LINEのアップデートで着せ替え機能が不評?「三」のマークが見えない!対処法を徹底解説

今回は、LINEのアップデートが不評?着せ替え機能が使いづらくなった詳細と対処法を徹底解説していきます。

便利に利用できるため、LINEは頻繁にアップデートされていましたが、2019年7月31日のアップデートは「使いづらくなった!」という声が頻出していました。

特に「トークルームと着せ替え機能」に問題があるのですが、詳細と対処法を下記で解説していきます。


LINEのアップデートでトーク画面の着せ替えが使いづらくなった!

2019年7月31日にiPhone版とAndroid版のLINEにアップデートが実装されました。

LINEがアップデートされることは珍しくないのですが、今回は「LINEの一部機能が使いづらくなった改悪アップデート」と、多くのユーザーは言っています。

なぜ使いづらくなったのか、アプデの詳細や理由を見ていきましょう。

問題となっているLINEアップデートの詳細

今回特に問題となっているアップデート内容は、「トークルームのアップデート」です。

以前までは、トークルームを開いた場合赤枠のような三本線アイコンではなく、下方向の矢印が表示されていましたよね。

しかし、アップデートしてからは三本線アイコンに変更になりました。

三本線アイコンをタップすると、トークルームに関する設定をすることができます。

以前までは画面上に複数のポップアップがアイコン付きで表示されていましたが、今回のアップデートでアイコンがなくなり、文字列が並んだ表示に変わりました。

このページから通知設定やミュート、ブロック、投稿された画像を確認できるのは変わらないので、使い方ではなく「表示の一部が変わった」アップデートなのだと考えてください。

アプデで表示されるはずの三本線アイコンが表示されない!

上記のLINEアップデートですが、着せ替えによっては三本線アイコンが表示されない不具合が発生していました。

上記画像はアップデート後のLINEトーク画面の画像ですが、赤枠部分を見ると、確かに三本線アイコンは表示されていません。

実は、表示はされているのですがトークルームの画像(背景)が白であるせいで、三本線アイコンが表示されていないように見えるだけです。

例えば、LINEトークルームの着せ替えを上記のような白以外の物に変えた場合、ちゃんと三本線アイコンが表示されます。

このように、一部の着せ替え機能で三本線アイコンの表示ができなくなる色彩上の問題が発生していました。

着せ替えを変えればいいだけですが、今使っている白い背景の着せ替えにこだわりがある人にとっては、使いづらいことこの上ないでしょう。

設定のアイコンが表示されないせいでサンプルと違う表示になる

こちらの画像は、「着せ替えしたらLINEのトーク画面がこのようになりますよ」というサンプル画像です。

この着せ替えでは、LINEのトーク画面の背景着せ替えだけでなく、以前まで表示されていたアイコンもカスタマイズしてくれることがわかります。

今回のLINEアップデートでトーク画面の設定アイコンが全部撤廃されてしまったのですが、代わりにどう表示されるのでしょうか。

なんと、上記画像のようアイコンが一切ない状態で表示されてしまいます。

アイコンが撤廃されてしまったせいでサンプルのアイコンが表示できなくなり、着せ替えのスプリクトが反映されなくなったのでしょう。

LINEのアップデートのせいで、多くの着せ替えがこの着せ替えと同じような状態になっていました。

トークの着せ替えを楽しんでいる人にとっては致命的なアップデートですよね。

その他のLINEアップデート内容

今回のアップデートでは着せ替えとトーク画面に関係する問題が浮上していますが、他にも「使いづらくなった」という内容のアップデートは存在します。

LINEのアップデート内容は、以下の通りになります。

  • トークルームの名前が左寄せになる
  • トークルームの設定表示方法変更(上記の着せ替え不具合)
  • keep機能改善
  • LINEストーリーに投稿した画像を24時間経過しても見られる
  • トークメッセージをスワイプして返信できる

など

このうち、「トークメッセージをスワイプして返信できる」という機能も、大方不評です。

以前まではトーク画面をスワイプすることで「メモ」を開くことができたのですが、メモが開けず代わりに返信できるようにアップデートされていました。

そのため、LINEのトーク画面でメモを開いているユーザーには大方不評で、戻してほしいといった声が上がっています。

LINEのトーク画面と着せ替えを正常に表示させるための対処法

LINEのトーク画面と着せ替え機能が使いづらくなった問題は、どうやって対処できるのでしょうか。

アップデートされた内容なので「仕様変更」になります。

自力で対処することはできないかもしれませんが、いくらか使いやすくするために工夫して対処しましょう。

不具合でなく自力で対処できないので、運営が修正してくれるのを待つ

LINEのトークルームで着せ替えが使いづらくなった問題は、不具合ではありません。

LINEがアップデートによって仕様変更したので、ユーザーが何か特別な対処をして、アップデート内容を変更することはできませんよね。

そのため、基本的にLINE公式が修正アップデートを出してくれるまで待つしかありません。

修正アップデートが来なかったとしても、着せ替えに関するなんらかの仕様変更を行ってくれれば、着せ替えを使いやすくなります。

白い着せ替えを使わない

現時点では、LINEのトークルーム着せ替えに「白メインの着せ替え」を選択すると、設定画面がわかりづらいです。

そのため、設定画面を多く開くのであれば、白系の着せ替えは使わないほうがいいでしょう。

白でなくても、薄いパステルカラー等も三本線アイコンが見づらいので、LINEがなんらかの対応をしてくれるまでは、くっきりしたカラーの着せ替えを利用してください。

着せ替え購入の様子を見る

LINEのトーク画面仕様変更によって、LINEのトーク画面着せ替えの一部サンプル画像通りに表示されるとは限らなくなっています。

そのため、LINEの着せ替えを購入するのを待って、せめてサンプルが変更されるまで待ちましょう。

サンプル通りの表示を期待して着せ替えを購入したけど、LINEのトーク画面仕様変更のせいでサンプル通りに反映されなかったという人は非常に多いです。

着せ替えの場合は少なからずお金を払っていることになるので、損しないために少しだけ様子を見て購入してください。

PC版LINEを利用する

もし、iPhone版(Android版)のLINEを利用してどうしても違和感があるというなら、PC版LINEを利用するようにしてください。

PC版のLINEはiPhone版やAndroid版とは違って、着せ替えやトーク画面に関するアップデートは行われていません。

そのため、普段通り違和感なく利用することができるでしょう。

その代わり、PC版LINEはPC版LINEで「文字の大きさが変わるアップデート」が実施されているので、これも使いづらく感じる原因になるかもしれません。

PC版LINEの文字が小さくなった!?詳細と対処法を徹底解説

LINEをアップデートしない

今回のLINEアップデートは「強制アップデート」ではあるのですが、LINEのアップデートを自動にしていない場合は、アップデートせず使うことができたという人もいました。

そのため、もしアップデートしていないのであれば、しばらくLINEをアップデートせずに使って、修正アップデートが実装されたタイミングでアップデートするようにしてください。

ただし、LINEは「最新版の利用」を推奨しているので、アップデートしないせいでまた違った不具合が発生する恐れもあります。

【iPhone/Android】LINEで「既読」を付けずに読む方法を徹底解説

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.