LINEのミュートメッセージの詳細ややり方について徹底解説


LINEにミュートメッセージが登場し話題になっています。

今回はLINEのミュートメッセージの詳細ややり方について解説します。




LINEのアップデートでミュートメッセージ機能が登場

2022年7月下旬頃のLINEのアップデートでミュートメッセージの機能が試験的に実装されました。相手に通知をせずにメッセージを送ることができるこの機能に、「便利そうだ」という声や「どの場面で使用するのか」といった声が上がっています。

これまでに受け取る側がミュートにする機能はありましたが、送信する側がミュートを選択できることはLINE内以外でも目新しい機能になっています。

LINEのミュートメッセージの詳細

ミュートメッセージの詳細について解説します。

メッセージだけではなく画像やスタンプにも適用可能

テキストメッセージ以外にも、画像の送信やスタンプの送信も通知をせずに送ることが可能です。画像やスタンプをテキストメッセージとセットで送る場合は、通知が複数いくことになるため、ミュートにしてもいいのかもしれません。

Androidの場合は通知画面の表示が最新のものに更新されてしまうため、スタンプや画像を追加で送ると上書きされてしまいます。その際テキストメッセージの表示が消えてしまうことになりますが、画像やスタンプをミュートメッセージとして送ることでそれを防ぐことも可能です。

夜間の送信や連投になってしまう時に使うと便利

夜間にメッセージを送りたいときや、連投になってしまう時に相手に通知が行くことを懸念しがちですが、この機能を使用すれば相手の負担にならずにメッセージを送ることが可能です。

相手が仕事中である場合や、時差のある外国に住んでいる場合にも相手の都合を考慮せずにメッセージを送ることができます。

使用すると便利な場面

  • 夜間や深夜
  • 相手の仕事中
  • 時差がある場合
  • 連続でたくさん送る場合

ミュートメッセージの設定方法

この機能を使用するためには事前に設定でオンにする必要があります。

LINEのホームで右上の歯車のマークから設定を開きます。次のページで「LINE Labs」を選択します。

ミュートメッセージ」をオンにしたら設定完了です。これでメッセージやスタンプなどの送信時にミュートメッセージを選択することが可能になります。

ミュートメッセージの送信方法

メッセージの入力をしたら紙飛行機のマークの送信ボタンを長押しします。次のポップアップで「ミュートメッセージ」を選択したら完了です。

相手に通知が行くことなくメッセージを送信することが可能です。

スタンプのミュートでの送信方法

スタンプを選択した状態で紙飛行機の送信ボタンを長押しします。「ミュートメッセージ」を押せば通知なしでスタンプ意を送信することが可能です。

画像のミュートでの送信方法

画像を選択した状態で紙飛行機のマークの送信ボタンを長押しします。「ミュートメッセージ」を選択すれば完了です。

複数送る場合も同じ手順でまとめてミュートで送信することが可能です。

相手のポップアップには表示されないが通知バッジにはカウントされる

ポップアップ通知や音の通知はありませんが、相手が通知バッジを表示する設定にしていればその数に送信した分がプラスされます。

送った相手がLINEアイコンに通知バッジを表示する設定にしていない場合は、LINEを開くまで通知バッジもメッセージの通知も表示されず、何も受信していないかのような状態になります。LINEを開いた際のトークの通知バッジには通常と同じようにカウントして表示されます。

LINEのミュートメッセージの注意点

ミュートメッセージを使用する場合の注意点について解説します。

気づかれるまでに時間がかかる可能性

前述していますが、表示設定によっては通知バッジにも反映されず、LINEアプリを開くまでメッセージの有無を知る手段がない場合があります。LINEを開く習慣がない場合は、他の誰かからメッセージがくるまでLINEを開かない可能性も考えられます。

また、自身が送ってから他の人のメッセージが多数贈られた場合は、自身のメッセージが下の方に流れてしまい気づかれないといったケースも考えられます。

通知音を鳴らさずにメッセージを通知する設定があればいいのですが、2022年8月現在はそういった機能は実装されていないため、使用する際は相手のLINEを開く頻度を気にかける必要もあります。

トークを開くまで全文が読めないので人によっては不便に感じることも

人によっては、通知で内容を確認して返信内容を考えてから既読をつけるといった使い方をしている場合もあります。メッセージの長さや件数によってはトーク画面を開くまで内容がわからないため、内容がわからない状態で既読をつけるといったことに不便さを感じるケースも起こり得ます。

内容を確認してから返信するまでに時間差がある人の場合は、トークを開いて内容を確認し後で返そうと思っていても、未読バッジが消えているせいで返信を忘れてしまうケースも発生してしまいます。このように受け取り手が不便に感じるケースも考えられるため、普段使いにするには注意が必要です。

必ず読んでほしい内容であればミュートにしない方が吉

急ぎでなかったり、他愛もない会話の場合は便利に感じるミュートメッセージですが、必ず読んでほしい内容であった場合はミュートにしない方が確実です。メッセージに気づくまで時間がかかるケースや、メッセージに気づかない可能性も考えられすためです。

相手への通知が気になるようであれば、なるべくひとつのメッセージ内にまとめて通知の数を最小限にすると良いでしょう。

2022年LINEで父の日エフェクトが登場した詳細とキーワードと出ない場合の対処法を徹底解説

LINEで父の日エフェクトが実装されています。決められたワードをトークで打てば特殊エフェクトが出る仕組みは母の日やクリスマス・正月と変わりません。 どんなワードで父の日エフェクトが出るか、出ない場合の ...

続きを見る

 

-LINE
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.