イチナナの自分のURLの確認方法と貼り付け方法やシェアなどを徹底解説

今回は、イチナナの自分のURLの確認方法と貼り付け方法を徹底解説していきます。

イチナナにはリンクをペーストする機能やシェアする機能がありますが、これらのURLを確認する方法があります。例えば、URLに関連するエラーが起きているときに自分のURLはどうなっているのか確かめる場合に活用してください。


自分のURLはどこで確認できるのか

2020年3月に入って、イチナナからシェアしたライブ配信等のURLが全て同一のものになって、配信が開かれない等のエラーが発生しています。

エラーそのものを対処するのは運営に任せることになりますが、エラーが発生しているかどうかは自分でURLを確認してみればわかります。

まずは、配信を開始させてみてください。

ライブ配信の編集画面から、赤枠のように「シェア」のアイコンをどれかタップしてください。

今回はTwitterから試してみましたが、シェアする際にツイート投稿画面が開かれます。

赤枠部分にURLと配信タイトルが表示されているので、URLが正しいイチナナの物になっているか確認してください。

URLの前半部分(me/まで)はどのURLも同じですが、後半部分が同一になっていることがあります。自分のURLだけでは確認不可能なので、Twitterで「イチナナのURLがおかしい」と言っている人が投稿しているURL画像から、URLが同じかを確認してください。

イチナナのライブ配信URLの確認方法

上記のURL確認方法の応用ですが、自分でイチナナライブ配信のURLをコピーペーストしてURLを直接確認することもできます。

ライブ配信URLはURLが表示されずに自動でコピーされるのでこのままでは確認できませんが、どこか(SNSやメモ等)に貼り付けることでURLが確認可能です。

ライブ配信URLの貼り付け

イチナナのライブ配信からURLをコピー・貼り付けを行う場合は、まずはライブ配信画面の右下アイコンをタップしてください。

下に様々なメニューのポップアップが開かれます。

このうち、一番右側の「シェア」を選択してください。

シェアの中にクリップアイコンがありますが、これをタップすれば自動でURLがコピーされます。

後は、コピーされたURLをどこかに貼り付ければいいだけです。

SNSへシェア

SNSに投稿したいのであれば、コピーして貼り付ける方法よりも直接シェアを行う方法の方が簡単です。

自分のライブ配信画面から先ほどのシェアアイコンをタップしてください。

赤枠のように「LINE」「Twitter」「Facebook」等様々なSNSでシェアを行うことができますが、ここに入っていないSNS(カカオトーク・ディスコード等)にURLを貼り付けたい場合は、コピーを活用しましょう。

イチナナの投稿URLの確認方法

 

イチナナにはインスタのような画像や録画投稿機能が存在します。

写真や動画をアップロードすることで、自分のリスナーたちにどのような生活をしているか等を伝えるツールで、人気ライバーほど活用している傾向があります。

この投稿に関してもURLが存在し、シェアする場合やコピーして貼り付ける場合に使われます。どのようにして貼り付ける・コピーするかを紹介します。

投稿のURL貼り付け

自分の投稿だけでなく、タイムライン等で他のイチナナユーザーが投稿している場合も、投稿のURLを調べることができます。

まずは、投稿画面からダウンロードアイコンをタップしてください。

アイコンはダウンロードのものですが、これもシェアアイコンとなります。

上記のライブ配信のURL確認・貼り付けに使ったポップアップがそのまま表示されるので、端末にコピーしたい場合は赤枠のクリップアイコンをタップしてください。

自分の端末から投稿URLをペーストすることができるようになっているので、SNSやメモ等メッセージを入力できるツールで確認してみましょう。

イチナナの投稿URLをシェア

イチナナの投稿をSNSに直接シェアすることも可能です。

上記のダウンロードアイコン(シェアアイコン)をタップすると、クリップの隣にSNSのアイコンが表示されています。

ライブ配信シェアと同じく「LINE」「Twitter」「Facebook」と選択できるので、シェアしたいSNSをこの中から選んでください。

ライブ配信と同様、カカオトーク等ここに表示されていないアプリはイチナナの機能を使ってシェアできないので、コピーした後貼り付けを行うことになります。

アカウントURLについて

イチナナには自分のアカウント・チャンネル情報を表示するためのページが存在していて、検索して出てきた際、他のユーザーの画面に表示されることになります。

このURLも確認・貼り付けが可能ですが、ライブ配信や投稿のURL確認・貼り付けとは少し違います。

自分のURLはアプリからは貼り付けできない

 

イチナナのアカウントページのURLは確かに存在していますが、自分のURLはアプリから貼り付けを行うことができません。

ただし、自分のものではなく他のユーザーを検索した場合の画面には「シェア」という項目が存在するので、他のユーザーのページのシェアやURL貼り付け・確認は行うことができます。

上記画像は他ユーザーのアカウントページになりますが、一番下の赤枠に「シェア」と表示されていて、このボタンを押したらクリップやSNSアイコンが表示されているポップアップが開かれます。

シェアしたいならいずれかのSNSアイコンを、コピーして貼り付けたいならクリップを選択してください。

PCブラウザを開くことでURLを確認できる

自分のページのURLを調べる場合は、イチナナのブラウザ版を活用します(ブラウザ版そのもののURLはこちらです)。

リンクからイチナナブラウザ版を開いたら、赤枠部分の検索バーに自分のアカウントを入力してください。

画像赤枠部分が自分のアカウントURLとなっています。

そこまで長くはないので、あらかじめメモを取っておいて直接スマホから打ち込んでURLを記載しても問題はありません。

自分だけでなく他のユーザーも検索可能なので、他のユーザーをシェアしたい場合にも活用できます(ただし、上記のシェアボタンを使った方がはるかに簡単です)。

アプリ版の検索バーを使った場合、自分のアカウントが検索一覧に出てこないので、この方法でシェア・URLコピー貼り付けを行うことができません(複数アカウント所持している人は実践可能です)。

URL貼り付け・シェアの注意点

インスタのURLを貼り付けるかSNSにシェアするかのどちらかで、どちらもそこまで難しい方法ではありません。

あえて注意点を言うのであれば「シェアを行った後」で、例えばアプリを持っていないユーザーにどう表示されるのか等が問題になってきます。

URLからだとブラウザが開かれる

自分がシェアもしくは貼り付けを行ったURLに他の人がアクセスした場合、他のアプリの場合ならアプリが開かれてライブ配信が表示されます。

しかし、イチナナの場合は「ブラウザ版のイチナナ」が開かれることになります。

ライブ配信や投稿を確認すること自体はできますが、スマホでブラウザ版イチナナを利用するとお世辞にも快適に配信をチェックできるとは言えないので、アプリをダウンロードした人向けにアプリから確認を促すことをおすすめしています。

URLをスマホで開くと重たい

URLをタップしてブラウザ版が開かれた場合、その後の処理が非常に重たくなります。

イチナナアプリを取得していた場合もしていない場合もAppStore等が開かれイチナナのページに飛ばされるので、これを消す手間もかかります。

アプリから配信を確認した方が遙かにお手軽・効率が良いので、自分がシェアを見る可能性のある人はイチナナでフォローしてタイムラインに表示させておくようにしてください。

自分のアカウントに複数のURLを貼り付けるには

イチナナには、自分のプロフィールに「SNSやブログ等のURLの貼り付け」を行うことができます。

URLを貼り付ける際、入力バーが1行しか存在しないので1つのURLしか記載できないのではないかと考えている人も多いです。

まずは、試しにプロフィールにURLを貼り付けてみたいので、マイページからアカウント名の隣にある鉛筆アイコンをタップしてください。

プロフィール編集画面から、ウェブサイトのURLを入力するバーを選択してください(赤枠部分です)。

確かに赤枠は1行しかないのですが、実はこの赤枠には文字制限があり、文字制限を超えるまでは何文字でも入力可能です!

具体的な文字制限はどのくらいなのはか明確ではありませんが、多い人だと5つ以上イチナナのURLをプロフィールに貼り付けている人もいました。

今回はプロフィール編集から4つのURLを貼り付けましたが、このようにプロフィール内にリンク付きで表示させることに成功しています。

文字のバランスがやや悪くなっていて、http(URLの一番頭の文字列)も行間のはじめにあるわけではありませんが、タップして開かれるタイプなので、そこまで気にしなくても構いません。

イチナナのプロフィールをうまく活用してSNSアカウント等を宣伝したい場合は、ウェブサイト入力部分に多くのURLを貼り付けてみてください!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 私を布教して

「私を布教して」は、顔を出さずに音声のみで誰でもライブ配信が出来るアプリです。

歌や演奏、ラジオ風のトーク、雑談など音と声による様々なスタイルの配信が行われています。

気に入った配信があれば、布教や換金できるアイテムを送って応援することができます。

昨今、10~20代の若年層を中心に、「私」を知ってほしい、「私」を表現したいという強い想いを持つ人が少なくありません。

そして、日々の生活の中にちょっぴりドキドキしたり、非日常的な時間を過ごしたりする刺激への好奇心を満たしたいという欲求もあります。

それらのニーズに応えるべく『#私を布教して』というサービスが生まれました

アプリ内での「布教」とは、他のSNSでいうと「いいね」にあたります

つまり、配信を気に入った方が「いいね」でおすすめしてくれる為、人が集まり易い仕組みになっています。

他にもランダムであいさつメッセージを作れたり、挨拶メッセージに内に自動で相手の名前が表示されたりする等、初めて配信する方にも使い易いアプリになっています。

おすすめポイント

  • 顔を出さずに音声のみで配信が出来る
  • ギフトを換金する事が可能
  • 「私」を表現することがコンセプト
  • 初めてでも配信が行い易い

第5位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第6位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

イチナナLiveの「スコア」の詳細と増やし方を徹底解説

 

-イチナナ
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.