解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterのツイートボタンの位置が変更に!元に戻すには?詳細を徹底解説

投稿日:

2018年11月1日より、iPhone版Twitterアプリで「ツイートボタン」の位置が右下に変更されています

以下で、変更の詳細や評判、元に戻せるのか?、変わらない場合の対処法について徹底解説します。


Twitterのツイートボタン変わってる!

2018年11月1日より、iPhone版Twitterアプリで「ツイートボタン」の位置が右下に変更されています

アイコンがタイムラインの上に浮いているように見えるこの表示は、フローティングボタンと言い、より直感的な操作ができるようになりました。

最初は多少違和感を感じるかもしれませんが、ホームや検索画面、通知画面でも同じ位置にツイートボタンが設置されているので、迷わずにツイートボタンに手が届くようになっています。

App Storeで10月30日に配信された、7.35以降のバージョンのアプリをインストールしているユーザーに変更が適用されます。

元に戻すには?

iTunesのアップデートにより、今はPCを使ってアプリをダウングレードすることはできなくなりました。

PC向けの有料ソフトや、脱獄したiPhone専用のアプリを使ってダウングレードすることも可能ですが、古いバージョンのアプリを使い続けることはセキュリティ面で不安が残ります。

ですので、基本的にはアプリをダウングレードすることはおすすめしません

どう変わったの?

新しいツイートボタンを長押しすると、さらに3つの新しいボタンが表示されるようになりました。

それぞれのボタンをタップすると、画像、GIF、下書きの選択画面に直接移動できます

以前まではボタン長押しで下書きを確認できましたが、画像やGIF付きのツイートを多用するユーザーに合わせた変更になります。

またバージョン7.35では、1つのツイートで画像4つと動画1つを同時に投稿できるようになっています。

変わったのはiPhone版だけ?

実はAndroid版Twitterアプリでは、ツイートボタンは以前から右下に設置されていました。

しかし、ツイートボタン長押しから画像やGIF、下書きにアクセスできる機能はiPhone版アプリのみに実装されています

今の所、Android版にこの機能が登場するアナウンスはないので、Androidユーザーのみなさんは気長に待ちましょう。

PC版アプリも変更に

TwitterのPC版アプリでもツイートボタンの位置が右下に変更されています。

フローティングボタンを含む「マテリアルデザイン」と呼ばれる、ユーザーの使い勝手を意識したデザインを今後Twitterでは採用していくようです。

ツイートボタンが変わらない場合の対処法

新しいツイートボタンが表示されない場合の対処法を解説します。

アプリをアップデートする

App Storeでバージョン7.35以降のアプリをインストールしましょう。

アプリを再起動する

最新版のアプリをインストールしているユーザーは、アプリをタスクキルして再起動しましょう。

アカウントを切り替える

複数のアカウントを使用しているユーザーは、Twitterアカウントを切り替えてみましょう。

新しいツイートボタンの評判は?

https://twitter.com/itallinc/status/1057821814347288576

Twitter上では「直感的に使える」と好意的な反応がある一方、「邪魔」という意見も多く見られました。

確かにホーム画面の下の方のツイートが一部隠れてしまうので、常にツイートボタンがデカデカと表示されるのには抵抗があるユーザーもいるようです。

Andoirdでずっとこのデザインを使っている身としては、ツイートボタンが同じ位置に大きく表示されているほうが使いやすく感じるので、慣れれば悪くない変更なのではないでしょうか。

タイムラインの並べ替え機能が登場する?

今回のアップデートで、一部のユーザー限定でタイムラインを新着順に並べ替える機能のテストが行われているようです。

もしホーム画面右上に「キラキラアイコン」が表示されていれば新機能を試すことができます。

公式のこちらのツイートに対する反応は、「単純にタイムラインを時系列で並べてくれ」という意見が多くの人に支持されていますが、なかなかTwitter側は聞き入れてくれませんね。

 

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.