Twitter「Updates to our Terms of Service and Privacy Policy」英文の利用規約メールが届いた!翻訳と気になる内容を徹底解説

Twitterから英文のメールが届くという声が出ています。突然送られてくるメールの内容を翻訳したものと併せて紹介します。


2020年1月1日の新しいサービス利用規約に関する通知

Twitterに登録しているメールアドレス宛に、「Updates to our Terms of Service and Privacy Policy」という内容の全文が英語のメールを受信しているユーザーが増えており、また規約の改定が行われたのかと懸念される声が出ています。

内容は、サービス利用規約とプライバシーポリシーが改定されるという内容になっています。

文章がすべて英語のため、内容の把握が難しいという方が多いようです。
こちらが本メールの翻訳文になります。

Twitterでは、Twitterが収集するデータ、その使用方法、共有されるタイミングを利用者が理解し、有意義に管理できるように常に務めています。

Twitterのサービスやデータ保護規制は進歩を続けているため、利用者がTwitterと共有するデータについて十分な情報に基づいて決定を下すのに必要な情報を提供できるよう、Twitterの利用規約とプライバシーポリシーが改訂および調整されます。

2020年1月1日、Twitterの利用規約とプライバシーポリシーが改定されます。両方のドキュメント全文を確認することをオススメします。ご質問がある場合は、プライバシーポリシーで説明されている手順でお問い合わせください。

この日以降もTwitterの利用を続けるには、改定内容への同意が必要です。アカウントは、こちらの手順でいつでも停止できます。

内容は発表されている「Twitter利用規約」と同じ

メールの内容は、サービス利用規約とプライバシーポリシーの改定についてであり、これまでアナウンスされている2020年からの新しい規約に内容の変更等は生じていません。

改定される規約では、ユーザーの権利およびコンテンツの利用に対する権利の許諾や規約の有効性の存続、一部規約の補足などが追記されています。

新しいサービス利用規約の詳細は、関連記事にて詳しく解説しております。ぜひご覧ください。

改訂時に同意するだけ

本メールが届いたことにより、直ちにユーザー側が何らかのアクションを行う必要はありません。
Twitter利用者は、2020年以降に改定される規約に同意しないと、引き続きTwitterのサービスを利用することはできません。

起動時もしくはログイン時に、サービス利用規約とプライバシーポリシーが表示され、「同意する」もしくは「同意しない」を選択する形式になると思われます。

改定される前に新しい規約に目を通しておきましょう。

Twitterの利用規約が改訂!どこが変わった?同意して大丈夫なのかを徹底解説

 

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.