TwitterでツイートやDMを送ろうとすると送信できませんと表示される症状の詳細や対処法を徹底解説

TwitterでツイートやDMを送ろうとすると「送信できません」と表示される症状が多発しています。

今回はTwitterでツイートやDMを送ろうとすると「送信できません」と表示される症状の詳細や対処法を徹底解説していきます。




Twitterで「送信できません」で下書きに残る不具合

11月15日頃からTwitterでツイートやDMを送ろうとすると、「送信できません」と表示される症状が急増しています。

特に多いのがツイートの関連で、見た目としては通常通り送信できる場合とエラーメッセージが表示される場合があります。

ただ見た目的には正常通り送れたとしても、下書きを確認すると「送信できません」というメッセージと共にツイートやDMが残っている事があります。

「送信できません」というメッセージが起きると実際には送信できていない事が殆どです。

この症状はTwitterの不具合が原因の場合と仕様上の問題である時が有ります。

これらの事が起きるとツイートやDMが送れてない事に気が付き難く、トラブルや機会損失の原因になりかねません。

「送信できません」で下書きに残る不具合の対処法

下記ではTwitterで「送信できません」で下書きに残る不具合の対処法を紹介していきます。

別垢で確認する

正常にツイートが出来たように見えて、下書きに送られてしまう不具合は、自分では送信できていない事に気付き難いです。

また下書きに送られていても、実は正常にツイートも出来ており、再送信してしまうと二重ツイートになってしまう場合もあります。

不具合が起きている間はツイートをしたら、一度別垢でツイート状況を確認する事をオススメします。

別垢の切り替え方法や作り方は、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterで「日本の新しいトレンドはありません」と表示される原因と対処法を徹底解説!

規制・シャドウバンの可能性

ツイート内容がTwitterの規約に引っ掛かり、ツイートが下書きに差し戻しになる事が有ります

またアカウントがシャドウバンを受けてツイートできず、ツイートが下書きに入れられてしまう場合も見られます。

付けている画像が規制の対象になる事もあるので、一度確認してみて下さい。

Twitterで絵が軽センシティブと判断されて肌色BANされてしまう場合の詳細や対処法を徹底解説

アカウント状況・似たツイートをしていないか確認

Twitterのアカウントに制限がついて、ツイートが下書きで止められている恐れもあります。

下記の記事を参考に、アカウントの制限の確認・解除をして見て下さい。

またTwitterはbotや連投対策として、似た内容のツイートを止めてしまう事が有ります。直近で似た内容を投稿していないか確認してみて下さい。

特に何かのシェアを連続ですると、文面が全く同じになっている事が多々あります。

Twitterで突然「ご利用のアカウントは一時的に機能が制限されています。」「ロボットによる操作では無いこと」を証明する必要がある旨の警告メッセージが表示される詳細と対処法を徹底解説

相手のDM制限を確認して貰う

相手にDMが送れない場合は、相手のDM設定が問題になっている可能性もあります。

相手にフォローして貰うか、やり取りできる範囲の制限解除をして貰いましょう。

アカウントアイコンをタップし、「設定とプライバシー」に進みます。

「プライバシーとセキュリティ」をタップし、「ダイレクトメッセージ」に進みます。

チェックを付ける事で、フォロー外にDMを解放する事ができます。

ツイート・DMができない全般的な不具合の対処法

ツイートやDM機能の方に不具合が出ていて、投稿が下書きに入れられている恐れもあります。

再起動や再ログインなどツイートの全般的な不具合の対処法が有効な場合もあるので、下記の記事を参考に試してみて下さい。

Twitterでツイートできない不具合発生!送信に失敗しましたの詳細と対処法を徹底解説

TwitterがバグってDMが来ない!DM送れない!詳細と対処法を徹底解説

Twitterのプロフィール画面でユーザーの投稿を検索する機能の使い方を徹底解説!

今回はTwitterの新機能「ユーザー投稿検索機能」について紹介・使い方を解説していきます! コンテンツ1 Twitterで「ツイート検索機能」が新機能として追加2 ツイート検索機能の使い方3 新機能 ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.