解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Loppi(ロッピー)でエラー発生!チケットを発券できないエラーについて徹底解説

更新日:

今回は、Loppiでチケットを発券できないエラーについて徹底解説していきます。

Loppiはローソンにあるチケット等を発券するための機械ですが、12月10日以降チケット発券に関する不具合が起こっているようです。

Loppiにどのようなエラーが起こっているのか、下記で解説していきます。


Loppiで起こったエラーの詳細について

Loppi(ローソンのチケット発券機)は2月11日11時現在、チケットを発券できない重大なエラーに見舞われています。

昨日の12月10日の15時くらいからずっとこのエラーが継続しているのですが、いまだに修復していないような状況になっていて、多くの人がLoppiを使ってチケットを購入することができていません。

まずは、具体的な詳しい症状について解説していきます。

「予約番号が使用済みです」と表示される

普通、Loppiでチケットを発券したい場合、まずはチケットの予約番号を入力する必要がありますよね。

この予約番号に関してはチケットを予約した段階で「自分だけ」が使うことができる番号なので、本来なら他の人がその番号を使ってチケットを購入することはできない仕様になっています。

しかし、自分はチケット発券していないにも関わらず、「お客様の入力された予約番号は使用済みです。」といった一文が、Loppiに表示される症状が出ているようです。

なぜか予約番号が使われていることになっているので、当然、そこから先のレシート発行、レジでのチケット発券作業へ持ち込むことはできませんよね。

実質的にチケットを購入することができなくなっているので、コンサート等のチケットに当選した人は困惑しています。

混雑エラーが出てくる

Loppiを使って予約番号を入力できたとしても、「申し訳ございません。ただいま混み合っております」といった一文が表示されることがあります。

端的に言うと、混み過ぎていて機械がエラーを起こしているということですよね。

予約番号を入力した後、本来ならすぐにチケット発券に必要な申し込み券やレシート等が印刷されるのですが、混雑エラーのせいで申し込み券・レシートが印刷されないのです。

他にも、「メッセージコード999 9999」という数字が出て、お詫びの文章が出てくることもあります。

これも上記同様で、混雑中によるエラーが出たときのコードになります。

Loppiエラーの原因は?

今回起こったLoppiの主なエラーは「混雑エラー」なので、その名の通り「チケット発券の混雑」が原因であると思われます。

2月11日現在では、「BTS」「三代目 J SOUL BROTHERS」などのアーティストによるコンサートのチケット発券タイミングが重なっていることで、たくさんのアーティストのコンサート発券が入り混じった状態になっていました。

そのせいで、たくさんの人がLoppiでチケット発券を行おうとして、内部的に混雑エラーが出てしまったのではいでしょうか。

全国のローソン、ミニストップで発生中

例えばですが、BTSのコンサートチケットのみ発券できないのであれば、BTSのチケットを発券している会社側の不具合であることが推測されます。

しかし、今回の場合は全国のローソン・ミニストップで、ほぼ全部のチケット発券でエラーが出てきている傾向にありました。

そのせいで、Twitterでは多数の被害者が「当選できたのに入金ができない」などと悲鳴を挙げています。

Loppi内部でエラーが起きている証拠ですよね。

混雑しなくなったためか、現在では緩和

ただし、2月11日の11時現在では、多少エラーに関する被害者は減っています。

おそらく、時間が経過して混雑が解消されたからだと考えられていますが、Loppiでちゃんとチケットを発券できたユーザーにはある一定の傾向があることがわかりました。

それは「予約番号エラーが出ていないユーザーのみ発券できるようになっている」ということです。

つまり、「混雑エラー」「予約番号エラー」のうち「混雑エラー」が起きた人のみ解決していることになります。

そのため、最初に出てきたエラーが混雑中に関するエラーだった場合、いまからLoppiで発券しに行ったら発券できるかもしれません。

残念ながら予約番号エラーが出てしまった人はまだエラーが解消されていない状況なので、今はまだ待ったほうがいいのではないでしょうか。

どうやら、「予約番号使用解除(予約番号発行してから30分経過)の処理が正しく実行されていないようです。

Loppiエラーに対する対処法は?

Loppiでは2月10日15時~2月11日現在にかけてチケットが発券できないわけなので、約20時間もの間、Loppiがエラー解消のために対応していることになります。

ただし、Loppi公式サイトを見てもエラーが解除されたような状態ではありませんでした。

まだチケットを発券できないという人は、どのような対処法を取ればいいのでしょうか。

別のLoppiを使用するのはNG

よく「〇〇店のローソンで使えなかったから〇△点のローソンにあるLoppiを使おう」と言う人がいますが、今回にとってはこれは悪手です。

全国の全てのLoppiで同じようなエラーが出ているわけなので、どこのLoppiを使ったとしても同様のエラーが出てしまいます!

完全に無駄足になるだけなので、止めておきましょう。

基本的には「時間を置いてチャレンジ」する

Loppiが呼び掛けている対処法は「時間を置いて試してみてください」とのことでした。

混雑エラーが原因なので、確かに時間を置いて試してみたらすんなり混雑中から抜け出してチケットを発券できるようになる可能性は高いです。

そのため、時間に余裕があるのでしたら、一旦待ってチケットが発券できるようになるまで待ってみるのもいいかもしれません。

空いてそうな時間を狙う

混雑が原因でエラーが出ているのなら、自分で「混雑していないであろう時間」を狙って来店するのもひとつの手です。

例えば、万が一11日が終わったとしても直っていないのであれば、人が少なそうな深夜や早朝にかけてチケットを購入してみてください。

逆に、直っていた場合は大々的に直ったと告知された時が一番Loppiが混んでしまうタイミングなので、少し遅れてLoppiで処理を完了させるといいでしょう。

混雑エラー画面から戻らない

2月11日11時現在では、混雑中エラーに関してはある程度エラーが解消されている状況です。

そのため、万が一一回目の挑戦で混雑エラーが起こったとしても、しばらくその画面から離れずに「発券しますか?→はい」を何度も選択することで、いつか読み込んで発券してくれるかもしれません。

全体的に重たい、混雑しているというのであれば、一応インターネットには繋がっている状態ですので、どこかのタイミングでとしてくれるでしょう。

しかし、予約番号エラーに関してはそもそも問題が解決していないので、この方法は使えません。

店員に対応状況を共有しておく

ローソンの店員はLoppiに関する使用マニュアルを持っていますし、使い方がを教えてくれる場合が多いですが、エラーに関しては分からない場合が多いです。

情報共有しておくのは、オススメですが質問に関しては「Loppi」に問い合わせるようにしましょう。

ローソンの店員に直接「今どのような状況なのか」「どのくらいで復旧すると言われているのか」などを伝えておくと、他のお客さんも問題解決しやすいのでオススメです。

必ずしもローソン店員の言う通りに復旧が終わるとは限らないのですが、現場の声だということもあるので、他の選択肢よりは信用することができるのではないでしょうか。

万が一「復旧したら連絡をくれる」というのであれば、ローソンに電話番号を教えても構いません。

仕事中でどうしても手が離せずにインターネットを見る暇がなかったとしても、ローソンと思われる着信があったとすれば、エラーが解消している証拠ですよね。

こちらもローソン側に確認するようにしてください。

Loppi公式サイト(ローチケ)の情報も見ておく

時間的余裕があるのでしたら、Loppiの情報を調べるために「Loppi公式サイト(ローチケ)」から直接情報を取り寄せるといいでしょう。

今回のLoppiエラーに関して「混雑に関するお知らせ」も投稿されているので、「混雑が解消したお知らせ」も同様に投稿してくれるのではないでしょうか。

イベント側の公式ページも確認しておく

今回のLoppiに関するエラーは、チケットの入金先である「イベント側」にも共有されているでしょう。

Loppiを利用するチケットに関する全体的なエラーなので、Loppiでチケットを発券できるようにしているイベント側にも少なからず影響があるからです。

そのため、イベント側が「チケット発券の延期処置」を行ってくれている可能性は考えられるのではないでしょうか。

イベントの公式サイト等を確認してみてチケット発券・購入期間が延びたのであれば、急いで今日明日のうちにチケットを発券しなくてもいいことになるので、まずは公式サイトを確認してからチケットをいつ発券するか決めましょう。

直接問い合わせをしてもいいけど電話も繋がりにくい

もちろん、ローチケカスタマーセンターに直接電話してどういう状況か聞いてみるのもありです。

しかし、今回の大規模なエラーのせいで、カスタマーセンターすらも電話が繋がりにくくなっています。

おそらく大勢の人が一斉に電話で対応(もしくは苦情)を言っていることが原因なのでしょう。

問い合わせをするのも間違ってはいないのですが、おそらく「時間を置いて試してみてください」と言われるのがオチなので、あまりおすすめはしません。

クレジットカードで支払いした人に注意

インターネットを経由してクレジットカードで決済を済ませて、あとはLoppiで発券だけという人は、少し注意しておく必要があるかもしれません。

このままLoppiが解消されればいいのですが、万が一「チケット発券期間までLoppiが直らなかった場合」は、完全にお金を払って損した状況になりますよね。

例えば、「クレジットカード払いをしてそのまま放置していて、期限ぎりぎりの11日に発券しようとしてエラーに直撃した」という人もいるのではないでしょうか。

その場合でもLoppiの仕様上、「チケット予約番号」は「チケット申し込み券のみ発行」するために必要なパーツに過ぎないので、チケットそのものを発券したい場合はローソンやミニストップのレジを通す必要があります。

従って、まだチケットを発券したわけではないという情報もちゃんと残っているでしょう。

Loppi修復に間に合った場合なら、問題なくもう一度予約番号を入力してレシートと申し込み券を出せば事なきを得ることはできます。

ただし、万が一Loppi修復に間に合わず払い損してしまったということがないように、チケットの対象であるコンサート等の運営に「Loppiのエラーに巻き込まれた」と問い合わせをしたほうがいいかもしれません。

ドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」の見逃し配信をスマホで無料でも視聴する方法を徹底解説

-時事ニュース

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.