YouTubeのアーカイブが2時間しか見れない詳細や対処法を徹底解説

現在、YouTubeのライブが2時間しかアーカイブ化されない症状が発生しています。

今回は、YouTubeのライブで2時間しかアーカイブ化されない症状の詳細と対処法を徹底解説していきます。




YouTubeで2時間までしかアーカイブを見れなくなった!

配信側が設定していれば、YouTubeの生配信は自動でアーカイブ化され、後で見逃し視聴することができます。

しかし、生配信のアーカイブを2時間までしか見ることができないユーザーが急増しています

この場合、動画の詳細では2時間以上と表示されているのに、実際にはラストの2時間までしか再生されません。

アーカイブが先に2時間だけ公開されるのは仕様

YouTubeの生配信では、放送中リアルタイムで2時間分のアーカイブ化が行われています。

その為、2時間以下の生放送であれば、配信終了後すぐにアーカイブとして公開されます。

しかし、配信が2時間を超える場合はラストの2時間までが先に公開され、残りの部分はエンコードが終わり次第、視聴可能になるという仕組みになっています。

12時間を超える配信については、アーカイブ化自体が行われません。

不具合により3、4日掛かる事も

通常であれば生配信のアーカイブ化は数時間。それなりの長さでHD画質であっても5、6時間あれば大体済んでしまいます。

しかし、生配信のアーカイブ化に、異常に時間が掛かる不具合も発生しています。

中には生配信の2時間を超える部分の公開に3、4日掛かる場合もあるので注意して下さい。

アーカイブを2時間までしかみれない場合の対処法

下記ではYouTubeのライブが2時間しかアーカイブ化されない症状の対処法を紹介していきます。

対処法

  • アプリやデバイスの再起動
  • 電波状況の確認
  • アプリの再インストール
  • スマホやアプリのアップデート

YouTubeのライブ全般の不具合の対処法について、以下の記事で詳しく解説しています。

YouTubeライブで登録チャンネルの配信が見れない!詳細と対処法を徹底解説

時間を空ける

YouTubeのライブのアーカイブの仕様は上記の通りです。

不具合で途中から始まったち、2時間までしか見れなくなっている訳ではなく、最後の2時間が先に公開される仕組みになっています。

2時間分が先に公開された場合は、時間が経てば残りも公開される筈なので、一度時間を空けてみて下さい。

スマホアプリ版・別ブラウザ・別アカウントを使う

ブラウザ版よりもアプリ版の方が、アーカイブの2時間を超える部分の公開が早い傾向にあります。

また、使用するブラウザやアカウントによって、アーカイブ化が完了する早さが違うという報告もあります。

アプリ版・別ブラウザ・別アカウントなど、幾つかの視聴形態を試して、2時間を超える部分が公開されていないか確認してみて下さい。

YouTube
ジャンル:動画アプリ
現在の価格:無料

YouTubeで突然3回広告が流れるようになった!詳細と対処法を徹底解説

 

-youtube
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.