解説、アプリの使い方

SNSデイズ

PayPay(ペイペイ)の詳細、使い方や手数料・評判など徹底解説

投稿日:

2,018年10月5日、ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayがスマホ決済サービス「PayPay」をスタートさせました。キャッシュレス社会の実現を加速させるといわれるPayPayですが、一体どのようなアプリなのでしょうか?

また登録するだけで500円もらえるという情報もあり、本当に500円もらえるのか?についても調べています。使い方や手数料・評判など徹底解説していますので気になる項目は目次から飛んでみて下さい。

PayPayとは?

PayPayは実店舗で使えるスマホ決済サービスで、ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPayが10月5日よりスタートさせました。事前に電子マネーのチャージやクレジットカードの登録を行っていればアプリを使ってお店での支払いが可能になります。

QRコードもしくはバーコードでの支払いとなり、どちらを利用するかは店舗の設備次第というところです。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
カテゴリ: ファイナンス
現在の価格: 無料

Yahoo!ウォレットの進化版?

PayPayの登場にあわせて、スマホ決済サービスであるYahoo!ウォレットが近日中に終了することが発表されていることから、サービスの下地としてYahoo!ウォレットが使われているのではないかと思います。

Yahoo!ウォレットはインターネットショッピングをするときには便利なサービスでしたが実店舗で使われている印象はほとんどありません。

キャッシュレス社会の実現に向け、ソフトバンクとヤフーが本気になり、その決意表明の現れとしてPayPayが出現したのかな、という感じがします。いまいち影の薄かったYahoo!ウォレットを廃止し今後はスマホ決済サービスをPayPay一本化させていくのでしょう。

PayPayの評判は上々?

PayPayがサービスを開始したことで、ネットの評判を読んでみると早速ざわついているようです。Tポイントと連動し出すと買い物の度に更にポイントが加算されてお得になります、早くしてほしいものです。

他モバイル決済サービスとの競争が過熱しそうで、これからサービスの中身も各社どんどんと良くなっていきそうな予感がします。

PayPayは中国のアリペイと提携しているので、アリペイを使っている人はとても便利です。アリペイは日本ではあまり馴染みがありませんが、中国人の多くが使用しているモバイル決済サービスで、インバウンドの訪日客が買い物をするときに需要の高いサービスです。

なので観光客向けの店舗のほとんどでPayPayが使えるようになるのでは?と思います。

既に一部の店舗ではPayPay支払いが可能なようです。まだまだ少ないですが、PayPayの潜在能力の高さを考えると今後どんどんと使える店舗が増えていきそうです。

PayPayとLINE Payでは何が違う?

スマホ決済サービスでは、PayPayよりも先にLINEがLINE Payを発表しています。LINE Payもスマホ決済サービスなので、PayPayはLINE Payと一体何が違うの?と思われる方も多いんじゃないでしょうか。

LINE Payはお金をチャージして実店舗で使うサービス以外にも、LINEの友達への送金や割り勘が可能になります。

ただLINEを使っていない人がわざわざLINE Payを使うとは思えないので、普段LINEを使っている人はLINE Payを使うと思いますが、それ以外の方はPayPayなどの他のサービスを使うのでは?と思われます。

またLINE Payの場合LINE Payカードというのを作るとLINEのキャラクターがデザインされたかわいいカードを発行できます。

クレジットカードがたくさんあるように、スマホ決済サービスもさまざまな性質のものがあります。何を使うのかはユーザーがどのサービスに魅力を感じるかによって変わってくるでしょう。

PayPayもLINE Payもキャンペーンが魅力

PayPayは後に説明する新規登録500円キャンペーンのような実質的なキャッシュバックがありますし、LINE Payも公式ブログで随時キャンペーンのお知らせがあります。

どちらも使い方次第でお買い物がかなりお得になりそうです。

PayPayに登録するだけで500円がもらえるって本当?

PayPayが発表されたときから登録するだけで500円がもらえるという情報がネット上で出回っていましたが、どうやら本当のようです。実際に公式で発表されています。

直接現金で500円がもらえるわけではなく、新規登録することでPayPay残高に500円が加算されるようです。

更に実店舗では0円で導入できるそうですので、使えるお店は今後増えてくるでしょう。

だから500円もらったものの使える実店舗が近くにない、などということにはならなさそうなので、せっかく500円もらえるし、一度登録してみてはいかがでしょう。

使うだけで0.5%還元のPayPayボーナス

PayPayは登録時に500円もらえる以外にも買い物の度に0.5%の還元があるので普通に現金で買い物をするよりもお得です。

1人月5,000円までの上限はありますが、月に100万円までの買い物は0.5%還元されるということですから、ほとんどの人にとって買い物が常にいつもよりもお買い得に行えます。

PayPayの登録方法

PayPayへのスマホアプリからの登録方法について説明します。登録は簡単で、500円ももらえるし、お店での支払いも簡単になるのでぜひ使ってみてください。

電話番号かYahoo!JapanIDが必要

PayPayアプリを開くと携帯電話番号とパスワード、もしくはYahoo!JapanIDでの登録を求められます。どちらでも好きな方を使って登録してください。

今回はYahoo!JapanIDを使って新規登録してみました。

Yahoo!JAPANIDで新規登録をタップすると上記のような画面が出てきますので、上記に同意してはじめるをタップします。

Yahoo!へのログイン画面が出てくるので、普通にログインしてください。

IP電話は使えない

電話番号を登録していない場合は電話番号の入力を求められます。電話番号の確認にSMSが使えなければいけないため、050からはじまるIP電話は使用できません。

その後SMSに認証コードが届くので、入力してください。認証コードは数字4桁になります。

登録するだけで500円がもらえる

キャンペーン期間中なので登録完了するだけで、500円分のPayPayボーナスをGETすることができました。

PayPayの使い方

PayPayでの支払いはとても簡単で、LINE Payをはじめとするスマホ決済を既に使ったことがあるならば同じような感じで使えます。

支払い方法はお店がどの方法を店舗に導入しているかによって変わってきます。

お店のQRコードを読み取り、お会計金額を自分で入力して支払いをする方法と、自分のQRコードやバーコードを提示しての支払いのどちらかになります。

あくまでも体感ですが、お店の人に読み取ってもらう方が操作回数が少なく支払いが簡単です。

スキャン支払いコード支払いはアプリを開いてログイン後の画面右下からどちらかを選べます。

スキャン支払いの場合カメラの使用をオンにすることを求められるので、オンにしてください。

Yahoo!ウォレットとの連携が可能

Yahoo!ウォレットを使っている方は残っている残高をPayPayで使うことができます。電話番号や携帯電話登録時のようにSMSで4桁の数字での認証を行った後、Yahoo!ウォレット用のバーコードやQRコードが表示できるようになります。

連携しているともしPayPayに残高が残っていない場合はYahoo!マネーが残っていればそちらから引き落とされることになります。

支払い方法は3種類

10月6日現在の段階では支払い方法は3種類です。PayPayに残高をチャージするか、Yahoo!マネーと連携してYahoo!ウォレットの残高を使用するか、もしくはクレジットカードを追加して支払うかです。

どの方法も選べるので、好きな決済方法を選びましょう。

PayPay使用時に手数料はかかる?

PayPay使用に手数料は一切かかりません。クレジットカードを使うときに手数料がかかることはないように、PayPayも余計なお金はかからない仕組みになっています。

なので現金を使うときと同じような感じで使えます。

PayPayが使えるお店はどこ?加盟店は?

PayPayはどのお店で使えるのでしょうか。PayPayに加盟している使える店舗が多くないとせっかくPayPayを導入しても意味がありません。

まだ始まったばかりのサービスなのでまだまだ使えるお店は少ないのですが、今後増えてくるようです。

今のところ予定されているのが、飲食店ならば白木屋や魚民、笑笑や千年の宴、和民、福福屋、月の宴、くろ〇、月花、魚萬、めでた家、目利きの銀次、鳥メロ、kocoroya、山内農場、鶏のGeorge、魚銀、ホルモンおいで屋などです。

他にも整体・整骨院・リラクゼーション関係ならばグローバル治療院やてもみん、メガネを買いたいときならばメガネドラッグ、ドラッグストアならばくすりのハッピー、交通関係ならば第一交通産業株式会社、三和交通株式会社、ホテル関係ならばHOTEL MYSTAYSやMONTHLY RESI STAYS、ファッションならばOUTDOORやkoe、earth music ecologyなど既にたくさんの店舗が導入を決定しています。

また上記ツイッターのつぶやきにあったように、既に個人店舗で導入しているところもあります。その理由は店舗が導入しやすいシステムだからです。

PayPayは公式の告知によると店舗側で導入するための費用がかからないようなので、小さなお店でも気軽にPayPay加盟店になれることから使えるお店が増えてくるのではないかと予想されます。

利用者にも店舗にも手数料がかからない両者に優しいサービスです(今のところはなので今後は手数料がかかるようになるのかもしれませんが当分ないでしょう)。

今後使える店舗が増えるとアプリのインフォメーションから確認できるようなので、逐一確認してみてください。

他の限度額が高いオススメのクレカは!?

限度額が高いオススメのクレカを二つ紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカードってどんなカード?

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

Yahoo!JAPANカードってどんなカード?

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントカードが一体型になったクレジットカードなので、1枚のカードでクレジットカードとしてもTポイントカードとしても使うことのできる大変便利なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

ポイントも、クレジットカードのポイントとTポイントカードのポイントがダブルで貯まる点も大変魅力的です。
Yahoo!JAPANカードは、マスターカード、JCBカード、VISAカードが利用できるお店でポイントを貯めることができます。

バンドルカード

バンドルカードは審査も無く簡単に、今すぐ利用出来るカードです!

バンドルカード後払いで、現金化する方法を徹底解説

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.