Amazonでマスクを買ったのに届かない!マスク詐欺が横行!怪しいお店の見分け方や対処法を徹底解説

コロナウイルスの影響により、マスク不足が続いています。そんなマスク不足の状況を利用し、Amazonでマスクを購入したが届かないといった詐欺行為が横行しています。

マスク詐欺にひっかからないためには、怪しいお店を見分けなければなりません。

それでは、Amazonでマスクを買ったのに届かない詳細や怪しいお店の見分け方、騙された後に対処法を紹介していきます。


Amazonでマスクを買ったのに届かない

発送済みから進まない

Amazonでは商品を購入すると、注文済み→発送済み→配達中→本日到着予定と商品の流れを確認できます。

ただ、マスク詐欺を行っている出品者より、マスクを購入すると発送済みという表示のまま進むことがありません。
もちろん、配達中になることもなく、最初に予定されていた到着予定日にもマスクは届きません。

そして、中国などで購入した場合は追跡番号もわかりません。
本当にマスクが発送済みであるのかさえも、確認が出来ない状態です。

荷物が遅延していると表示される

マスクの配達状況を確認できる場合でも、マスクが届かないことがあります。

到着予定日を過ぎた場合には「お荷物が遅延しています」という配送状況が表示されます。
この情報は、本当に遅延している場合もありますし、発送さえできていない可能性さえあります。

注意ポイント

国内の会社から購入し、マスクが届かない時はこの表示になることが多いです。

マスクの生産が追いついていないことで、発送分を準備できていないため「遅延している」という内容が表示されます。

頼んでいたマスクが別の商品に変わっている

マスクが中々届かないと、もう一度商品を確認してみると、商品が変わっていることもあります。
同じマスクではあるものの、色やサイズ、使われている素材などが変わっています。

また、値上がりをしていることもあり、明らかに怪しい販売者から購入したことがわかります。
購入後である場合は、追加で支払いをする必要などはありませんが、コードなどが変わっていないのに、商品が変わるのは怪しいです。

返金申請や連絡が取れない会社もある

マスクが届かないことを不審に思い、返金申請をしたいと考えても連絡が取れない会社もあります。
配送状況やマスクの在庫を確認したいだけの場合でも、連絡が取れないこともあります。

Amazonでは返金申請の際に、販売者の承認が必要になっており、返信がないと返金が遅れてしまいます。
返金してもらえないということではありませんが、通常より時間がかかり、不安に感じる人も多いです。

中国の商品は輸出規制の可能性あり

マスクを中国から購入している場合は「輸出規制」によりマスクが届けられない可能性もあります。

これは詐欺をしているのではなく、中国側が日本へのマスクの供給を停止しているためです。
出品者が詐欺をしているわけではないので、しっかりと対応してくれる出品者の場合は、連絡が返ってきます。

中国政府はマスクの輸出規制を否定していますが、ANNnewsによると受け取るはずであったマスクが、中国から届かないという状況です。
政府は否定していますが、なにかしらの圧力などをかけて、日本への輸出をストップしている可能性は否めません。

怪しいお店の見分け方

青いマスクに要注意

Amazonで出品されているマスクで、一番詐欺報告が多いのは、画像の青いマスクです。
このマスクを販売している会社が全てマスク詐欺をしているというわけではありませんが、注意する必要があります。

ただ、この青いマスク以外にも、実際に届かないマスクは多くあります。
基本的にAmazonでマスクを購入する場合は、詐欺かもしれないと疑いを持ったほうがいいかもしれません。

中国の会社は予定通りに届く確率は低い

マスクを販売している会社がどこの国であるかでも、怪しい会社か判断できます。

全ての会社がというわけではありませんが、中国の会社でマスクを購入しても届かない可能性は高いです。
輸出規制がかかっている可能性もありますし、出品者の元にマスクがないのかもしれません。

出品者の住んでいる国が中国で登録されている場合は、在庫があるという表示があったとしても、よく調べてから購入することをおすすめします。

マーケットプレイスの商品は気をつける

Amazon出品サービス

マーケットプレイスは、Amazonが販売するのではなく、ユーザーが月額料金を払い、Amazonを通して出品を行うシステムです。

販売元がAmazonではなく、一般ユーザーなので、詐欺が行われやすくなっています。
マーケットプレイスでは、Amazonですでに出品している商品であれば、在庫数・価格等を設定するだけで自動で出品もできてしまいます。

最悪、手元に商品がない状態でも情報さえ入手しておけば、出品できてしまいます。
Amazonや大手メーカーが販売しているわけではないので、マーケットプレイスでマスクの購入する際には、注意が必要です。

レビュー欄を確認する

Amazonでは、商品ごとにカスタマーレビューが記載されています。
購入者が出品者の情報や対応などをレビューとして、コメント付きで評価できるというシステムです。

一番いい評価は★5となっており、高評価を受けている出品者であれば、マーケットプレイスなどで合っても騙される可能性は低いです。

ただ、★1、2が多かったり、コメントで詐欺だという報告や、対応が悪いなどのコメントがある場合もあります。
しっかりとマスクを購入できる可能性は低いといえるでしょう。

販売している会社や出品者について調べる

Amazonでは、商品ページに販売元や出品者の情報が記載されています。
「今すぐ買う・カートに入れる」の下に表示があるのが、販売元になります。

クリックやタップを行い、会社の情報を確認すれば、その会社がマスク詐欺などをする会社なのか調べることができます。

怪しい会社の場合は、住所が正しく記載されていなかったり、電話番号がないこともあります。
また、日本語がおかしく表示されている場合は、それだけ管理が甘い会社ということにもなります。

新規で登録されたばかりの会社も、警戒した方が良いかも知れません。

マスクを購入する際には、販売している会社や出品者の情報をしっかり調べてみましょう。

ポイント

表示がない場合は、Amazonが販売しているサイトになるので、心配はいりません。

届かない時の対処法

追跡番号がある場合は調査する

日本郵政

マスクが届かない時に、まず行う事は追跡番号による調査です。

追跡番号は入力することで、商品がどこにあるのかわかるシステムです。
郵便局はもちろん、ヤマト運輸や佐川急便などの宅配会社にも、追跡番号を使うシステムがあります。

商品を購入し、発送されたと同時に追跡番号はメールでお知らせされます。

またAmazon内でも、発送状況を確認することはできます。
トップページより左上にある「三」をタップしてください。

「注文履歴」をタップします。

自身が購入した商品をタップしてください。

現在の商品の状況が表示されます。
未だ届いていないのに、配達済みになっている場合は、Amazonへ問い合わせを行いましょう。

注意ポイント

Amazonから配達状況を確認することはできますが、少し遅れて反映されます。

最新の情報を知りたい場合は、追跡番号からの問い合わせがおすすめです。

販売元に問い合わせをする

マスクがいつまでも届かない場合は、販売元に問い合わせをしてください。
トップページより左上にある「三」をタップしてください。

「注文履歴」をタップします。

自身が購入した商品をタップしてください。

「今すぐ買う・カートに入れる」の下にある販売元をタップします。

「質問する」をタップしてください。

マスクが届かないといった内容を入力し、問い合わせをしてください。
また、返金申請に関しても、上記の手順で行えます。

商品が到着していないのに、支払いが完了しているなどと内容を入力し、販売元に問い合わせしてみましょう。

Amazonに問い合わせをする

販売元に問い合わせても、連絡が一向に来ない時は、Amazonに問い合わせを行いましょう。
Amazonへの問い合わせはトップページより左上にある「三」より行えます。

「カスタマーサービス」をタップしてください。

「カスタマーサービスに連絡」をタップします。

チャット・電話などでAmazonに問い合わせすることができます。
任意の方法でAmazonに問い合わせを行い、マスクが届かないなどの情報を伝えてみましょう。

Amazon注文していないのに「ご注文の確認」スパム詳細と対処法を徹底解説

 

-Amazon
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.