初年度は3%の高還元「Visa LINE Payクレジットカード」の詳細、申し込み手順、気になるポイント還元率を徹底解説

期間限定でLINEポイント最大還元率「3%」の「Visa LINE Payクレジットカード」が注目されています。

今回は、カードの詳細、実際の申し込み手順と気になる還元率、併せてスタートした新しいポイントプログラムを含めて徹底解説します。


LINE Pay事前チャージ不要の「チャージ&ペイ」でもっと便利に

Visa LINE Payクレジットカード-三井住友VISAカード

「Visa LINE Payクレジットカード」は、2020年4月下旬にサービスをスタートした新しいクレジットカードです。

「VISA」加盟店であれば、どこでも利用できるクレジットカード。

LINE Pay

そして「LINE Pay」アカウントと連携させでることによって、これまで利用の度にチャージが必要だった行程を省略することができる「チャージ&ペイ」が利用可能になります。

ポイント

LINE Payアプリでのコード決済でチャージを行わなくても決済が可能になります。

LINE Pay上での利用と、VISA加盟店での利用分は「利用金額分」として合算され、当月末締め翌月26日に支払いになる「後払い方式」になります。

そのため、従来のように「決済をしたタイミングで残高が減る」という形式ではありません。

カードの詳細

「Visa LINE Payクレジットカード」の支払日や限度額等の詳細をご紹介します。

詳細

  • 国際ブランド
    →VISA
  • 申し込み対象
    →満18歳以上の方(高校生は不可)
  • 年会費(初年度無料)
    →1,375円(税込)【条件達成で翌年無料】
  • 家族カード年会費
    →1人目無料。以降は440円(税込)
  • 旅行傷害保険
    →なし
  • ショッピング補償
    →国内外で「リボ・分割(3回以上)」の利用に限る
  • ポイントサービス
    →LINEポイント
  • 支払日
    →月末締め翌月26日
  • タッチ決済
    →対応

年会費は1,375円(税込)となっていますが、カードを申し込んでから1年間は無料になっています。
年会費が掛からないため、ポイント還元でポイントが貯まりやすく、大変お得になっています。

利用枠

  • 総利用枠
    →10~80万円
  • カード利用枠(カードショッピング)
    →10~80万円
  • リボ払い・分割払い利用枠
    →0~80万円
  • キャッシング利用枠
    →0~50万円

上記の利用枠は、審査やカード利用状況に応じて変動します。

従来の「LINE Payカード」との違いは?

LINE Pay

「Visa LINE Payクレジットカード」登場以前に、「LINE Payカード」があります。

LINE Payカードとの違いを解説します。

カード種別プリペイドカード
年会費無料
国際ブランドJCB
審査なし
タッチ決済QUICPay+

「LINE Payカード」は、プリペイドカードのため、審査や年会費が掛かりません。
また、予めカードに利用額分をチャージする必要があるため、使い過ぎを防止するメリットがあります。

これに対して登場したのが「Visa LINE Payクレジットカード」になります。

期間限定!最大還元率「3%」のVisa LINE Payクレジットカード

基本還元率が「1%」ですが、2021年4月30日(金)の期間限定で還元率はボーナス2%が上乗せされて一律「3%」の還元になっています。

期間中、何度でも利用分に対して3%のLINEポイント還元が行われます。
クレジットカード、LINE Pay利用どちらにも還元が行われるようになっています。

注意

  • 「ショッピング」利用に限り還元。「キャッシング」利用などでは還元されないため、ご注意下さい
  • LINEPayとのポイント二重取り(3%+3%など)は使えません
【利用金額】【3%還元でもらえるポイント】
1,000円の利用30P(10P)
5,000円の利用150P(50P)
10,000円の利用300P(100P)
( )内は還元率1%の場合

上記表のように、3%還元でもらえるLINEポイントが多いというのが分かります。

期間終了以降は何%になるのか

期間終了後の還元は、「レギュラー」還元率の1%が基本になります。

現段階では判明していませんが、Visa LINE Payクレジットカードを対象としたお得なキャンペーンが2021年5月以降にスタートする予定になっているようです。

もしかすると、対象店舗利用で還元や優待などのキャンペーンが始まるかもしれません。

ポイント還元にはLINE Payアカウントが必要

利用分のポイント還元には、LINE Payアカウントと「LINE Payアプリ」上で「Visa LINE Payクレジットカード」の登録を行う必要があります。

LINE Payアカウントの作成方法や概要は、本サイトの関連記事にて詳しく解説しています。

クレジットカードを登録する際は、次の手順で行います。

「≡」タブ「設定アイコン」をタップして開きます。

「お支払い方法」に進みます。

【チャージ&ペイ】の「登録」をタップします。

「クレジットカードを登録」を開きます。

Visa LINE Payクレジットカードの情報を入力し、「カード登録」をタップすると連携が完了します。

年会費は初年度無料。2年目以降も条件達成で無料

初年度無料の年会費ですが、次の条件を達成すると翌年も1,375円(税込)が無料になります。

ポイント

年1回の利用で翌年の年会費が無料

2年目以降、最低でも1回の利用があれば無料になります。
例えば、コンビニ等で10円の駄菓子をカード払い利用でもカウントされるため、最低でも1年の間に利用しておくのがオススメです。

選べるカードデザイン

カードデザインは、2020年5月時点で【東京2020オリンピックエンブレムデザイン】の2種類。

2020年6月頃から【スタンダードデザイン】の4種類が追加予定です。

東京2020オリンピックエンブレムデザイン

2020年5月時点では、上記2種類のカードのみが選択可能になっています。

スタンダードデザイン

2020年6月頃に上記4種類のカードデザインが追加される予定です。

Visa LINE Payカード申し込み手順

Visa LINE Payカードの申し込み手順をご紹介します。

申し込み方法は、主に次の2つの方法があります。

申し込み方法

  • LINE Payアプリ
  • ブラウザアプリ

申し込みは「スマートフォン」のみです。タブレット・パソコン等からは申し込みできません。

LINE Payアプリから

「≡」タブ「設定アイコン」をタップして開きます。

「お支払い方法」に進みます。

【チャージ&ペイ】の「登録」をタップします。

「クレジットカードを申し込む」で申し込みページへ遷移します。(次の手順で申し込みを進めましょう)

申し込みページから

申し込みページアクセス後は、次の手順で申し込みを開始します。

 

Visa LINE Payクレジットカード-三井住友VISAカード

「今すぐ申し込む」をタップします。

会員規約に目を通し、「同意のうえ、入力画面に進む」をタップしましょう。

申し込みには、次の項目を入力します。

入力項目

【個人情報】

  • 氏名
  • 氏名フリガナ
  • ローマ字名
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅郵便番号
  • 現住所
  • 現住所フリガナ
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 世帯家族
  • 職業
  • 住まい

【支払い口座の指定】

  • 金融機関名
  • 支店・出張所名
  • 預金科目
  • 口座番号

【勤め先・収入に関する情報】

  • 勤務先名
  • 勤務先名フリガナ
  • 入社年月
  • 年収
  • 勤務先電話番号

【キャッシング・支払い】

  • キャッシングサービス
  • 借り入れ状況
  • 身分証明証

【カードについて】

  • 取引目的
  • 公人該当有無
  • 暗証番号
  • 追加カード・サービス

【その他】

  • カードデザイン
  • カード受け取り方法
  • ご利用明細書

金融機関を選択する際は、チェックボックスもしくは検索で選択をしましょう。

支店名は、最初の1文字目を入力して検索し、表示された支店名を選択してください。

1ページ目の入力が完了しましたら、「次へ進む」をタップしてください。

勤務先情報について入力していきましょう。

キャッシングの利用枠を選択できます。

2ページ目の入力が完了しましたら、「次のページへ」をタップしましょう。

希望するカードについて入力していきましょう。

暗証番号は、推測されやすいものは避けるようにして設定をしましょう。

カードデザインを選択します。

5月時点では2種類しか選択できませんが、6月頃よりスタンダードデザインを加えて選択できるようになるでしょう。

3ページ目の入力が完了しましたら、「次のページへ」をタップしましょう。

入力内容を確認します。
間違いが無ければ「この内容で送信する」をタップしましょう。

入力を訂正したい場合は、各セクションの「訂正する」をタップしましょう。

続いて支払い口座の設定に移行します。

支払い口座の設定


ネットバンキングをお持ちの場合は、「オンラインで口座設定を行う」をタップしましょう。

「同意する」をタップします。

選択した支払い口座の金融機関のネットバンキングページに遷移します。
金融機関によって画面が異なるため、画面指示に従いながら進みましょう。

みずほ銀行の場合、「みずほダイレクト」をタップします。

「お客様番号」を入力し、ログインします。

パスワード入力後「ログイン」をタップします。

「次へ」をタップします。

セキュリティ番号を入力し、「口座振替申込」で完了です。

自動的にページが遷移しない場合は、「収納企業のサイトへ戻る」をタップしてください。

「次のページへ」をタップします。

「次へ」をタップします。

チェックマークを入れて「次へ」をタップしましょう。

以上で申し込み手続きが完了しました。
審査結果はメールアドレス宛に送信されます。

2021年4月末までは「Visa LINE Pay」カードが断然お得!

2021年4月末までは、還元率が一律3%になります。

2020年5月1日から「LINEポイントプログラム」が開始しましたが、獲得ポイントに応じて4つのランク分けが行われ、ステータスに応じて還元率が変動します。
一律3%還元のVisa LINE Payクレジットカードが無条件で最高還元率のため、所持しておくことをオススメします。

新しいポイントシステムの概要は、本サイトの関連記事にて詳しく紹介しています。

LINE Payのクーポンを店頭に行かずに受け取る方法とQRコード読み取りができない場合の対処法を徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-LINE
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.