タイムツリーの詳細、安全性・危険性を含めて徹底解説

CMで放映中のカレンダーアプリ「タイムツリー」の紹介です。

一度はテレビやネットで見たことがあると思いますが、この「タイムツリー」はどのようなカレンダーアプリなのかをご紹介します。
無料で使える?会員登録はする?安全性や危険性を含めて解説していきます。


「タイムツリー」はカレンダー共有できるアプリ

「タイムツリー」は無料使えるカレンダーアプリになります。

ポイント

家族や友人、ビジネスなど幅広いシーンで利用できる共有機能が特徴のカレンダーアプリ

特徴としては、「共有機能」に特化したのがタイムツリーになります。

もちろんひとりでも利用することができますし、料金を支払うことなくすべての機能を無料で利用できます。
今後は、このタイムツリーが様々な場所で利用されるのではないかと期待されています。

TimeTree [タイムツリー]
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

広告表示が無くて快適

また、嬉しいポイントとしてカレンダーやイベントスケジュール内に広告表示がありません。

バナータイプやCMタイプのものがありますが、タイムツリーではサービスに関係のない広告が一切見かけることはありません。

誤って広告をタップしてしまい、ページが切り替わってしまうといった煩わしさから解放されるため、多くのユーザーから指示されている秘訣でしょう。

広告が無いため、すっきりとしたUIでシンプルなカレンダー。
予定を追加して埋めていくのが楽しくなるでしょう。

会員登録が必須ではない

初めてタイムツリーを利用する際には、面倒な会員登録を行うことなく利用することができます。

アプリをダウンロードして約30秒ほどで予定の作成やシェアされたカレンダーのチェックができるため、初めての方でも非常に使いやすく、スムーズに利用をスタートできると評判です。

もちろん会員登録も無料で行えるほか、登録をするといくつかのメリットがあります。

会員登録をすると

  • 別端末(複数の端末)でカレンダーを同期したい場合。
  • カレンダーのバックアップ。

アカウントを作成することで、カレンダーのデータがバックアップされます。
万が一デバイスが故障してしまったり、紛失してしまっても安心です。

アカウント作成に住所や名前、電話番号を必要としません。

作成には

  • メールアドレス
  • 任意のパスワード

登録時はこの2つを入力するだけです。

プリインストールしているカレンダーアプリと同期できる

デバイスにプリインストールされているカレンダーアプリをタイムツリーに同期することができます。

同期の必要が無ければ、この手順を省略して初めから予定をタイムツリーに追加していく方法も可能です。

家族や友だちと予定を合わせやすくなる

タイムツリーでは、共有機能に特化したカレンダーアプリです。

家族間での共有

  • 外食は23日18時に〇〇レストランで集合。
  • 12日は夕食要らない。
  • 月・水・金曜日は部活で帰宅が遅い。

家族間でメッセージアプリなどを利用してスケジュールを共有していた・家族のスケジュール把握しにくかったことがタイムツリーで解決します。

家族それぞれがタイムツリーに予定を入力していくことで、全員の生活パターンを簡単に把握できます。

友だちやビジネス面でも活躍が間違いなし。
使い方はとても幅広いです。

用途に合わせてカレンダーを切り替えることができる

自分専用のカレンダーと簡単に切り替えることができるため、どうしても他人に知られたくないイベントは共有せずに済みます。

プライベート用、仕事用、家族用とカレンダーを簡単に切り替えることができます。

切り替え方法はそれぞれのカレンダーをワンタップするだけ。
スケジュール帳を何冊も持ち歩いている方にオススメしたい機能です。

「タイムツリー」の機能

タイムツリーの基本機能から便利な機能までをご紹介します。

カレンダーとしての機能

シンプルなカレンダーとして使うことができます。
画面は見慣れたタイプで、日付をタップすることでイベントの作成ができます。(「+」ボタンでも作成可能)

入力画面も分かりやすくなっているため、初めて利用する方でも直感的にイベントを作成しやすいです。

イベント作成画面の項目

  • イベント名
  • 終日もしくは時間帯
  • イベント開始前の通知設定
  • 共有相手の選択
  • カラー
  • 位置情報の追加、メモ、URL設置などの備考欄

これまで「スケジュール帳」を中心に利用していた方でも、イベントを入力していくのが簡単ですぐに馴染めるでしょう。
万が一スケジュール帳を落としても、タイムツリーさえあれば安心です。

施設名などを入力するだけで位置情報を追加できる

イベント作成画面では、マップを追加することもできます。

これまでブラウザアプリ、マップアプリで事前に調べたりする必要がありましたが、

ポイント

  • 住所
  • 地名
  • 施設名

いずれかの検索方法でスポットを追加することができます。

地図をタップすると、マップアプリに切り替わります。
この際に経路も検索できるため、場所検索も非常に容易になります。

予定内でチャットが使える

作成したイベント内で、コメント機能があります。

このコメント機能を利用し、共有相手とチャットをすることができます。
もちろんひとりでもコメントができるため、メモとして活用することも可能です。

予定が未定の場合は「キープ」でメモする

まだ日時が決まっておらず、スケジュールに組むことができない場合は、「キープ」機能を利用しましょう。

付箋のように作成することができ、後日決定しましたらキープしたイベントを「オフ」にしてカレンダーに入力することができます。
未確定なイベントでも忘れずにカレンダーに入れることができるのが特徴です。

シェア方法が簡単

カレンダーのシェア方法は簡単です。

招待方法

  • LINE
  • Twitter
  • メール
  • 招待用リンク

以上の方法でカレンダーを共有することができます。

共有先の相手は、予めタイムツリーアプリをダウンロードしておきます。
招待されたリンクにアクセスすると、共有されたカレンダーが反映されるようになります。

あとは一緒にイベントの作成などをしましょう。

タイムラインのようにシェアできる

共有したカレンダー内では、「フィード」にてイベントの追加履歴などを見ることができます。

それぞれのイベント、アクションには「いいね」や「コメント」機能があるため、SNSのタイムラインのように自分、共有相手のアクティビティをチェックすることができます。

安全性・危険性

「タイムツリー」の安全性を見ていきましょう。利用で危険性がある使い方などを含めてご紹介します。

盗み見られることはない

作成したカレンダーを他人に勝手に見られてしまうといったことは発生しません。

他人が見る機会があるとすれば、カレンダーを共有した時です。
カレンダーを共有しない限り、外部に漏れることはありません。

アカウントの作成によってカレンダーのデータをバックアップすることもできます。
運営会社では厳重なセキュリティに守られているため、安心してサービスを利用できるでしょう。

共有先を間違えると盗み見られてしまう可能性がある

唯一のカレンダーが他人に見られてしまう機会として、カレンダーの共有です。

見ず知らずのユーザーや知られたくない人間に誤ってカレンダーを送信してしまうと、カレンダーを見られてしまう可能性があります。

カレンダー共有には、招待用リンクを作成してシェアする形態もありますが、そのリンクをSNSなどに載せて投稿してしまうと、不特定多数のSNSユーザーに見られる可能性があります。

また、顔を知らない相手にカレンダーを共有し、自分の動向を追跡されてしまう可能性があります。
カレンダーを共有する際は、信頼関係がある方に限定して使うのが良さそうです。

間違った使い方をしない限り、タイムツリーは安心して利用できるでしょう。

タイムツリーで追加した予定が消えた・反映されない場合や共有できない詳細と対処法を徹底解説

 

-ダウンロードアプリ

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.