSは12月14日からの決勝戦を控え、一番盛り上がる時期に差し掛かっています。

そんなあんスタSSは人気小説家でもある日日日さんが担当しています。

12月3日に日日日さんへのインタビューが公開されたのですが、このインタビュー内でゲートキーパーから各キャラに課された指令や裏指令の一覧が公開されました。

ただ裏指令の内容や罰が重すぎると話題になっています。

SSではユニットのキャラに向けた指令が出ているのですが、そちらは「舞台上でござる口調を使わない」「規則正しい生活をすべし」などある程度は理解できる内容です。

ただ裏指令は命令への絶対服従や大会のボイコットの禁止などきな臭いもので、破ると「一族の皆殺し」「(なるべく人の多い時間帯に)ESビルおよび星奏館を破壊する」「日本全国の寺を可能な限り無差別に放火」などアイドル育成ゲームとは思えない程重いものになっています。

これを受けて「アイドル育成ゲームというか高校生にこんな設定科して倫理的に大丈夫?」「あんスタは闇が深いとか笑えないレベルに重い」などの声が見ら、中には泣いてしまったと言う方もいる程です。

裏指令のまとめ

各キャラへの裏指令は以下の通りです。

裏指令の内容

  • 日々樹歩:ゲートキーパーの命令には絶対服従
  • 氷鷹北斗:決して運営に逆らってはいけない(罰:大切なものを奪う)
  • 守沢千秋:三毛縞一族に助けを求めてはならない(罰:流星隊に所属したことがあるすべてのアイドルのESからの除籍)
  • 天城一彩:SSの予選会で5位以内(罰:故郷を潰す)
  • 乱凪砂:凪砂がゲートキーパーの養子になる
  • 斎宮宗:SS予選会を途中でボイコットしてはならない(罰:フランス政府を通して宗に対する国外追放を出す)
  • 葵ひなた:他のユニットの企画に相乗りする形で参加してはならない(罰:2winkを解散させ、ひなたとゆうたを異なるユニットに所属させる)
  • 天城憐音:SS予選大会終了時点でKnights以上のSSL$を所有しなければならない(罰:桜河一族の皆殺し)
  • 朔間零:2winkの命令には絶対に従うべし(罰:(なるべく人の多い時間帯に)ESビルおよび星奏館を破壊する)
  • 真白友也:プロデューサーの居場所を他のアイドルに伝えてはならない(罰:仁兎なぎさを退学させる)
  • 蓮巳敬人:他のユニットからの共演依頼を断ってはならない(罰:日本国内にある寺を可能な限り無差別に焼き払う)
  • 朱桜司:Knightsはライブ対決をしてはならない(罰:桜河一族をお取り潰しにした上でその関係者と絶縁)
  • 逆先夏目:夏目自身がリーダーとして中心となり活動しなければならない(罰;夏目の花をインチキ占い師としてあらゆる国内外のマスコミから糾弾させる)
  • 三毛縞斑:ゲートキーパーと手を組み、ゲートキーパーの指示通りに動かなければならない(罰:斑の妹を殺す)

あんスタSSの裏指令は大丈夫か?という声について

下記では「あんスタSSの裏指令は大丈夫か?」という声について紹介していきます。

コントロール用で実行され無いと見られる

基本的には裏指令の重すぎる罰はキャラのコントロール用で、ストーリー内で実行される事は殆どないと考えられます。

実際ストーリー内で実行された罰は「大切なものを奪われる」という罰でしたが、内容は「アイドルとして舞台に立つ機会を奪われる」という他に比べてマイルドなものでした。

少なくとも一族皆殺しや故郷を潰すなどの重すぎる罰が実際に行われる可能性は低く、ストーリーが悲惨になり過ぎる事は心配しなくていいと見られています

どれかが実行されて阻止する可能性・隠すために他が重い可能性

日日日さんは、指令はおまけ程度の要素で裏指令がストーリーに深く関わっているとしています。

そのためクライマックス近くで誰かが裏指令を破り、その罰を阻止する展開になる事もありえます

重すぎる罰では阻止が難しいため、誰かが軽い罰を受ける事になり、それを阻止するために皆が阻止する展開も予想されています。

またストーリーの展開に繋がる裏指令の存在を隠すために、実行しない裏指令を重く設定している可能性もあります。

ゲートキーパーは海外マフィアの想定

あんスタでは英智が強い権力を持っているため、半端な悪役を出しても意味を成しません。

そのためゲートキーパーは海外マフィアとして想定されており、英智を超える権力の持ち主として描かれています。

そのイメージを強く植え付けるために、命を賭けた罰を設定しているものと見られます。

あんスタなのでで受け入れる人も多い・今後も似た設定が出てくる可能性は高い

あんスタは元々アイドル育成ゲームにしては闇が深いゲームとされてきました。

キャラのそれぞれに重い過去がありますし、ソシャゲには珍しく誰かにヘイトが行ってしまうストーリーになっている事もあります。

日日日さんはSSだけで今回の件は全て解決しないとしており、今後も似たテイストでメインストーリーが進んでいくと見られます

問い合わせをしておく

日日日さんは大人気ゲームのプリコネのシナリオを担当していました。

ただ好評という訳ではなく、「変えて欲しい」という声も少なくありませんでした。

その問い合わせもあってか、日日日さんはメインシナリオライターから外れたとされています(実際はメインライターが日日日さんからサイゲームス表記になったので書く体ではありません)。

あんスタでもユーザーの声が反映される可能性もあるので、今回の騒動が受け入れられない方は、運営に問い合わせを送っておくのもいいでしょう。

あんスタへの問い合わせ方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

あんスタmusicでエラーが多発!詳細や対処法、正式版について徹底解説

あんスタや推しアイドルのキンブレシートの作り方やうまく出来ない場合の対処法を徹底解説

Amazon あんスタや推しアイドルのキンブレシートが話題になっています。 今回はあんスタや推しアイドルのキンブレシートの作り方や上手くできない場合の対処法など徹底解説していきます。 コンテンツ1 あ ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.