解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterアプリの検索履歴が勝手に消えてしまう!詳細と対処法を徹底解説

投稿日:

Twitterアプリの検索履歴が勝手に消えてしまう不具合が一部のユーザーで発生しているようです。

今回は、検索履歴が消えてしまう原因と対処法についてご紹介します。


検索履歴が勝手に消えてしまう

現在、Twitterで検索履歴が勝手に消えてしまうという不具合が発生しており、一部のユーザーが悩んでいるようです。

全ユーザーに影響が出ている様子ではないため、サーバーダウンによる影響では無さそうです。

しかし、ダウンディテクターの「Twitter障害発生マップ」を確認してみると


(記事投稿時点)

主要都市で不安定な状態になっていることが伺えます。

この影響により、検索履歴消失の“原因のひとつ”になっている可能性があります。

一部のユーザーで発生中

Twitterユーザー全員に発生している様子ではないため、トレンド入りなどはしていないようです。

一部のユーザーが不具合に直面し、不便になった・早く修正してほしいという声が上がっています。

どのような時に発生する?

検索履歴が消えてしまう不具合が発生するタイミングは

  • Twitterアプリを閉じたとき
  • スマホの電源を落としたとき

上記の操作を行った後、アプリを再起動した際に検索履歴が消失していると考えられます。

Twitter側のバグである可能性が高いかも

今までは問題なく利用できた機能が突然の不具合によって挙動がおかしくなってしまったという場合は、Twitterに問題がある可能性が高いかもしれません。

ポイント

集団的に不具合が発生している

これを踏まえると、Twitter側のバグの影響によるものと考えられます。
少数であればアプリや端末の不具合が疑われますが、ここ数日からこの不具合を訴えるユーザーが出現していることを考慮すると、納得のいく原因だと思います。

検索履歴はアカウントに紐づけされていない

Twitterの検索履歴は、アカウントに紐づけられているのかについて。

検索したワードがアカウントに残るものであると仮定すると、別端末で確認をした際に同じ検索履歴が表示されると考えられます。


(iPhone版)


(iPad版)

どちらも同じアカウントですが、別端末で検索履歴を確認してみると同期されていません。

アカウントに検索履歴が紐づけされていないということは、検索履歴はアプリ内で管理されていると考えられます。

まとめ

Twitterアプリに問題が発生している原因も捨てられません。
しかし、突然集団的に検索履歴が消えてしまう不具合に直面しているユーザーが増加したという点を考慮すると、
Twitter側のバグの影響によって発生していることも考えられます。

原因が前者であった場合は、ユーザー側の対処で解消できる可能性があります。

対処法をご紹介しますので、試してみましょう。

対処法

アプリをアップデートする

アプリのバージョンが最新版でなかった場合は、アプリストアにてアップデートを行います。

アップデートを行うことでアプリの不具合が解消されることがありますので、確認してみましょう。

現在のバージョンが最新版だった場合は、別の対処法を試します。

アカウントをログアウトする

利用中のアカウントをログアウトし、再ログインをすることで解決できるかもしれませんので試してみましょう。

タイムラインが表示される「ホーム」アイコンを長押しします。

アカウントの切り替えタブが出現します。

複数のアカウントがある場合は、念のためすべてログアウトを行うと良いでしょう。

ログアウト後、起動しているTwitterアプリを閉じてから再ログインをします。

Twitterアプリを閉じる

アプリの再起動で不具合が解消できることがあります。

Twitterアプリを含む起動中すべてのアプリをアプリスイッチャーで閉じ、再びアプリを起動します。

アプリのキャッシュデータの削除

アプリで発生する様々な不具合は、蓄積されたキャッシュデータが原因になっていることがあります。

キャッシュデータとは、タイムライン表示を円滑にするためにツイート、画像、動画のデータを一時的に保存してすばやく表示させるための補助データです。

アプリのパフォーマンスの低下を招くこともあり、不具合を誘発してしまうことがあります。
設定手順を紹介しますので確認してみましょう。

  

タイムラインの画面で右へスワイプし、メニュータブを出現させます。

「設定とプライバシー」をタップしましょう。

項目内の「データ利用の設定」をタップします。

ストレージの「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」の両方を削除します。

「メディアストレージ」は画像などのメディアを蓄積しています。

「ウェブサイトストレージ」はCookieやログイン情報などのデータを蓄積しています。

削除することでアプリ内のキャッシュデータは削除され、端末の容量確保にも繋がります。

操作後は、アプリを再起動しておきましょう。

スマホの再起動

Twitterアプリを閉じ、スマホの再起動を試してみましょう。

アプリの再インストール

対処法を試しても不具合の改善がされなかった場合は、アプリを一旦削除して再インストールを試みます。

データはアカウントに保存されているため、アプリを削除したとしてもタイムラインの情報や自分のツイートなどが完全に消えてしまうことではありません。

再インストール後、ログインをして検索履歴が消えないか確認してみましょう。

改善しない場合は修正アップデートを待つ

対処法を試しても、改善されない場合は修正が入るまで待つしかなさそうです。

Twitterでは様々な不具合が突然発生することがありますが、そのほとんどが短期間内に修正されています。

念のため、余裕があればヘルプセンターを通じてTwitterに問題を報告してみましょう。

Twitterで不正アクセスが急増中!自分のアカウントを安全に守る対策を徹底解説

 

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.