解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Amazonから「あなたのアカウントは停止されました」メールが届いた!詐欺メールの見分け方と対策方法を徹底解説

投稿日:

Amazonから突然「アカウントを停止」措置のメールが届くことがあります。7月からは特にこのメールが届きやすいと言われています。

今回ご紹介するのは、Amazonを名乗るフィッシングメールについて。心当たりがあればご注意ください。
被害を未然に防ぐ対策方法などを徹底解説します。


Amazonから「あなたのアカウントは停止されました」メールを受信した

突然Amazonから「あなたのアカウントは停止されました」という旨のメールが届きます。
内容は第三者のアクセスによる停止措置だと書かれていますが、ほとんどの方は「他にログインしている端末が多すぎたのが原因?」「それとも本当に不正ログインを試みたのか?」と思うでしょう。

さらに本文には、24時間前に情報更新を促し、それに従わなければアカウントを永久に停止するという旨が書かれています。
確かに、アカウントが永久にロックされてしまうと。Amazonギフト券の残高がある場合は焦ってしまうでしょう。

本文下には「確認用アカウント」というボタンが設置され、ご自身のAmazonアカウントの情報を入力して更新をするものと思われます。

しかし、Amazonにログインすると問題なくログインができ、停止されている様子ではありません。

これは一体どういうことでしょうか。

フィッシングメールです。リンクは絶対に踏まないように!

結論から申し上げると、フィッシングメール(詐欺メール)です。

本文に掲載されているリンクは、偽のサイトになります。
万が一その偽サイトでご自身のアカウント情報を入力してしまうと、そのアカウントは盗まれてしまいます。

盗まれてしまうと、不正利用がされてしまいます。特にクレジットカードを登録している場合は被害は甚大なものになってしまうでしょう。

また、Amazonでは

不正アクセス時の対応

Amazon本部が不正アカウントを感知した場合、勝手にアカウントを永久にロックすることは絶対にあり得ません。

感知した際には、Amazon本部からアカウント所有者に「アカウントを停止しますか?」と必ず尋ねます。了承を得た場合にのみ停止措置をする方針です。

よって、Amazonが勝手にアカウントをロックすることはないため、このメールはフィッシングメールになります。

もし届いたとしても絶対に無視してください。
万が一リンクにアクセスした場合は、そのサイト内でアカウント情報を入力することは絶対に避けましょう。

本物に似せた巧妙な手口

ご覧のように、本物のロゴ、色調など本物そっくりです。
一見するとAmazon公式から届いたメッセージだと錯覚してしまうでしょう。

年々フィッシングメールなどは巧妙化しています。
Amazonに限らず、他のサービスでも似たようなメッセージがあれば焦らずに「これは本物なのか?」と疑う意識が大切です。

「自分は絶対に引っ掛からない自信がある」は相手の思うツボです。
検索エンジン等でメッセージの内容を検索してみたり、運営側に確認を取るといったワンクッションを入れるだけで被害を防ぐことができます。

Amazonの「メッセージセンター」を必ず確認しよう

届いたメールが本物かどうかを見分ける方法として、Amazonメッセージセンターを確認することです。

確認方法はアカウントサービスから簡単に行えます。もしくは、下記リンクからアクセスできます。

ログイン後のAmazonトップページから上部のご自身の名前をタップし、アカウントサービスにアクセスします。

アカウントサービス内の各種メニューから【メッセージセンター】「メッセージ」にアクセスします。

Amazon発信のメッセージがすべて表示されます。「アカウント停止」の件名がないため、受信したメッセージが偽物であると判断できます。

もし今後似たような内容を受信した場合、こちらで確認をとると良いでしょう。

被害を未然に防ぐ対策方法

不審なメッセージを無視するのも十分な対処法になります。しかし、今後どのような手口が現れるか分かりません。

よって、アカウント所有者で可能な範囲の対策方法をとっておくと未然に被害を防ぐことができるかもしれません。

対策方法

  • IDの変更
  • 二段階認証の導入
  • クレジットカードの登録枚数を限定する
  • パスワードの定期的変更

この4つで帯対策をしておくと良いでしょう。

特に「二段階認証」は最も有効です。

アカウントロックなどのメッセージは必ず運営に確認を取る

受信した不審メールはメッセージセンターで本物かどうかを見分けましょう。

もし気になることがあれば、「Amazonカスタマーサービス」に問い合わせを行うのも有効です。

サポート方法が電話、チャット、メールがあり、電話もしくはチャットですぐに回答を貰うことができます。

登録中のメールアドレスを変更する

迷惑メールが届く場合は、Amazonで登録しているメールアドレスを変更すると良いでしょう。

アカウントサービス内【アカウント設定】「名前、Eメール、電話番号、パスワードの管理」にアクセスします。

Eメールアドレスの「編集」で変更が行えます。

二段階認証を設定しておく(手順あり)

不正ログインを防ぐために二段階認証を設定するといいでしょう。
理由として、二段階認証はIDとパスワードの他に、アカウント保有者自身の電話番号に送られてくるコードを入力しないとログインができません。

電話番号は世界でたった一つの番号。端末が手元にないとログインができないので、最も有効な対策になります。

設定方法はアカウントサービスから行います。

アカウントサービス内【アカウント設定】「名前、Eメール、電話番号、パスワードの管理」にアクセスします。

「高度なセキュリティ設定」「編集」をタップします。

二段階認証の設定画面が開きます。「設定を開始」をタップして始めましょう。

ステップは3つです。

「二段階認証」設定3ステップ

  1. 第一手段を選択(電話番号または認証アプリ)
  2. バックアップ手段を追加(電話番号または認証アプリ)
  3. 最終確認

まずは第一手段を設定します。「電話番号」もしくは「認証アプリ」とありますが、お好みの方で構いません。

本記事では「電話番号」から設定していきます。
テキストメッセージ(SMS)もしくは音声通話のどちらかで認証を行います。前者で設定します。

電話番号を入力し、「コードを受信する」をタップします。
すると、SMSにコードを受信しますので、表示されている入力フォームに入力します。

続いて、「バックアップ手段」を設定します。万が一第一手段で設定した方法でログインできない場合のバックアップログイン方法です。

こちらでは先ほどと同じく「電話番号」もしくは「認証アプリ」を選択して設定します。
電話番号では先ほど設定したものと異なる電話番号でないと設定できません。他の電話番号をお持ちの方はこちらを選択してSMS方式でログインする形式でも構いません。

「認証アプリ」をバックアップ手段にした場合の設定方法です。

「認証アプリ」を選択すると、二次元バーコード(以下QRコード)英数字のコードが表示されています。

まずは、別途アプリをダウンロードが必要です。

アプリストアで「認証アプリ」と検索します。

検索結果上部に表示される「Google Authenticator」をダウンロードします。

Google Authenticator
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

アプリ起動後、下部の「設定を開始」をタップします。

「バーコードをスキャン」もしくは「手動で入力」で認証を行います。

前者だとカメラロールから読み込んでQRコードを読み取ることができないため、別画面で表示できる場合のみに利用しましょう。
後者はコードを入力するだけで設定が行えます。

アカウントはAmazonのIDを入力し、コードには先ほどの設定画面に表示されているコードをコピーし、フォームに張り付けて入力します。
入力後に右上のチェックマークをタップします。

6ケタの番号が発行されます。この番号を控えましょう。

控えた番号を入力し、「次に進む」をタップします。

「二段階認証を設定」をタップします。

以上で二段階認証が有効になりました。
これによりアカウントのセキュリティが強固なものになったので、対策ができたと言っても良いでしょう。

登録中のクレジットカードが多い場合は、1枚~2枚に設定する

Amazonアカウントに登録しているクレジットカードなどが3枚や5枚。多い場合は1枚~2枚に減らして登録しておくと良いかもしれません。

万が一不正アクセスされたとしても、どのカードが不正利用されているのかが判明しやすいという点。停止措置を行う際にスムーズに行うことができる点です。

自分が管理しやすい枚数で登録すると良いでしょう。

パスワードを定期的に変更する

パスワードは定期的に変更しておくとより安全性が高まります。

目安は半年に1回が理想です。

パスワード変更はアカウントサービスから行えます。

アカウントサービス内【アカウント設定】「名前、Eメール、電話番号、パスワードの管理」にアクセスします。

現在のパスワードの「編集」から変更ができます。

 

-Amazon

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.