解説、アプリの使い方

SNSデイズ

メルカリで相手が利用制限で購入出来ない!どうすれば?詳細と対処法を徹底解説

投稿日:

かんたんに売り買いができるフリマアプリとして人気の「メルカリ」にはさまざまな禁止行為があります。
禁止行為をしてしまうと、メルカリを一定時間利用できなくなる可能性があり、最悪の場合はアカウントが凍結されてしまいます。

それでは、メルカリで利用制限になってしまう原因や、対処法について紹介していきます。


メリカリの利用制限とは

メルカリで利用制限をされてしまうと、出品・購入・コメント・いいねといった機能が利用できなくなります。禁止行為を行った詳細について、個別でメルカリ事務局からメッセージがきます。

また、利用制限には段階があり、2時間、3時間ほどで制限が解除される場合もあれば、1日以上、最悪の場合はアカウントの凍結といったこともあります。

悪質な禁止行為を繰り返せば、アカウントが凍結してしまう事になるので、注意が必要です。

メルカリでの「利用制限」の詳細や原因・対処法を徹底解説

相手が利用制限で購入出来ない!どうすれば?

自身が利用制限にならなくても、欲しいと思っていた商品を販売していた出品者が利用制限になってしまうことがあります。相手が利用制限になってしまうと、利用制限の時間が超過するまでは、商品を購入することはできません。

購入側も時間が過ぎるのを待つしかないということになります。

注意ポイント

ただ、すでに購入しているなら、メッセージのやり取りを行うことはできます。他の商品が購入できない状態でも、あなたとのメッセージのやり取りは可能なので、今まで通り対応するようにしましょう。

手続き済みの商品に対するメッセージは可能

利用制限になったとしても、すでに購入されている商品や売却済みの商品に対するメッセージのやり取りを行うことはできます。

利用制限後は、出品している商品は購入されることはありませんが、取引中の商品に関してはしっかりと対応するようにしましょう。

メルカリボックスも使用可能

メルカリの公式Q&Aであるメルカリボックスは使用することができます。メルカリボックスを使用するためには、ログインが必要になりますが、ログインも問題なく行うことができます。

利用制限をされてしまい、わからないことがあるなら、メルカリボックスで質問してみてもいいかもしれません。

アプニャン
メルカリボックスは、ユーザー同士が質問をしている場所です。
メルカリユーザーにとっては、疑問を解決する場所なので、なにかトラブルが発生したら確認してみましょう。

制限が永久だと売上金もなくなってしまう

禁止行為を繰り返し続けたり、悪質な行為をしてしまうと、アカウントが凍結されることがあります。

アカウントが凍結すると、ログインはできますが、購入・出品などはできず閲覧のみとなってしまいます。

そしてアカウントの凍結以上の強制退会だと売上金は全て没収されてしまいます。

出品している商品なども削除されてしまうので、メルカリを使い続けたい場合は、禁止行為に注意しながら利用するようにしましょう。

メルカリで利用制限になってしまう原因

メルカリで利用制限になってしまう原因は、禁止行為をしてしまった時と、禁止されている出品物を出品してしまったときです。
どちらも細かく設定されていますが、下記の方法で、アプリ内で確認することができます。

禁止行為と許可されている出品物の確認方法

1.マイページよりお問い合わせを選択

2.お問い合わせ項目を選択

3.禁止出品物・禁止行為についてを選択

4.出品可能な商品or禁止行為について確認したいを選択

禁止行為は気づかないうちに、行っている可能性があります。昔は問題なかった行為でも、今行うと禁止行為に当たる場合もあります。

注意ポイント

ただ、禁止行為を行ったとしても、悪質ではない、通報がないと判断された場合は、ペナルティがないこともあります。
今回は大丈夫でも、後々利用制限を受ける可能性もあるので、禁止行為は行わないようにしましょう。

出品者と購入者のトラブルから通報

そして、もう一つの利用制限になってしまう原因が出品者と購入者のトラブルです。

メルカリはネット上での取引なので、小さなことでもトラブルになりやすいです。一回のメッセージでも、返信が遅かったり、口調が荒いことで通報されることがあります。

通報が繰り返されると利用制限となってしまうこともあるので、注意が必要です。

注意ポイント

もし、自分が不適切な行為をされたときは、通報をするようにしましょう。
通報は、上記にある画像の右上にあるフラッグマークから報告することができます。

メルカリで利用制限の対処法

メルカリで利用制限をされてしまうと、メルカリの機能をほとんど使用することができなくなります。

原因に心当たりがあるなら、待つしかないと思えますが、納得いかない場合もあります。そんなときは、メルカリ事務局に問い合わせをしてみましょう。

アプリから問い合わせを行う

身に覚えのない理由で利用制限をされたなら、アプリからメルカリ事務局に問い合わせをしてみましょう。

1.マイページからお問い合わせを選択

2.お問い合わせ項目を選ぶを選択

3.アプリの使い方やその他を選択

3.その他を選択

上記の手順で、メルカリ事務局に問い合わせをすることができます。

制限解除を待つしかない

利用制限になってもできることはあります。問い合わせをしたり、メルカリボックスで質問をすることはできますが、どれも即座に利用制限が解決するわけではありません。

あなた自身に原因がなくても、定められた時間を待つしかないということです。

編集後記

メルカリは多くの人が利用している人気のアプリです。
大きなトラブルに発展しないためにも、禁止行為をしてしまった人に対する利用制限は必要なことです。

ただ、特に禁止行為をしていないのに、メルカリ事務局が勘違いして利用制限をしてしまうといったトラブルも発生しています。

利用制限を受けたら、基本的には待つしかないですが、アカウントの凍結がされた場合や、身に覚えがない時は、直接メルカリ事務局に問い合わせをしてみましょう。

メルカリでの「利用制限」の詳細や原因・対処法を徹底解説

 

-メルカリ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.