解説、アプリの使い方

SNSデイズ

グノシーのクーポンはスクショでも使える!?詳細と使い方を徹底解説

投稿日:

情報キュレーションアプリの「グノシー」

グノシーはエンタメからニュースまで、様々なトレンドを扱う情報を配信してくれるアプリですが、日常生活で使えるお得なクーポンまで配信をしています。

このクーポンをスクショして利用することができるのか気になるユーザーもいると思います。
今回は、グノシーのクーポンをスクショして利用することが可能かについて着目し、ご紹介します。


移動時間などの暇つぶしに嬉しい“グノシー”

クーポンは使ってますか?

通勤・通学などの合間など、暇つぶしに最適なアプリのグノシー。

今世間で流行しているトレンドを把握したり、エンタメのニュースなどを好きな時にサクッとチェックできるのがウリです。

グノシーには情報記事に加えて「クーポン」も配信しています。

キャンペーンでコンビニや飲食店で商品を無料で手にする・受けることもできるチャンスがあるほか、普段の利用では割引で商品の購入やサービスを受けることができます。

  • クーポン利用制限時間を超えた利用はできるのか
  • グノシーのクーポンをスクリーンショットして保存し、何度も使用することができるのか
  • スクショをしてクーポンを他人にシェアすることができるのか

クーポンをこのような使い方できるのか気になるユーザーもいるかと思います。

実際に使用できるのかなどを次の項目から解説していきます。

クーポンはスクショでも使うことはできる?

クーポンの種類について

まずクーポンには2種類あります。

クーポンの種類

  • コード式
  • 提示式

まず「コード式」は、スマホの画面にバーコードを表示し、提示した際にレジのバーコードリーダーで読み取ることでクーポンが有効化され、商品の引換やサービスを受けることができます。

続いて「提示式」は、スマホの画面に表示されたクーポンを店員やスタッフに提示することで割引やサービスを受けることができます。

これらのクーポンシステムなどは、グノシーと提携している企業のシステムなどによって方式が異なるため、サービスを受ける場所によってクーポンの使用方法などが異なります。

現在開催中のローソンコラボのクーポンは、取得をするとバーコードが記載されたクーポンを取得することができます。

そして他サービスのクーポンではバーコードが記載されていない提示タイプで、店員やスタッフに提示することで記載されている優待内容のサービスを受けることができます。

コード式クーポンの「10分以内」は厳しい。そんな時は

バーコードのアプリでは以下の制約があります。

注意ポイント

アプリ内該当ページの、「このクーポンを利用する」ボタンをクリックしてから10分間、店舗で使用可能なバーコードが表示されます。

このような制約が表記されています。

文面から読み取ると、10分以内に利用しなければならないのかと思います。

ローソンキャンペーンの場合は、対象商品を確保してからレジで提示をして無料で商品を獲得することができます。
しかし、万が一対象商品が売り切れていた場合は、10分以内に商品の取得ができずクーポンが失効してしまう恐れがあります。(誤って「使用する」を押してしまった場合も同じですよね。)

このリスクを回避するためには、10分間の利用成約は厳しいものかと思います。

結論から言うと

ポイント

クーポンのコードページをスクショすれば、有効期限以内であれば利用ができる。 

ということになっています。

「このクーポンを利用する」を押して、表示されたページをスクショして保存してしまえば利用することができます。

では「10分間」の制限時間は何のためにあるのでしょうか。

この「10分間」の制限時間は、リンクの有効時間

になっているようです。利用開始ボタンを押すと、その10分間だけアクセスができるということです。

つまり、バーコード自体にコード番号ならびにコードパターン更新などの変化は起きないため、利用ができるということになっています。

SNSシェアやトークアプリでの送信は?何度も使用できる?

それでは、クーポンをSNSにシェアをして第三者が利用することができるのかという点です。

グノシーに掲載されているクーポンをスクショで保存し、SNSに投稿して拡散させること。

トークアプリなどを通じて家族、友人にシェアするという利用が想定されます。

どちらの方法でも利用することができる場合もあれば、できない場合もあります。

コード式で未使用の物であれば誰でも利用することができます。ただし、何度も利用することはできません。

注意ポイント

一度使用したクーポンは失効します。

ただし、提示式の物であれば何度も使用することができかもしれません。ただし、この場合は店員やスタッフの裁量によって左右されるほか、利用規約に抵触してしまう恐れがあります。

提示式のクーポンは、店員やスタッフの確認方法によって使用ができない場合があります。

店舗の運営体制によって異なりますが、提示した時にスマホの時刻を確認し、使用時点での時刻と照らし合わせていることもあり、時間がズレていた場合は使用を断られることもあります。

よって、アプリをダウンロードし、正しくクーポンを表示させる必要があります。

アプリはしっかりダウンロードしよう

知用規約に抵触するかも

スクショやシェアを用いてのクーポン拡散は、利用規約に抵触している可能性があります。

規約にはスクショをしたクーポンについて言及はされていませんが、項目を簡単に要約してまとめると

利用規約の要約

  • 使用目的の範囲内で正しく利用する
  • 提供されているものを改ざんする行為を禁止
  • グノシー側が不適切だと判断する行為を禁止

クーポンの利用は「グノシー」のクーポンをダウンロードし、正しい手順で取得して利用することが求められます。

Twitterで認証アカウントによる詐欺が横行!詳細と対処法を徹底解説

 

-ダウンロードアプリ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.