Android12でアプデ後にバッテリー残量が0%のまま更新されない不具合の対処法

Android12にアプデ後にバッテリー残量が更新されない不具合が発生しています。

今回はAndroid12にアプデ後にバッテリー残量が更新されない不具合の詳細や対処法を徹底解説していきます。




Android12でバッテリー残量が更新されない不具合

Android12の適用範囲が拡大し、アプデを行う方が増えてきました。

ただAndroid12にアプデした後に、バッテリー残量が更新されない不具合が多発しています。

通常画面の右上にはバッテリー残量がアイコンで表示され、リアルタイムで反映されます。

しかしAndroid12の不具合が起きてしまうと、多くの場合はバッテリーが残っているにも拘らず、ずっと0%で表示されてしまいます。

当然バッテリー残量を確認できないため、不満の声が挙がっています。

他にもずっと80%程度で表示され続け、突然電池が切れて0%になるような症状も見られます。

バッテリー残量が更新されない不具合の対処法

下記ではAndroid12のバッテリー残量が更新されない不具合の対処法を紹介していきます。

今後のアプデで修正される可能性が高い

Android12は機種によっては先行で実装され、徐々に適用が拡大しています。

実はバッテリーが0%のまま更新されない不具合は先行で公開された時にも存在し、アプデによる強制再起動の後に修正されました

同じ様に他の機種でも不具合が修正されると見られるので、根本的には公式のアプデを待つ形になります。

バッテリーを一度使い切る

バッテリーを一度使い切って0%にし、充電し直す事で不具合が改善する事もあります

また100%までしっかりと十分に充電する事で、表示が戻ることあるので試してみて下さい。

ただしデバイスによっては充電を一度使い切ると二度と充電できない不具合が発生している事が有ります。

自身で使っている端末でそう言った注意喚起が出ていないか、対処前に一度確認してみて下さい。

バッテリーアプリで確認する

右上のバッテリー表示が0%のままだと残量確認が出来ないので、設定まで確認しに行かなければなりません。

その確認が手間と感じる場合は、バッテリーアプリを導入する事をオススメします。

多くのアプリは開いた時にバッテリー残量を表示するので、設定に確認しに行くよりは操作量が抑えられます

バッテリーセーバーのON・OFFを切り替える

バッテリーセーバーのONとOFFを切り替える事で、不具合が改善する事もあります。

バッテリーセーバーの使い方は機種によって違ってきます。

主なバッテリーセーバーの使い方

  1. 設定から「電池」をタップ
  2. 一覧から「バッテリーセーバー」を選択
  3. 「今すぐONにする」をタップ

充電器・モバイルバッテリーを挿す

多くの機種は充電を行った時に電池残量が画面に表示されます。

限定的な方法ですが充電器やモバイルバッテリーを抜き挿しする事で、手早く充電残量を確認する事も出来ます

ただ充電口が痛む恐れがあるので、鞄の中で常にモバイルバッテリーを挿しっぱなしにしておく事はオススメできません。

スマートウォッチを活用する

多くのスマートウォッチにはスマホの状態と連動して画面表示が行われる機能がついています。

そちらであれば正常にバッテリー残量が確認できる場合が多いです。

元々導入を考えていた方やスマートウォッチを持っているけど使っていなかった方は、利用を検討してみるのもいいでしょう。

ただしバッテリー残量が更新されない不具合自体は、いずれ解消されると見られます。

この不具合の対処のためだけに、スマートウォッチを購入する事はオススメしません。

Android12でロック画面の時計が大きくなってしまう場合の対処法を徹底解説

Android12にアプデした方から「時計が大きくなった」との声が多く見られます。 今回はAndroid12にアプデ後に時計がでかくなる症状の詳細や対処法を徹底解説していきます。 コンテンツ1 And ...

続きを見る

 

-Android
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.