解説、アプリの使い方

SNSデイズ

TFTランクは延期。7月1日アプデの詳細やSティア構成・アイテムなど徹底解説

投稿日:

7月10日に実装と言われていたTFTランクですが、7月17日に1週間延期となりました

また7月1日に行われた小規模なアップデートで、リロール時のチャンピオン排出率が変更され、ティア2、ティア3の星3を作りやすくなっています。

以下でランク実装やアプデの詳細、現パッチでの強い構成、アイテムなど徹底解説します。


TFTのランク実装が7月17日に

2019年7月10日に実装予定だったTFTランクですが、実装が1週間遅れて7月17日になることがわかりました

現在テスト中のパッチ9.14と同時に、ライブサーバーに登場する予定です。

TFTでは試合終了時に1位〜4位に入っていれば、MMR(マッチメイキングレート)のポイントが増加します

4位以内に入ることができれば勝利となり、内部レートが上がっていくとはいえ、ノーマルの試合では1位にならないと素直に喜べないかもしれません。

ランクのように目に見えるポイントがもらえた方がモチベーションも上がりますよね。


League of Legends

PBEでもしっかりとMMRは記録されていました。ランキング1位は有名ストリーマーのitshafuだったようです

ランクが出るまで残り2週間ほどありますが、しっかりメタを把握して安定して4位以内に入れるようになっておきたいですね。

TFTでトークンを獲得可能に

現在開催中のアーケードイベントですが、7月1日のアプデよりTFTでもトークンを獲得可能になりました

トークンの獲得条件と報酬量は以下の通りです。

  • 1位〜4位:6トークン
  • 5位〜8位:3トークン

上記のトークンは、試合参加時間が10分以上ないともらえないので注意してください。

ただトークン集めとしてはあまり効率が良くないので、今TFTにハマっていて、サモリフやARAMをやっていないプレイヤー向けの救済措置といった印象です

「本日の初勝利ミッション」では、TFTで勝利(1位〜4位)してもミッションクリアになりませんが、「3試合をプレイ」の条件にはTFTも含まれます。

またTFTをプレイしても、マイルストーンミッションには含まれません。

TFTアプデ(7月1日)詳細

パッチ9.13の7月1日のアップデートの詳細について解説します。

レベルごとのチャンピオン排出率が変更

TFTにおいて、試合中のレベルで、リロールした時のチャンピオン排出率が異なるのはご存知の通りです。

今回のアプデでは、レベル毎のドロップ率に変更が入り、ティア2とティア3のチャンピオンが出やすくなった代わりに、ティア1のチャンピオンの排出率が減少しています

レベル2以降でのドロップ率も上がったことで、さらにパイクやルルといったチャンピオンが活躍しそうです。

今回のアプデで、序盤にティア1の星3を作る流行りの作戦は、若干使いにくくなってしまいました。

序盤こちらがリロールを使わずゴールドを貯めていると、相手に星3がくると絶対勝てませんでしたからね。

レベル4で全力でリロールするにしろ、これからはティア2、ティア3のチャンピオンの引きによって、構成を考えていくことになりそうです

チャンピオンのバフ(強化)

7月1日のアプデでは以下のチャンピオンがバフされています

ティア2、ティア3ユニット

  • エリス
    マナコスト:100 → 75
  • ケネン
    AD:60 → 70
    AS:0.6 → 0.65
  • ポッピー
    体力:750 → 800
    マナコスト:100 → 75
  • ヴァルス
    マナコスト:100 → 75
  • ヴェイガー
    マナコスト:100 → 85
    ダメージ:300-600 → 300-700
  • ボリベア
    AS:0.5 → 0.55

ティア5ユニット

  • ミス・フォーチュン
    マナコスト:100 → 75
  • カーサス
    マナコスト:100 → 85

種族デーモンの強化

種族デーモンの固有スキル「攻撃毎に一定確率で相手のマナを焼き尽くし、同量のトゥルーダメージを与える」の発動確率が強化されました。

  • デーモン効果
    発生確率:30/50/70% → 40/60/80%

強化されたとはいえ、相対的にはまだ他の種族が強いため、デーモンの出番は少ないです。

TFT 7月1日アプデで強い構成

7月1日のアプデ後も、依然としてワイルド・シェイプシフター・ドラゴンは安定の強さです

以下で詳しく解説していきます。

ワイルド・シェイプシフター・ドラゴン

  • ワーウィック/ニダリー/アーリ/ナー:ワイルド4
  • シヴァーナ(ニダリー/ナー):シェイプシフター3
  • オレリオンソル(シヴァーナ):ドラゴン2
  • ルル(アーリ/オレリオンソル):ソーサラー3

ワイルド・シェイプシフター・ドラゴン構成は、序盤からワイルド2で作りやすく隙がありません。

ソーサラー枠についてですが、ショウジンの矛を装備したルルの複数ノックアップが強いので、ルルを推しています

この構成を目指していると、序盤からカサディンがデッキにいることも多いので、星3間近であればそのまま使うことも。

8体目にはチョガスを入れましょう。ブロウラーでワーウィックとのシナジーも発生します。

ダメージディーラーのオレソルがアサシンにやられてしまうと辛いので、必要に応じてファントムダンサー(リカーブボウ+チェインベスト)を装備させると良いです。

TFT 7月1日アプデで強いアイテム


TFTACTICS.GG

7月1日のアプデ以降、Sティアに入ってきたアイテムについて解説します。

ドラゴンズクロウ

上記のワイルド・シェイプシフター構成は、他のプレイヤーの使用率も高いので、マジックダメージを83%カットするドラゴンズクロウは対策アイテムとして有用です

素材もネガトロンクローク2個と、他の強アイテムとも被らず、作りやすくなっています。

ショウジンの矛

ショウジンの矛を装備したチャンピオンは、アビリティを使った後、どんどんマナが回復していきます。

もし2つ装備したらさらに連続でキャストできるようになるので、CC持ちのルルやパイク、強力なアビリティを持つオレソルと非常に相性が良いです

ファントムダンサー

アサシン・ニンジャ構成の相手が手強ければ、クリティカルを無効化するファントムダンサーを積みましょう

ASアイテムですが、通常攻撃でマナが溜まっていくので、後衛のソーサラーに装備させるようにしてください。

TFTに新チャンピオンが追加!?

RiotのTFTデザイナー、Wittrock氏のツイートによると、51体目のチャンピオンがTFTに登場するようです

この絵は怪盗ツイステッド・フェイトのスプラッシュアートのようなので、次にTFTにくるのはTFと予想されます。

 

-ゲーム

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.