LINE交換は時代遅れで今はインスタ交換が主流になっている詳細について徹底解説

始めて知り合った人との連絡先交換といえばLINEと答える人と答える人よりも、他のサービスを上げるユーザーが増加しています。

今回は、LINE交換は時代遅れなのか、今の主流連絡先交換ツールを徹底解説していきます。


LINE交換は時代遅れ?今はインスタ?

現在、LINEに代わる連絡先交換のツールとして主流になってきているのがインスタです。インスタはフェイスブックやTwitterに比べるとまだ新しいSNSサービスとなるため、10代から20代の比較的若い世代のユーザーが多い傾向にあります。

最近ではインスタをマーケティングに利用する企業も増えているため、自分を知ってもらうためのアカウントを持っていることもあります。

ユーザーに合った機能が多く、使い勝手がいい

インスタは比較的新しめのSNSアプリということ、若年層のユーザーが多いことなどからアップデートが頻繁に行われています。特にインスタはユーザーの要望に細かく対応しようとサービスの改善が多数みられ、新機能の実装時もユーザー達の反応を見て迅速に改良や実装の取り下げを行っています。

TwitterやLINEでユーザーの要望からは遠いアップデートが増加している今、自分たちの使い勝手がいいように改良していくインスタに流れているユーザーもいるのです。

用途ごとにアカウント分けができる

LINEは、原則として1つの電話番号につき1アカウントまでしか登録できません。そのため、仕事や学校などの公的なアカウントとネット上の友達と繋がるためのプライベートなアカウントを分けるには2つの電話番号が必要になってしまい、コストがかかってしまいます。

また、自分の価値観や自分がどんな人間なのかを見てほしい時にはインスタを、日常的な投稿やちょっとした呟きにはインスタを、個人で話したい内容がある時にはLINEを使用するなど、用途に応じてアプリを使い分けているユーザーも増加しています。

特に自分の作品をモーメントとしてまとめるためにインスタを、製作経過やアイデアの投稿はツイート、活動者同士でのビジネス連絡はLINEと使い分けるユーザーが増加しています。

気軽に交換できる

インスタは、文字での投稿がメインのTwitterやチャットでのコミュニケーションがメインのLINEとは異なり、画像や動画を独り言感覚で投稿できます。ちょっとした内容でもシェアしやすいことからアカウントを教えることへのハードルが低めだと感じているユーザーが増加傾向にあります。

LINEは基本的には1対1で既読も付いてしまうので、会話の区切りが付くまで返信しなければならないという不便さがあります。しかしインスタであればDMを使用しなくてもコメントで気軽にコミュニケーションが取れるので、LINEよりも話しかけるきっかけが作りやすいのもハードルを下げる一因となっています。

親密度が上がればLINE交換に至ることもある

まずはインスタで連絡先を交換して自分にとって危険な存在とはならないか、投稿や検索で確認することができます。もし連絡先交換の相手が過去に問題を起こしていた場合、アカウント名で検索するだけで注意喚起の投稿が出てくる場合があります。

事前に把握しておくことで自分のLINEアカウントを教えても大丈夫か判断するワンクッションにもなるのです。

コメントやDMのやり取りで互いに親密な関係になれば、この人ならLINEアカウントを教えても大丈夫と判断されてLINE交換しませんか、とメッセージが来ることもあります。相手に敬意を示すことで相手が安心してLINE交換ができるよう、日々の言動には注意が必要です。

フォロワーが増えて投稿を見てくれる人が増える

LINEの場合、友だち追加をしたところでただ友だちが増えるだけなので特にメリットもありません。しかしインスタの場合は連絡先を交換する時点で互いに相互フォローとなります。そのため、インスタを連絡先として交換すればフォロワーが増え、自分の投稿をより多くの人に見てもらえる確率が高くなるのです。

逆にLINEは友だちが増えすぎるとトークを探すのが大変になったり端末の容量を圧迫する場合があるので、ゲームや加工アプリなど容量が大きめのアプリを使用する場面の多い若者世代にはインスタはより使い勝手が良くて重宝されるツールなのです。

LINEグループが全部退会しているようにメンバーなし(1)と表示されるエラーの原因と対処法を徹底解説

LINEグループを退会した場合「メンバーなし(1)」と表示されて、アイコンもデフォルトアイコンのままです。 エラーが出たせいで自分が所属しているLINEグループが全部メンバーなしと表示され、全部退会さ ...

続きを見る

LINEはもう時代遅れと言われる理由

スマホが普及して以降、メールや電話番号などの代わりに連絡先交換の手段として用いられていたLINEですが、現在はもうLINEは時代遅れと言われる、いわゆるLINE離れが加速しています。

LINEはもう時代遅れと言われる理由

  • 原則1つの電話番号で1アカウントなので、サブ垢が作りにくい
  • 連絡先を交換しても最初のスタンプのやり取りだけで終わることが多い
  • 一部の格安SIMでは年齢確認による一部の機能が使いにくい
  • 連携サービスが増えすぎて逆に使いづらい
  • アップデート後の仕様で勝手に同意したことになっている個人情報設定がある

様々な年齢層に普及して職場での連絡や子どものクラスLINEなど、使用するシチュエーションは多いものの、リリースから4年以上たった今度重なるアップデートやLINE内サービスの追加により逆に使いにくくなってしまったという声が増加しています。

メールや電話番号からLINEへと移行した際は、電話番号という気軽に変えることができない個人情報や、メールアドレスの晒し、悪用といったものが多かったですが、LINEも同様にアカウントの乗っ取りやアカウントを気軽に作り直せない不便さを理由に挙げる人が増加傾向にあります。

LINE交換がタブー視されやすい世代も

Z世代、ミレニアル世代と呼ばれている10代から30代までのユーザーの間では、むしろLINEも電話番号やメールアドレスと同じくらい大切な個人情報と認識しています。

また、ネット上の友人や初めて会ったばかりの人など、よく知らない相手に貴重な個人情報であるLINEアカウントを教えることに対して抵抗感があるユーザーや、ひとまず他のSNSでの投稿を見て相手がどんな人なのか確認してからLINEアカウントを教えたいと考えるユーザーもいるのです。

これはLINE上でのトラブルを防止するための自衛策の1つであり、ネットが普及している世代だからこその警戒心の表れでもあります。LINEにもTwitterやインスタなどど同様にストーリーと呼ばれる投稿機能がありますが、LINEのストーリーを使用するユーザーが少ない傾向にあります。

そのため、結局LINE以外のSNSツールの投稿を相手の情報を探るしかないのです。

LINEグループが全部退会しているようにメンバーなし(1)と表示されるエラーの原因と対処法を徹底解説

LINEグループを退会した場合「メンバーなし(1)」と表示されて、アイコンもデフォルトアイコンのままです。 エラーが出たせいで自分が所属しているLINEグループが全部メンバーなしと表示され、全部退会さ ...

続きを見る

 

-LINE
-, , , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.