解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ラブライブのサイトが乗っ取り!!アクセスするとウイルス感染する?詳細を徹底解説

投稿日:

2019年4月5日未明より、アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取り被害に遭い、ホームページへのアクセスを控えるよう公式Twitterが呼びかける事態になっています。

以下で、ラブライブ!乗っ取りの詳細やアクセスするとウイルス感染する?日本語が変?艦これに飛ばされる?ドメイン移管とは?乗っ取り犯は上野かほ?元に戻る?について徹底解説します。


ラブライブ!のサイトが乗っ取り!?

2019年4月5日未明より、アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取り被害に遭い、ホームページへのアクセスを控えるよう公式Twitterが呼びかける事態になっています。

5日午前に確認してみたところ、サイトトップには「ラブライブは我々が頂いた!」というメッセージが表示されていましたが、14時現在では同サイトのサーバーが落ちているのかアクセスできない状態です。

初めはエイプリルフールのネタかとも思いましたが、どうやら本当に公式サイトが乗っ取られているようです。

乗っ取り犯と思われる人物は「キュアメロディ好きのポケモントレーナー」を名乗り、アイカツ!の空耳英語「幅ないっすね(Have a nice day)」でサイト上に上げられた文面を締めるなど、多方面に影響を及ぼしかねない改ざんが行われています。

乗っ取りサイトから艦これに飛ばされる!?


アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」

同サイトを訪れたユーザーはアニメ「艦これ」のホームページに60秒後に飛ばされる仕様になっています

またサイト上の文面は度々変更されており、これまでも「このサイトは60秒でハイスクール・フリートに転送されます」や「このサイトは60秒で蒼き鋼のアルペジオに転送されます」と変わってきています。

しかしその間も実際にはアニメ艦これのサイトに飛ばされているようです。

アクセスしたらどうなる!?ウイルス感染!?

公式Twitterではサイトへのアクセスを控えるよう呼びかけていますが、実際にウイルス感染したという報告は見られません

アニメ艦これのサイトに飛ばされるという以外に何か仕掛けがあるわけではないようなのですが、あくまで今の所は被害がないというだけで、今後どうなるかはわかりません。

単なるいたずらの可能性が高いとはいえ、乗っ取られたサイトにはアクセスしないでおくのが得策です

乗っ取られたサイトの日本語が変!?

ここで乗っ取られたサイトの文面を見てみましょう。

我々がラブライブを入手する際、
手の込んだプログラミングを行なったり、
こっそりとデータを傍受したりする必要はなかった

我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった
元所有者はこれだけであっさりと、ラブライブを、我々へと移管してしまった

「我々の方法は〜」から続く部分など、確かに違和感を感じる文章ですね。

日本のサイトを標的として外国人が乗っ取りを行なっている可能性は十分にあるでしょう

例えばブラウザゲーム「艦これ」のサーバーは、海外から執拗に攻撃を受けていることは有名ですし、ラブライブ!のサイトも日本のドメインということで、ある意味狙われやすかったのかもしれません。

ドメイン移管で乗っ取られた!?

乗っ取られた原因について、ラブライブ!公式では調査中としています。

しかし今回ラブライブ!のサイトのドメイン(ネット上の住所にあたるもの)が乗っ取られていることから、ラブライブ!側の不注意が原因で乗っ取りが実現してしまった可能性があります

というのも、ドメインの管理会社に対して乗っ取り犯が移管申請を行い、元の所有者が申請を承認するか返答されないまま10日経つと移管申請が通ってしまうのです。

つまりラブライブ!側で移管申請を拒否していれば、乗っ取られることもなかったのではないかということになります。

どういった理由で移管申請が通ってしまったのかは明らかになっていませんが、違法とは言い切れないルールの穴を突いたやり方で乗っ取りが行われたことは間違いありません。

そしてネット上では、その犯人がすでに明らかになっているようです

乗っ取り犯は上野かほというアカウント!?


WHOIS検索

WHOIS検索で乗っ取られたドメインを調べてみると、登録者名は「上野かほ」となっており、過去にも同様の手法で乗っ取りを繰り返している同名のTwitterアカウントが発見されています

すでに過去のTweetは削除されていますが、移管申請をされたことがあるというユーザーも見つかっていることから、乗っ取り犯のアカウントであることは間違い無いようです。

ラブライブ!のドメインにも使われている「.jp」は、10日で自動的に移管申請が通ってしまうということに加え、「.com」などと違い移管の際に認証コードが必要ないためサイト管理者は注意が必要です。

上野かほ氏の最新のTweetで、「我々は現金の要求はしない」としていますが、であれば目的はただのイタズラなのでしょうか。

一部では何らかの理由で力のあるドメインが欲しかったのでは?とも言われており、「なぜラブライブ!を狙ったのか?」という質問に対して上野かほのTweetでは以下のように返信しています。

つまりもともと欲しいドメインがあって、そのドメインと交換するための玉として価値のあるドメインを移管オファーで手に入れているということのようです。

また本人は「移管オファーは合法」とも語っています。

ドメインが乗っ取られたら元に戻せる!?

.jpで終わるドメインの管理をしているJPRS(日本レジストリサービス)に認められれば、戻ってくる可能性はありそうです

ラブライブ!側もすでにドメインの管理会社に連絡を取っているはずですし、しばらくすればサイトも元に戻っているかもしれません。


ラブライブ!Official Web Site

ラブライブ!公式によると、サイトが復旧するまではプロジェクト立ち上げ当初のHP(http://www.sunrise-inc.co.jp/lovelive/)で更新していくとのことなので、進展が気になる方はそちらをチェックしておきましょう。

 

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.