Apexエーペックスモバイルのボタン配置の方法やおすすめのボタン配置などを徹底解説

エーペックスモバイルがリリースされましたが、ボタン設定が難しいと話題です。

今回はエーペックスモバイルのボタン設定の方法やオススメ配置など徹底解説していきます。




エペモバの設定が難しいと話題に

大人気FPSApex(エーペックス)のモバイル版エペモバがリリースされ、大変な盛り上がりを見せています。特に荒野行動やCODの様なスマホ中心のアプリの利用者やこれまでApex(エーペックス)をやりたかったけどデバイスを持っていなかった方達からも注目されており、ファン人口の拡大が見られます。

ただ元々Apex(エーペックス)はハイスピードのPCゲームを想定しており、他のFPSよりも操作要素が多いです。

それ故にボタン操作がややこしく、ボタン配置に悩んでしまう方も少なくありません。またApex(エーペックス)ファンからしても、PCやコンシューマーのように操作したいのにできないと言うストレスを感じてしまう方もいます

キャラコンがうまくいかない

モバエペは移動として、スライディングやパルクールを組み合わせた動きが基本になります。ゲームのシステム上時間管理や移動速度が重要で、移動のキャラコンは勝ち負けに直結します。

戦闘中も相手に回復する暇を与えないように一気に距離を詰めたり、近距離での打ち合いでジャンプやしゃがみを入れて的を絞らせない動きも重要です。

上級者になれば壁ジャンやストレイフなどを組み合わせた立体的な動きが必須になってきます。ただモバエペのデフォルトの設定で、そのレベルのキャラコンを行おうとしても非常に難しくなってしまっています

射撃とエイムを同時にできない

デフォルトのモバエペでは、左指でキャラの移動をし、右手で視点移動と射撃(とアクションやその他諸々)を行います。

ただ右親指でエイムを合わせ、右親指で射撃ボタンを押すとなると一瞬画面から指を離す事となってしまいます。この時合わせたエイムがズレたり、画面から指を離す一瞬でエイムを外されてしまったりしがちです。

また左手射撃をする場合でも、右手でエイムを合わせながら左手でボタンを押す関係で棒立ちになってしまいます。

当然ながらこういった問題を抱えたままでは、相手に撃ち勝つのは難しくなってしまうでしょう。

ややこしくて考える気が削がれる

モバエペはデフォルトの設定では、思うとおりに戦うのが非常に難しいです。そのためボタン配置の変更がほぼ必須になります。

しかし射撃もキャラコンも考えながらボタン設定を考えるのは面倒です。

正直ボタン配置をややこしく考える位なら、PC・CS版のエペをやったり、荒野行動やCODに戻ればいいやという方も少なくありません

ボタン配置変更方法

左下の「設定」をタップし、「操作設定」に進みます。

「カスタムレイアウト」を選ぶ事で、ボタン配置の変更ができます。

ボタンをタップしてドラッグすると、好きな場所に移す事ができます。

ボタンをタップしてスライドバーを動かす事で、大きさや透過を変更する事ができます。

4本指以上が現状は強い

スマホのゲームと言えば、右手と左手の親指を使う2本指をイメージする方が多いです。しかしモバエペは2本指ではなく3本指以上が想定されており、特に4本指以上を使うのがおすすめです。

4本指と言うのは多くの場合は、両方の指の親指と人差し指を使った操作を指します。

モバエペの場合はそれに拘らず、左は親指と人差し指を使い右手は人差し指と中指を使うなど、自分のやり易い方法を探してみて下さい。

基本的にデバイスはクッションや机などに置いて、手で持たずに操作する方がいいでしょう。

おすすめボタン配置

あくまでも一例ですが上が4本指で操作する時のおすすめボタン配置になります。

上の場合は左人差し指で移動スティック、左中指でスライディングやジャンプを操作(右で回復操作などをしている時フォローのために左中指に射撃)。右人差し指か右中指で視点操作や武器切り替え、右親指で射撃やグレ、回復などを主に行っています

他の使用頻度が低いものは、近い指で操作しています。

他にも右手側にスライディングやジャンプを置き、左手で移動と射撃を担当するなどの配置を取っている人もいます。ボタンの配置に正解は無く、自分の指の長さやどの指が器用かなどによって変わってきます

アクション+視点変更+移動を同時にしたい

モバエペの操作では移動+視点移動+アクションをしたいため、3つ以上のボタンを押す必要があります。

もっと言えば戦闘時のエイム覗きこみやグレの切り替えなど諸々考えると、4つ以上のボタンを押せるのが理想です。

ボタンを配置する場合は、どのボタンを同時に押したいのかや押し易いのかなどを考えて配置するのが良いでしょう。

操作する指を決めておく

ボタンを押すために指を大きく動かしたり、ボタンを毎回違う指で押したりするのは非推奨です。

指を動かしている間にボタンを押すのが遅れたり、ボタンを押し間違えたりする恐れがあります。

PCのキーボードを押す時のように、ボタンを押す指を決めて設定を行う様にするとオススメします。

仕様を把握してやり易い指でリコイルする

全体的な動作をいくらやり易く配置しても、弾が当たらなければなかなか勝てません。

人足し指やその他の指でリコイルできる人は好きな指配置にすればいいですが、親指の方がリコイルし易い人は無理せず親指でリコイルするのが良いでしょう。

下記のリコイルの仕様を確認して、射撃ボタンとリコイルの指を考えましょう。

リコイルの指の仕様

  • 射撃ボタンのみ押している:射撃ボタンを押している指でリコイル
  • 射撃ボタンと視点移動を同時にしている:視点移動の指でリコイル

スティックを小さくするとダッシュし易い

スティックを大きく動かすとダッシュになりますが、これがうまく入力できないという声もあります。

この場合はスティックを小さくする事でダッシュ入力がやり易くなります

移動スティックのボタンを選んでスライドバーを動かせばボタンは小さくなります。

3本指であればフローティングもあり

移動中や場所などの関係でスマホを抱えて操作しないといけない事もあるでしょう。その時は左親指と右親指、右人差し指の3本指もありです。

この時は射撃をフローティングにすると、同じ指でエイムから即座に射撃に移れます

通常、射撃ボタンは決めた場所に固定されています。フローティングをオンにすると視点移動で触っている場所が射撃ボタンになります。

おすすめ感度設定

基本の感度設定は低すぎると振り返り速度などが落ち、接近戦に対応できなくなってしまいます。一方で高くしすぎるとエイムが安定しなかったり、下手をすると画面用に繋がってしまいます。

一度200%にしてみてから、自分の扱いやすい感度に調整して見るのが良いでしょう。

連動感度調整をオンにしているとエイム時と非エイム時の感度が同じになります。別々に設定したい方はオフにして別個に調整しましょう。

スコープ時の感度については元のままでも戦えると思いますが、戦っている時に違和感を覚えたら順次調整していくのが良いでしょう。

操作インターフェース2がおすすめ

モバエペには操作インターフェース1と操作インターフェース2が存在します。

操作インターフェース1が左で回復やグレの切り替えのために、ボックスを開いてタップする必要があります。

右が操作インターフェース2で、長押しでPC版の様な回復・グレの選択画面になり、指を離すだけで使う事ができます。

武器の切り替えも操作インターフェース2の方がシンプルで、戦闘時の素早い対応を行い易くなっています

その他有利な設定

「感度加速モード」には「固定感度」と「ACC加速」の2種類があります。固定加速は振りむき時の振り向き幅が固定で、ACC加速は速く振り向けば振り向くほど振り向き幅が大きくなります。

ACC加速の方がすぐに振り向けるメリットがありますが、振り向き幅が安定しないデメリットもあります。両方試してしっくりくる方を選んでみて下さい。

スコープにジャイロを付ける事が可能です。Switch版でジャイロに慣れている方は試してみるのもいいでしょう。

水平・垂直の操作を反転する事ができます。他のゲームでいつも反転させていると言う方はこちらの設定を変更してみて下さい。

グラフィックを鮮明にすると敵を見付け易くなります。スマホのスペックと相談しながら設定を変更してみて下さい。

回復アイテムの自動連続がオンになっていると、体力やシールドが満タンになるまで自動で巻き続けてしまいます。無駄回復をしないように切っておく事をオススメします。

ApexモバイルでBluetoothのコントローラーの使い方と詳細を徹底解説

「Apex Legends」のモバイル版が日本からもiOS・Androidでダウンロードできるようになりました。 従来の家庭用プラットフォームのApex同様、コントローラーを活用できます。Blueto ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.