LINE@が終了!LINE公式アカウントへの移行手順を徹底解説

2019年春から2020年1月13日(月)にかけて、LINE@をLINE公式アカウントへ移行する期間を設けています。今後、LINE@は廃止となります。LINE公式になるとどうなるのか、また、公式アカウントへの移行手順が気になる人もいるでしょう。

今回はLINE@からLINE公式への移行について詳細と移行手順を徹底解説します




LINE@の廃止

2020年2月29日(土)にLINE@が完全廃止となります。

今後はLINE@ではなく、LINE公式アカウントに統合され、一部の機能も変更となるようです。

LINE公式アカウントへ移行の理由

ポイント

LINE@・LINE公式アカウント・LINEビジネスコネクト・LINEカスタマーコネクトの統合

4つの機能を統合し、管理画面や既存の機能を改善、新機能の実施などを目的としています。また、料金の改定や、全国各地のパートナー企業の支援により、アカウント運用をより効率的にしています

LINE@は廃止となりますが、より良い機能になる、といった意味合いでの廃止となります。

LINE公式アカウントへ移行後の機能

 

LINE for-business

LINE公式アカウントへ移行すると具体的に何が変わるのかをご説明します。

フリープランライトプランスタンダードプラン
月額無料5,000円15,000円
メッセージ配信数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金追加不可5円/1通1.5∼3.0円/1通

プラン別で変わってくるのは上記の通りです。リープランではメッセージの追加購入が不可の為、ある程度継続する場合はライトプラン以上をおすすめします。

全プラン共通

  • 友だち属性表示/ターゲティングメッセージ
  • リッチメッセージ
  • リッチメニュー
  • リッチビデオメッセージ
  • 動画メッセージ
  • 音声メッセージ
  • クーポン機能
  • 1:1トーク
  • アカウントページ
  • LINE ショップカード
  • タイムライン投稿無制限

どのプランを利用していても、上記の機能を利用する事ができます。中には新機能や、有料だった機能もありますが、より使いやすいよう、無料プランでも利用可能となっています。

また、現在のプロ/プロ(API)プラン相当となるプランが値下げされています。

移行後に廃止となる機能

廃止機能

  • PRページ
  • アカウントページメニュー
  • ノベルティ発注
  • ポスター作成
  • リサーチページ

リサーチページについては一時的に利用できなくなりますが、2019年中には再開となる見込みです。

LINE@からLINE公式アカウントへの移行する手順

LINE@からそのままLINE公式アカウントへと移行する手順をご紹介します。

LINE@を開き、アカウントあてに移行を促すメッセージが来ているので、「新しいサービスに移動」をタップします。

確認画面に進むので、下の方にあるチェック項目にチェックをいれ、「サービス移行を開始」をタップした後、「OK」をタップすれば移行が完了となります。

LINE@から移行する際は、権限を求められることがあるので、必ず権限を持っている方が移行を行うようにしてください。

移行完了後は「LINE公式アカウント」アプリを利用してください。

LINE公式アカウントを開いたら、「LINEアプリでログイン」をタップし、権限をも求められるので「許可する」をタップします。

LINEに抗すると、LINE公式アカウントアプリを開くか問われるので、「確認」をタップし、「許可する」をタップして下さい。

連動が完了すると、LINE公式アカウントを開くか問われるので、「開く」をタップします。

チュートリアルに案内が出るので、必要であれば「チェック」を、必要なければ「スキップ」をタップしてください。チュートリアルを見たい場合は「設定」から見直す事もできます。

チュートリアルを全て見る、もしくはスキップすると移行処理が全て完了します。

無料プランを利用していた方は、移行後もフリープランのみとなります。

有料プランの方は、以降の際にプラン選択画面が挟まれるので、ご自身の利用したいプランを選択して進めて下さい。

LINE公式アカウント
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

チュートリアルの内容

チュートリアルで説明されるのは下記の通りです。

ここから公式アカウントのプロフィールを設定可能です。

自身のLINE公式アカウントを登録している方にメッセージを送れます。

メッセージではなく、タイムラインでの投稿が可能です。

友だちの数の推移や、メッセージによる効果を確認可能です。

クーポンやショップカードの作成が可能です。また友だちを増やすためのオプションも利用できます。

上記の機能を利用して、LINE公式アカウントの友だちを増やしましょう。

アカウント移行期間

 

手動移行期間~2019年1月13日(月)
強制移行期間2019年1月14日(火)∼2月28日(金)

アカウントの移行期間は上記の通りです。

強制移行期間については、詳しい移行日がわからないままの移行となってしまいます。

移行前移行後
フリープランフリープラン
ベーシックプランライトプラン
プロプランスタンダードプラン
プロ(API)プランスタンダードプラン

強制移行となる場合、上記のプランに変更となります。以前までは全てフリープランと記載されていましたが、変更されて、対応するプランへの強制移行となるようです。

また、2月分のLINE@料金も免除されないので、なるべく早めに移行する事をおすすめします。

LINE公式アカウントへ移行する際の注意点

アカウント移行の際はいくつか注意点があります。

注意ポイント

  • サービス移行開始後は取り消し不可
  • サービス移行完了後にLINE@へ戻す事は不可
  • 移行後はLINE公式アカウントの利用規約が適用される
  • サービス移行開始後は全てのユーザーがPC管理画面および、LINE@アプリを操作不能
  • サービス移行にはアカウントによって数十秒から数十分かかる
  • 強制移行をする際は事前通知なし
  • 移行の際はアカウントを絶対に削除しない
  • 青少年の保護育成上好ましくないアカウントの移行は不可

アカウントを移行する際は、上記の事に気をつけて行ってください。

特にサービス移行の際は、以降の取り消しや、操作が不能となるので、登録者に事前通知をしておくことをおすすめします。

また、今までLINE@を利用出来ていた業種でも、一部相応しくないと判断されたカテゴリーは、アカウントの移行や作成をすることができなくなっています

移行期間に関する注意事項

 

期間注意事項
2019年1月14日(火)∼2月28日(金)
  • 強制移行
  • プラン引継ぎ
  • 事前通知なし
  • いつ引き継いでも2月分の料金は発生
2019年11月8日(金)以降配信したメッセージの移行不可
2020年4月以降今までのQRコードが利用不能。再取得の必要あり

強制移行期間よりも前に、手動で移行する事をおすすめします。さらに、今まで送信したメッセージを同時移行できる期間も決まっておりますので、なるべく早めに移行しておきましょう。

QRコードの利用が不可となると、当然登録者が増える事が無いので、必ず新しいQRコードを取得してください

アプデ後、LINEのトーク履歴や友達リストが消える詳細と対処法を徹底解説!

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.