新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」はBluetoothをオンにしないと意味がないのか?詳細を徹底解説

今回は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」はBluetoothをオンにしないと意味がないのかということを徹底解説していきます。


「COCOA」はBluetoothをオンにしないと意味がないのか?

COCOAは新型コロナウイルスに感染した人と、接触した可能性について通知を受け取れるアプリです。
基本的な使い方や、ダウンロード出来ない場合の対処法などは下記記事で紹介しています。

厚生労働省の新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」の使い方を徹底解説

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」がダウンロードできない!Androidは?詳細と対処法を徹底解説!

Bluetoothをオンにしないと意味がない

COCOAはBluetoothを利用して、接触情報を知ることができます。
Bluetoothがオフにしていると接触情報を知ることはできません。

コントロールセンターよりBluetoothをオンにしておきましょう。

注意ポイント

Bluetoothをオンにしていなくても「陽性者との接触を確認する」をタップすると、情報が出ます。

ただこの情報は正しいものではありませんので、Bluetoothをオンにして利用するようにしましょう。

Androidは位置情報をオンにする必要もある

Androidの場合はCOCOAを正常に使うためには、Bluetoothをオンにするだけではなく、位置情報もオンにしなければなりません。
位置情報取得という技術を使用するためには、Bluetoothをオンにするだけでは正常な動作とはなりません。

COCOAを正しく利用するためにも、位置情報をオンにし、Bluetoothをオンにしておきましょう。

位置情報の収集はしていない

Androidの場合は位置情報をオンにすることは必須ですが、位置情報を収集しているわけではありません。
もちろんiPhoneの場合も位置情報を収集しているわけではありません。

あくまでBluetoothをオンにするための操作となります。

個人情報の漏洩などはないのか?

COCOAは登録の際に、個人情報などの入力は行いません。
感染者と接触したことはわかりますが「接触符号〇〇〇〇」といった数値で表示されます。

コロナウイルスに感染したとしても、個人情報までが開示されることはないといえるでしょう。

バッテリーの消費は早くなるのか?

Bluetoothをオンにしておくと、僅かですがバッテリーの消費は早くなります。
そう感じないこともあるかもしれませんが、機能を一つオンにしたままにはなるのでバッテリーを消費してしまいます。

Bluetooth Low Energyの対応OS

  • Android OS 4.3以降
  • iOS 5以降

ただ「Bluetooth Low Energy」の対応機種であれば、消費電力をかなり抑えることが可能です。
「Bluetooth Low Energy」は通常のBluetoothよりも大幅に消費電力を抑えてBluetoothを使用することができます。

さらにバッテリーの消費を減らしたい場合は、外に出るときだけBluetoothをオンにするのがおすすめです。

厚生労働省の新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」の使い方を徹底解説

 

-ダウンロードアプリ
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.