解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterクライアントアプリ「feather(フェザー)」でログインできない!?詳細と対処法について徹底解説

投稿日:

今回は、Twitterクライアントアプリ「feather(フェザー)」でログインできない問題についての詳細と対処法について徹底解説します。

feather(フェザー)は有料のTwitterクライアントアプリではありますが、無料のTwitter公式アプリよりも使い勝手がよく、iOS版を中心に親しまれているアプリです。

しかし、feather(フェザー)をダウンロードしていたのですが、急にログインできなくなってしまう症状が多発しています。

今回は、どのようにしてfeather(フェザー)にログインすればいいのか見ていきましょう。


Twitterクライアントアプリfeather(フェザー)とは

まずは、Twitterクライアントアプリ「feather(フェザー)」について紹介します。そもそも、Twitterクライアントアプリとはどのようなアプリなのでしょうか。

「クライアント」とは、専門家に依頼した人という意味があり、の場合だと「Twitterの専門家」といった意味を持っています。

つまり「Twitterならなんでもおまかせ!」というようなアプリで、Twitterアカウントを登録して、Twitter本来の機能とプラスアルファで様々な機能を利用することができるアプリです。

Twitter公式アプリもTwitterクライアントアプリですし、他には「Tweetbot」「TheWorld for Twitter」などがあり、今回紹介する「feather(フェザー)」もそのひとつです。

Twitterとは別物ではありますが、feather(フェザー)をダウンロードするだけで、Twitter公式アプリと変わらず、Twitterアカウントを駆使してつぶやいたり、他の人のツイートを確認することができます。

feather(フェザー)とTwitter公式アプリの違いは「有料か無料か」ということで、feather(フェザー)は有料(360円)になっています。

有料である分、feather(フェザー)はTwitter公式アプリよりも使い勝手がよく、リスト化が簡易化されたり、全体的にアプリの動作が軽く、使いやすいです。

ただし、2018年9月現在、android版のfeather(フェザー)は販売中止になっているため、iPhoneのiOSを利用するようにしなければいけません。

feather(フェザー)にログインできない詳細について

feather(フェザー)を利用するには、feather(フェザー)アプリを開いてログインする必要があります。

しかし、2018年9月現在、一部のfeather(フェザー)ユーザーがログインしようとしてもエラーが出てしまうようなケースが多発しています。

Could not authenticate you.」という一文と共にエラーが起こり、さらには他の人のツイートを読み込むことができなくなります。

ツイートを見ることができないのでしたら、Twitterとしての役割を果たせていないのと同義です。

なんとかしてTwitter本来の機能を使いたいのですが、長年feather(フェザー)を利用している人にとっては、feather(フェザー)でないと快適なTwitterライフが送れなくなります。

そうならないように、なんとかしてfeather(フェザー)にログインできるようにしたいですよね。

feather(フェザー)にログインできない場合の対処法徹底解説

それでは、feather(フェザー)にログインできない場合の対処法について紹介します。

feather(フェザー)はどのTwitterクライアントアプリよりも不具合やバグへの対応が早いことで有名ですので、今回の不具合にも真髄に対応してくれています。

具体的な対処方法を紹介していきます。

アプリアカウントタブ右上から「Webでログイン」を行いましょう!

feather(フェザー)公式Twitterでは、今回の不具合について言及されていました。

今回急にログインできなくなったのは、サーバー落ちとかではなく単なる不具合だということでした。

現在はfeather(フェザー)が原因究明とアップデート作業をしてくれていますので、近々修正される可能性は高いのですが、今すぐfeather(フェザー)を今まで通り使いたい人だっていますよね。

そのような人は、まず「feather(フェザー)」自体を立ち上げてみてみましょう。

グイン画面の上に右上に「+」のアイコンがありますので、このアイコンをタップしてみてください。

その後、「Webでログイン」を選択し、アプリ内ではなく、Webページでfeather(フェザー)にログインするようにしてみてください。

Web版ログインでも直らない可能性がある?

feather(フェザー)ユーザーの中には、この「Web版のログイン」で試してみても結局feather(フェザー)にログインできなかった人も多数いて、どうやらログインできるようになる人とどうしてもログインできない人の2パターン存在するようです。

もし、この方法でログインできなかった場合は、feather(フェザー)公式Twitterのツイートは「すぐにアップデート致しますので少々お待ちください」とのことでした。

バグそのものを改善するため、アプリを修正している最中のようです。

バグをいち早く修正してくれるのを待つしかなく、ややもどかしい気持ちが先走ってしまうのではないでしょうか。

どれだけもどかしい思いをしたとしても「アプリ自体を削除すること」は止めておきましょう。

feather(フェザー)公式が「アプリを削除しないでください」と明言している上、有料アプリを削除してしまうと、次にインストールする際、また料金の支払いを求められる可能性もあります。

feather(フェザー)にログインできない詳細と対処法まとめ

今回は、feather(フェザー)にログインできない詳細と対処法について紹介しました。

feather(フェザー)は非常に便利かつ使いやすいTwitterクライアントアプリですが、このfeather(フェザー)が使えなくなったとしても、最悪Twitter公式アプリを無料で使うことはできます。

今、feather(フェザー)が頑張ってバグ修正のためのアップデートをしてくれていますので、まずはfeather(フェザー)を信じて改善を待ってみるか、Webログインを試してみてください。

feather lite for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料
 

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.