解説、アプリの使い方

SNSデイズ

SNOWの「そっくり診断」でエラーが発生!出来ない!詳細と対処法を徹底解説

更新日:

今回は、SNOWの「そっくり診断」でエラーが発生!出来ない!詳細と対処法を徹底解説していきます。

SNOWのそっくり診断を使って自分(他の人)がどの芸能人と似ているのか診断することができるのですが、話題性もありTwitter等のSNSでも流行しています。

どのようなエラーが起こっているのか、対処法等を下記で解説していきます。


SNOWそっくり診断が出来ない!

SNOWのそっくり診断とは、自分や他人の顔写真の画像から、「どの芸能人と似ているのか」を診断してくれるコンテンツです。

SNOWのアプリをインストールして、選択することができるスタンプの中に「そっくり診断」という項目がありますので、こちらを選択するようにしてください。

詳しいSNOWのそっくり診断の使い方に関しては、下記の記事を参考にしてください。

SNOWの芸能人診断は当たるのか?やり方を徹底解説

通信エラー・読み込みエラーが発生している

上記画像のように「不明なエラーが発生しました」というエラー表記が出て、そっくり診断が完了しないというパターンが多いです。

このエラーが出てしまったせいでそっくり診断を続けることができず、一度他の操作をせざるを得なくなったという人もいました。

また、「不明なエラー」と表記されてはいますが、実際には通信エラーか画像の読み込みエラーである可能性が高いです。

どのような画像だとエラーが起こりやすいか

 

どのような画像だとエラーが起こりやすいかも紹介します。

画像が原因でエラーが起こっているのかどうかはまだ不明ですが、エラーが起こったユーザーは以下のような画像で診断を進めようとしてエラーが出たのだという情報は知っておいた方がいいです。

エラーが出た画像

  • 人が映っていない画像
  • 鮮明でない画像
  • すっぴんの画像
  • 古い画像

など

人が映っていない画像に関しては「そっくりな芸能人」が分からないので、結果は出てこない可能性が高いです(なぜか結果が出てしまう可能性もあります)。

鮮明でない画像や古い画像は読み込みができない可能性があるので、正常に結果が表示されません。

他にも、アプリそのものの不具合や自分のスマホになんらかの異常がある場合も、エラーが出てしまう可能性もあります。

識別されない画像だと「横澤夏子」だと判定される

エラーとは関係がありませんが、万が一自分が投稿した画像が読み込まれない・顔画像だと識別できなかった場合は「横澤夏子」として診断されます。

自分の診断が「横澤夏子」だった場合は、識別されないせいでこの診断が出てしまった可能性があります。

稀に横澤夏子ではなく、画像右側のように「ダウ・キャメロン」と診断されることもあります。

なぜ横澤夏子かダウ・キャメロンと診断される仕様(不具合かもしれません)なのか、原因等はわかっていません。

エラーの原因について

エラーの原因については、まだ解明されていません。

どのような原因かはわかりませんが、症状自体は「通信エラーか読み込みエラー」が起こっているものと考えて構いません。

そのため、アプリで通信・読み込みに関するエラーが起こったものと考えて対処することはできます。

対処法

SNOWそっくり診断で発生しているエラーの対処法を紹介します!

そこまで大規模なエラーではなく、SNOWの数ある機能のうちひとつが使えなくなっただけのエラーですが、このエラーが原因で他の機能を使うのにも不便になる可能性は考えられます。

公式Twitter等の告知を参考にする

https://twitter.com/SNOW_jp_SNOW/status/1190622230717222912

公式Twitter(アカウントはこちらです)に、SNOW全般のエラー情報が記載されている可能性があります。

今回のそっくり診断のエラー情報はまだ公開されていませんが、今後、エラーが継続して起こるようなら公式からなんらかの通達があるかもしれません。

その通達をチェックして、対処法が書かれているのでしたら対処法通りに問題を解消してください。

もう一度同じ操作を行ってみる

SNOWのそっくり診断でエラーが起こった場合は、もう一度同じ操作を行ってください。

元々一時的なエラーである可能性が高いので、何度も同じ操作をすることで問題が解消する可能性も高いです。

スマホ・アプリを再起動

スマホ・アプリを再起動しても、SNOWのエラーが解消される可能性があります。

自分のスマホやアプリが原因でエラーが起こった場合はこれだけで問題が解消される可能性は高いですし、試してみるのに手間もかかりませんので、おすすめの対処法です。

通信環境をチェック

画像を読み込めない場合は、通信環境をチェックしてみてください。

例えば、WiFiに繋がっていなかったり通信制限がかかっていた場合、どうしても画像の読み込みが遅くなって、エラーが出やすくなってしまいます。

自分のスマホだけでなく、WiFiルーターや回線そのものにエラーが起こっている可能性もあるので、そちらもチェックしておくといいでしょう。

映っている人物が鮮明に映ってるか確認

映っている人物が鮮明に映されているかどうかもチェックしてください。

上記の画像は様々なフィルターや色度をいじった画像になりますが、この画像を使ったとしてもエラーが出てしまう可能性があります。

できるだけ「写真撮影した元画像」を使うようにすると、エラーが出にくくなります。

新しく写真を撮り直す

 

「古い画像」を使うとエラーが出やすいという報告もあったので、古いプリクラ画像や昔撮影した画像は使わずに、今撮影した画像を使ったほうがいいかもしれません。

SNOWは元々写真撮影アプリなので、このままSNOWを使って撮影すれば特に問題なくちょうどいい撮影を行うことができるでしょう。

写真を撮影する場合は、ブレたりせずにはっきりと人物がわかるような写真になるまで妥協せずに撮影した方がいいです。

容量を空ける

スマホの容量に余裕を持たせておくことで、エラーを防ぐこともできます。特に、SNOWの場合はアルバムともアクセスすることになるので、アルバム内の容量は特に大切です。

まずは、スマホの「設定」を選択して、「一般」を選んでください。

一般の中にあるiPhoneのストレージを選択します。Android版の場合は、直接「ストレージ」という項目を探してください。

ストレージ容量を具体的にチェックすることができるので、余裕がなかった場合はアプリを削除したり画像を整理するようにしてください。

キャッシュのクリア

キャッシュとは、アプリ内に溜まっている不必要なデータのことで、SNOWを長く使っている場合、どうしてもキャッシュが溜まった状態となっています。

このキャッシュをクリアすることによって、様々な不具合も解消される可能性が高いです。

まずは、先ほどの設定からiPhoneのストレージを選択して、今度は「SNOW」のアプリを直接選択してください。

iPhoneの場合は「Appを取り除く」を選択すれば、そのままキャッシュがクリアされます。

Androidの場合はさらにわかりやすく「キャッシュをクリア」という項目があるので、こちらを選択してください。

アプリを更新・再インストール

アプリを更新できるなら更新して、更新できないなら再インストールするようにしてください。

最終手段のような方法となってしまいますが、SNOWの場合はログインせずとも(登録していなくても)写真撮影やそっくり診断を行うことができるので、特に操作せずアンインストールしても問題はありません。

まずは、AppStoreかGooglePlayでSNOWと検索してみて、アプリを更新できるかどうかをチェックしてください。

SNOWの芸能人診断は当たるのか?やり方を徹底解説

 

-SNOW

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.