ななもりさん。の圧力騒動や復帰に関してまとめ解説

すとぷり 公式Twitter

不倫騒動や女性関係、金銭問題で話題となった「すとぷり」の「ななもり。」さんですが、この炎上からさらなる暴露があり、大きく炎上しています。さらに、東京ドームで行われたすとぷりのライブでも、ななもり。さんの名前が挙がり話題となりました。

今回は2022年5月最新ななもり。さんの圧力騒動や復帰に関して炎上まとめを解説します。


ななもり。さんがコレコレさんに圧力をかけていた

現在、ななもり。さんは炎上騒動をきっかけに活動を無期限休止しており、信頼回復するために反省中という状態です。

ななもり。さんは、無期限休止という行動を取っている中で、コレコレさんに対する報復活動のようなことを行っていたとされています

その内容が、コレコレさんに対してとある契約を持ちかけるもので、同意が無ければ警察や裁判を起こすという一方的なものでした。これに対し、リスナーからは反省をしている人のすることでは無いとされ、さらに炎上することになっています。

契約内容

ななもり。さんからコレコレさんに届いた契約内容が一方的過ぎるという件で炎上しています。

契約内容

  1. 慰謝料の請求(金額未定)
  2. 今後ななもり。さんやすとぷりに関することを話題に一切挙げない
  3. 「圧力」と書かれた動画は名誉棄損なので動画自体の削除申請
  4. これらに対する誓約書の記入
  5. 誠意ある対応が無い場合は警察の介入とさらなる法的措置

ななもり。さん側からの要求は主に上の4つで、最後の1つが注意喚起+圧力の内容となっています。

この契約内容はななもり。さんの要求を一方的にコレコレさんに押し付ける形となっており、契約をすることで何かしらの譲歩があるわけでも無いです。

そのため、契約をして動画の削除や話題に出さないことを守ったにも関わらず、最終的に警察や裁判といった問題訴訟を起こされる可能性も出てきてしまいます

ななもり。さんを「話題にするな」という内容

契約の1つでもある、ななもり。さんやすとぷりに関する内容は、具体的にも決められています。

契約

  • ななもり。さんの名前を出さない
  • すとぷり及びメンバーの名前を出さない。
  • イニシャルも出してはいけない
  • 話題にしてはいけない

SNS及び動画内で話題にしてはいけないという契約で、今後一切すとぷりやななもり。さん関連に触れることができないという内容です。

この誓約が一番厳しい内容となっており、万が一コレコレさんがすとぷりファンやメンバーから取り上げられて、晒されたり攻撃的行為をされたとしても、一方的に受け入れなくてはなりません

また、同様の契約を配信者である「ポケカメン」さんにも送っています

今後コレコレさんに起こりうる可能性のある問題

悪いことをしたのはななもり。さんだから、何があってもコレコレさんには関係ない、なんの問題も無いと考えるリスナーもいますがそれは異なるでしょう。

警察の介入や裁判になってしまった場合、コレコレさんには問題が降りかかる可能性があります。

問題

  • 慰謝料の支払い
  • 警察による逮捕
  • 関連する動画の削除
  • チャンネルの閉鎖
  • 事務所の脱退

あくまでも可能性ではありますが、コレコレさんにはこのような問題が降りかかる可能性があるでしょう。

現状、日本の法律では他人の不倫に関してSNSや動画上で告発することは、名誉棄損にあたってしまいます

基本的に不倫した側の人が事実と異なる場合を除いて告訴するということ自体が無いためあまり知られていませんが、実際には名誉棄損になってしまうというのが事実です。

そのため、名誉棄損が成立し、最悪のケースを招いた場合にはコレコレさんの活動が存続も危ぶまれてしまう可能性はあるでしょう。

ななもり。さんがTikTokの動画も削除申請している

コレコレさんの動画だけでは無く、その情報を拡散するTikTokでの切り抜きや情報をまとめた動画に対しても、ななもり。さんが動画削除申請をしています。

現在、TikTokでななもり。さんの炎上した内容について取り上げられた動画には、動画主にのみ「著作権侵害の申し立て」と表示され、動画が公開されないようになっています

これは、動画主が挙げた動画に対して「著作権侵害」の申し立てをしており、動画の削除や非表示にせざるを得ないと判断されているからです。

著作権侵害の申し立ては本人のみ可能

TikTokで動画の著作権侵害に対して申し立てを行う場合は、著作権を持っている本人のみが申請可能です。

そのため、TikTok上でななもり。さんの炎上に関する動画が著作権侵害の申し立てにより削除されている場合は、本人からの申請によって削除されてと考えて問題無いでしょう。

問題報告などで削除された場合は複数のファンによって擁護するためにということも考えられますが、著作権侵害で削除されている場合は本人の申請でしかなり得ません。

「信頼回復」発言の裏側

今回ななもり。さんが炎上した件については、コレコレさんや動画主に対して圧力をかけていたことだけが問題ではありません。

ななもり。さんは活動休止の際に、代表職の辞任ではなく、猛省して信頼回復に努めるという声明を発表しています

しかし、裏では今回のように動画削除や配信者に対する圧力をかけており、信頼回復では無く世間が忘れるように根回しをしているだけ。何も反省をしていないと考えられています

すとぷり東京ドームでの「なーくん」発言

2022年5月4日(水)5日(木)の2日間で、すとぷりは東京ドームでのライブを行っています。このライブはななもり。さんの活動休止以降に開催され、ななもり。さんを除いた既存メンバーで行われることになりました。

ななもり。さんがいないながらも無事に大盛況で終わった東京ドームライブですが、メンバーがななもり。さんに触れた件に関しても賛否両論の意見が出ています。

メンバーからななもり。さんの件に関して謝罪があり、名前を出したことに対して不満があるファンもいましたが、そこはそれほど大きな問題になってはいません。

しかし、メンバーからの「なーくんが大好きです」や「この舞台は6人で立ちたかった」という発言に対し、ファンの間でも意見が2つに分かれることになりました。

ななもり。さんを大切にしていたメンバーの気持ちがわかって良かったという意見もあれば、多くのファンや女性を裏切った人を擁護するような発言はやめて欲しいという意見も出ています

ドームが紫色のペンライトで埋まる

ななもり。さんに関するメンバーの意見だけでは無く、すとぷりファン同士でも軋轢が生じています。

メンバーの「この舞台は6人で立ちたかった」というななもり。さんに対する発言の後、ファンの間では自然とななもり。さんのイメージカラーである紫色のペンライトを振る仕草が見られたと言います。

これに対しても、感動的だったという意見もあれば、気持ち悪さやモヤモヤとした感情を感じてしまったという2つの意見に分かれることになりました

ななもり。さんの復帰はあるのか

現在無期限活動休止中のななもり。さんですが、今後復帰する可能性はあるのかとファンの間で話題になっています。

 

炎上に次ぐ炎上で、無期限休止声明を出した後にも問題が出てくる中で、復帰の可能性はどんどんと薄くなっているのでは無いかと考えられるでしょう。

ファンの間でも今すぐに辞めて欲しいと考えている人が少なくないということ。本当に反省しているのか今回の件で疑念を抱かれていることを考えると、復帰が難しいと考えられるのが一般的です。

結成記念日である6月4日までに戻ってくる可能性

すとぷりは、2016年6月4日に結成されました。そのため、もう少しで6周年目を迎えることになります。

この結成日までにみんなでまたグループ活動をしていたら嬉しい!と考えるファンもいるでしょう。しかし、実際には残り1ヶ月程度しか無いため、復帰は非常に厳しいと考えるのが普通です。

すとぷりのさとみさんの5人で発言の詳細やななもり。さんの復帰について徹底解説

すとぷり 6人組の配信者グループのすとぷりで、「5人で」との発言が話題になっています。 すとぷりの「5人で」発言の詳細や「ななもり。さんの脱退を意味しているのか?」などを徹底解説していきます。 コンテ ...

続きを見る

 

-YouTuber
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.