LINEpay「Amazon」で買い物しても20%還元なるの?Amazonギフト券は?詳細について徹底解説

LINEpay (ラインペイ)とは、お店での決済やネットショッピングの支払いに使ったりできる決済サービスです。

現在LINEpayでは、大型還元キャンペーン「Payトク」が開催されていて、そのキャンペーン内容に注目されています。

ここでは20%還元キャンペーンである「Payトク」がAmazonギフト券を買っても還元されるのかを調べてみました。


LINEpay 20%還元キャンペーンの詳細

LINEpay20%還元キャンペーン「Payトク」は、12月14日~12月31日まで開催されるキャッシュバックキャンペーンで、ローソン、ファミリーマートなどの身近なコンビニから、笑笑、白木屋などの居酒屋チェーン、さらにはさまざまな場所で利用できるZOZOTOWNなどのネットショップを対象にした大型キャンペーンです。

LINEpay20%還元はpaypay と比べてどのくらいお得!?なのか徹底比較してみた!

「Payトク」の他にも還元制度

LINEpayでは独自の還元制度が取り組まれていて、2018年6月1日から実施された「マイカラー制度」がそれになります。

マイカラー制度とは、LINEpayにカラーでランキングを付けて、持っているカラーによって還元率が決まる制度です。

カラーは「グリーン」「ブルー」「レッド」「ホワイト」とそれぞれに分けられ、グリーンがポイント還元率が最も一番高く、ホワイトの還元率が最も低いです。

LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度と送金の詳細ついて徹底解説

以下のお店や商品は対象外

対象外のお店

ウエルシア、ウエルシア薬局、ダックス、マルエドラッグ、ハッピー・ドラッグ、ハッピー調剤薬局、ドラッグ・オー、B.B.ON、サンドラッグ、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、ウォンツ、くすりのレディ、ココカラファイン、DrugTops、サンドラッグファーマシーズ、大賀薬局グループ、新星堂薬局、ゲンキー、トモズ、LINEほけん

「Payトク」公式ブログ

対象外の商品

お酒・タバコ・書籍などの一部商品

対象外の施設や店舗

役所・役場、神社仏閣、介護施設、処方箋が必要となる一部店舗

これらお店や施設、商品やサービスが対象外となっていますので、「Payトク」をご利用の際は必ず確認しましょう。

コンビニ決済でも20%還元大丈夫?

「Payトク」の公式ホームページによると、キャンペーン対象は「コード支払い」「オンラインでの支払い」「請求書支払(税金を除く)」これらがキャンペーンの対象とありました。

キャンペーン対象店舗やサービスによって支払方法はさまざまですが、キャンペーン詳細ページに「コンビニ決済」に関する記述がなかったことから、コンビニ決済における20%還元は、キャンペーン対象外であることが考えられます。

コンビニや居酒屋チェーンなどのリアル店舗ではQRコードなどを使った「コード支払い」を、ZOZOTOWNなどのネットショップなどでは「オンライン支払」を基本として、キャンペーンを利用しましょう。

LINEpayでアマギフ買うと20%還元なる!?

ここで気になるのが「LINEpayでアマギフ買うと20%還元」になるのか?ならないのか?です。

こちらも「Payトク」のホームページで調べてみたところ、Amazonに関する記述が一切なかったため、Amazonギフト券はキャンペーンの対象外であることが言えます。

しかしもともと、LINEpayでAmazonギフト券を購入すると、購入した金額の2%が還元されるので、キャンペーンは対象外ですが、引き続きLINEpayでAmazonギフト券を購入しても損をすることはありません。

つまり、Amazonギフト券はキャンペーン対象外ですが、20%還元対象外ですが、LINEポイントを使って今まで通りAmazonギフト券を購入することができるので、安心してご利用ください。

このようにLINEポイント/Payを使って、Amazonギフト券をいつでも購入できます。その他キャッシュバック情報の詳細は以下から!

Amazon Pay(アマゾンペイ)QRコードの詳細や使い方や対応店舗を徹底解説

編集後記

ここまでLINEpayが開催する「Payトク」の詳細について解説しました。

対象外の店舗やサービス、支払方法などがあるので、ご利用のさいは必ず事前に詳細を確認しましょう。

LINEpay20%還元はpaypay と比べてどのくらいお得!?なのか徹底比較してみた!

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.