Twitterで一部ユーザーに実装された新機能の基本情報について徹底解説

Twitterのユーザー情報画面で「基本情報」という項目が、今までトップに表示されていた「ツイート」を押しのけて一番左に表示されています。

Twitterの基本情報について、非表示にしたい場合の対処法等を紹介していきます。


Twitter新機能の基本情報について

Twitterの新機能「基本情報」を表示する機能の詳細を紹介していきます。

一部のユーザーのみ基本情報の項目が出現

上記画像はユーザー情報ページ(プロフィール画面)の拡大画像ですが、今までは一番左側にツイート、その右にツイートを返信・メディアと見慣れた順番でした。

長い間この順番でユーザーページが表示されていて、それぞれタップやスクロールで項目を切り替えてツイートや返・メディアやいいねを抽出して表示できていました。

しかし、2022年6月下旬から7月にかけて、一番左に「基本情報」という項目が追加された情報が出ています。全てのユーザーへの実装ではなく、Twitterを利用している一部のユーザーだけ実装されています。

自分と他ユーザーのプロフィール画面に出てくる

自分のユーザーページ・他人のユーザーページそれぞれに「基本情報」の項目が追加されています。

どちらか片方のみのケースはほとんどなく、Twitterのアカウントに基本情報が実装されれば自分・他人問わず基本情報が表示される仕組みだと考えられます。

表示される基本情報の項目について

表示される基本情報

  • 場所(概要)
  • Web(概要)
  • 誕生日・生年月日(概要)
  • 登録日(概要)
  • 興味関心(そのユーザーが興味関心を持っているとされるコンテンツやユーザーが表示されます)
  • リスト(そのユーザーが作成したリストが一覧で表示されます)

基本情報の項目から表示されるものは上記の通りです。

このうち、「概要」に記載されている項目はこれまでもTwitterの自己紹介部分に表示されていた内容で、基本情報に表示されたとしても特に問題はありません。

しかし、興味関心は「このユーザーはこの内容に興味を持っている」と、こっそり調べていた・アカウントを監視していたものが基本情報を見たユーザーにバレてしまう可能性があります。プライバシーの観点から基本情報機能が怖いと評価されている理由のひとつです。

リストは表示したユーザーが「非公開」にしていればリストの中身まではチェックされません。

生年月日や場所は非表示にすれば自分も他ユーザーも見えない

概要に表示されている「生年月日」「場所」「Web」の3つは、プロフィールの編集より非表示にできます(記入していない場合は自動的に何も表示されません)。

仮に生年月日をTwitterに登録していたとしても非表示にしておけば自分も他のユーザーもプロフィールおよび基本情報からは確認できません。

年齢がバレるかもしれないと不安に思っている場合はプロフィールの編集より非表示・削除してください(手順は対処法に記載があります)。

興味関心の内容は安定していない

Twitterの基本情報に表示される内容のうち「興味関心」が自分のものと全く違うと話題になっています。

例えば、Twitterでよく「ウマ娘」の情報をツイートにて取得していたのにウマ娘に関する興味関心がなく、他のアプリやアニメ・さらには二次元コンテンツ関係のない情報が興味関心欄に表示されるケースがあります。

過去を遡ってアクセシビリティを見れば自分が興味関心に表示される内容のツイートをチェックした可能性はあるものの、「一番の興味関心が絶対に表示されない」のも事実です。現状では興味関心の内容はそこまで当てにならないという見方が強いです。

まだ本実装されていないためTwitterからのアナウンスもない

Twitterの基本情報表示に関する機能は、一部のユーザーにしか実装されていません。

まだ本実装でない可能性が極めて高くTwitterの運営は機能実装を直接アナウンスしていないのが現状です。

Twitter新機能の基本情報を非表示にしたい場合

Twitter新機能の基本情報を自分のものだけでも非表示にしたい場合について紹介していきます。

非表示にできる機能は現時点で存在せず

Twitterの基本情報そのものを非表示にする機能は、現時点で見つかっていません。

生年月日や位置情報を個別に非表示にする方法はプロフィール編集にて存在していますが、興味関心といつTwitterを始めたかは何を設定しても表示されます。

まだ本格的に実装されたわけではないため、本実装された際に非表示の項目が追加される可能性はあります。

トピックフォローを外す

基本情報の「興味関心」に一番関係があるとされる機能が、Twitterのトピックフォローです。

Twitterのメニュー画面から「トピック」を選択すると自分がフォローしているトピックの一覧を確認できますが、おおよそ興味関心で表示されていた内容と一致する可能性が高いです。

トピックの中からフォローしているもののうち「×」を選択すればトピックフォローがはずれ、興味関心にもフォローを外したものは表示されなくなる可能性が高いです。Twitterのトピックは勝手にフォローされるケースがありますが、下記を参考にしてください。

Twitterで「トピック」が勝手にフォローされている原因と対処法を徹底解説

リストは削除・非公開にて対処可能

基本情報に表示されるリストは自分があらかじめ作ったものが表示されます(他のユーザーの基本情報だと他のユーザーが作ったリストが出ます)。

リストは自分で削除・非公開に設定することができるため、どうしても表示させたくない・見られたくない場合はリストを削除・非表示にしてください。

Twitterのメニュー画面から「リスト」を選択して、自分のリストのうち削除・非表示にしたいものを選びます。

開いたリストから「リストを編集」を選択してください。

「非公開」にチェックを付けるか「リストを削除」を選択してリストを見られないようにします。

概要はプロフィールで公開している範囲のみ表示なので問題なし

基本情報の概要の中にある情報は、「元々自分が記載していたプロフィールの項目の一部」によって構成されています。

このうち「Twitterを始めた時期」以外は自分で非表示にすることが可能で、Twitterのプロフィール画面から「編集」を選択します。

編集画面の赤枠の内容を削除するか公開範囲を自分だけにすれば他のユーザーには見られません。自己紹介画面・基本情報のどちらにも反映されます。

Twitterがブラウザで開けない、 表示される内容がありませんと表示される原因と対処法を徹底解説

ブラウザでTwitterが開けないと話題になっています。 今回はブラウザでTwitterが開けない場合の対処法について解説します。 コンテンツ1 ブラウザでTwitterが開けない2 ブラウザでTwi ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.