解説、アプリの使い方

SNSデイズ

「スナチャ」をAndroidで登録できない!フィルター使えない!場合の詳細と対処法を徹底解説

投稿日:

今回は、「スナチャ」をAndroidで登録できない!使いづらい!場合の詳細と対処法を徹底解説していきます。

最近人気の出てきた画像・動画投稿SNSアプリであるスナチャですが、AndroidユーザーはiPhoneユーザーと比べて使いづらい部分があったり、登録できないといった問題が起こっていました。

どのような部分でiPhoneとAndroidの差があるのか、対処法はあるのか等を下記で解説していきます。


Androidでスナチャを使う場合について

Androidでスナチャを使う場合の不具合や気を付けておきたい仕様について紹介します。

スナチャを使いたいと思っているAndroidユーザーもたくさんいることは間違いないのですが、使用できる機能がiPhone版と一部違います。

「スナチャを快適に使いたいならiPhoneのほうがいい」と言われているので、Androidで全ての機能を堪能することはできないかもしれません!

どのような部分に問題があるか見ていきましょう。

登録の際に弾かれて登録できない可能性がある

Androidを使っているユーザー全員がこのような症状が出るわけではないのですが、Androidユーザーの中ではスナチャに登録できなかった人が一部存在します。

これはAndroidをroot化させていることが原因なのですが、root化した記憶がない人の中にも登録できないケースもあります。

Android版のスナチャはiPhone版のスナチャと比較して登録方法に何か特別な差があるわけではないので、登録できなかった場合はなんらかの問題があるかエラーが起きているのだとわかりますよね。

スナチャに登録できない場合は以下の記事を参考にしてください。

Snapchat(スナチャ)の危険性や登録できない場合の詳細と対処法を徹底解説

一部フィルターが使えない

Android版スナチャでは、一部のフィルターが存在しない可能性があります。

Androidの機種などにもよりますが、最近話題になっている「子供顔フィルター」や「男顔フィルター」「女顔フィルター」が使えないというユーザーがいました。

スナチャのAndroidユーザーの中にもこれらのフィルター機能を問題なく使うことができるという人もいるのですが、元からフィルター一覧を見てもこれらのフィルターがないケースもあります。

フィルターのクオリティが違う

上記の子供フィルターなどを使えたとしても、iPhone版と比べるとそこまで性能がよくありません。

これは、Android版スナチャが「リアルタイム反映」という顔変換機能が備わっていないのが原因なので、機種変更をするしか対処法はありません。

ただし、Androidユーザーの中には「Androidスナチャでもリアルタイム反映された」と言っている人もいたので、一部の機種ではフィルターの性能もiPhone版と変わらない可能性はあります。

動画でフィルターを使うことができない

Android版スナチャでも動画撮影する機能が備わっていますが、Androidの場合は「動画に子供顔等のフィルターをつけること」ができません。

自撮り画像などを撮影して子供顔にしたり性別を変えたりして遊ぶことはできるのですが、動画で自撮りして子供顔等に加工しようとしてもできないので注意してください。

ちなみに、この機能はiPhone版スナチャにはちゃんと備わっているので、Android版スナチャがiPhone版よりはっきりと劣っていると言える部分でしょう。

ところどころ重たい

スナチャが重たくて使いづらいという声もありました。

例えば、写真撮影が遅い、フィルター反映が遅い、ひとつひとつの動画が重たい、アプリが落ちるなどの症状があります。

これはごく一部のユーザーに出ている症状なので、Android版スナチャが悪いのではなく、その人たちのスマホの容量不足などが原因なのかもしれません。

動画が撮影できない場合がある

Android版スナチャでも動画撮影機能は備わってはいるのですが、一部ユーザーはこの機能をスムーズに使えていませんでした。

動画撮影時に重たくなったり、動画撮影しようとしたら何秒かフリーズして、なかなか動画撮影がはじまりません。

そのままフリーズしてアプリが落ちてしまう可能性まで考えられます。

登録できない、フィルター使えない等の対処法について

Android版スナチャに登録できない・フィルターなど一部機能が使えない場合の対処法について見ていきましょう。

本来ならAndroidを使っている人もスナチャそのものはちゃんとダウンロードして登録できるはずなので、登録できない場合はなんらかの問題があるのだと思って構いません。

フィルターを使いたい場合もちゃんと対処すれば使えるようになる可能性があるので、諦めずに対処してみてはいかがでしょうか。

登録できない場合① root化を解除する

Androidの「root化」を一旦停止させて、スナチャに登録してみてください。

よく、古いAndroidの人はAndroidそのものの性能を向上させるために、root化させている場合がありますよね。

しかし、スナチャとroot化Androidの相性はあまり良くないようで、root化されている場合は登録できなくなる場合があります。

スナチャを使いたいときだけでもroot化を削除して使うようにしてください。

登録できない場合② 登録情報を確認する

スナチャに登録できない場合は、登録情報を確認してみてください。

Androidを使っているとスナチャに登録できなかったという声が多いのですが、iPhone版スナチャと登録方法自体は変わらないので、登録情報の部分で何か間違っているか登録できない条件を満たしている可能性があります。

例えば、13歳未満はスナチャに登録できませんし、他の人とユーザーIDが被っていたら登録できません。

フィルター使いたい場合① スナチャを最新版にする

Android版スナチャでも子供顔フィルターなどはちゃんと使えるはずなので、「フィルターを使えるAndroid版スナチャと使えないAndroid版スナチャ」があることは本来ならおかしいですよね。

使えないAndroid版スナチャになんらかの問題があることがわかります。

一番問題が解消される可能性が高いのは、「スナチャを最新版にすること」でしょうか。

アプリを快適に使うためにはアプリを最新化(更新)させるのが一番なので、アプリ更新を自動で行っていない場合はチェックしてください。

フィルターを使いたい場合② AndroidOSを更新させる

AndroidOSを更新するのも忘れてはいけません。

使っているAndroidが古いバージョンのせいで一部のフィルターが表示されていない・使えない使いづらい可能性があるからです。

スマホによって更新方法はそれぞれ違うので、あらかじめ自分のAndroidをどうやって更新させることができるか調べておきましょう。

Androidは子供フィルター等は現時点で非対応!

例えば、「子供顔フィルターが表示されていない・使えない場合」は、上記のスナチャ(Android)更新で問題が解決する可能性はあります。

しかし、動画を子供フィルター加工したい場合は、現時点で問題解決できない可能性が高いです。

まだAndroid版は静止画でしか子供フィルター等顔が変わるフィルターを使うことができないからです。

今後アップデートしてくれる可能性もあるので、気長に待ってみてはいかがでしょうか。

Snapchat(スナチャ)の危険性や登録できない場合の詳細と対処法を徹底解説

 

-Snapchat

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.