解説、アプリの使い方

SNSデイズ

iPhoneXが勝手に動く不具合が発見!原因と対処法や保証について徹底解説

投稿日:

2018年11月11日現在、iPhoneXが触ってもいないのに勝手に動くという謎の不具合が確認されています。一体どういうことなのでしょうか。

もしかしたらテクノロジーが発達しすぎてiPhoneXのみ霊感を伴うようになってしまったのでしょうか。iPhoneXの新しい不具合の原因は何なのか、また不具合が発生したとして対処法はあるのか?について調べてみました。詳細について徹底解説していきます。


iPhoneXが勝手に動く?新たに発見された不具合とは

以前はiOS12.1の不具合が発見されたと話題になっていましたが、iPhoneXにも不具合が発見されました。不具合の内容はとても怖いもので、触ってもないのに勝手に動くというものです。

勝手に動くだなんて、どこかから遠隔で操作されているのかとか、本当に霊が取り憑いているんじゃないかとか色々不安になってしまいます。Wi-Fiを使用していないモバイルユーザーの方だと勝手に課金してしまったり、動画やアプリをダウンロードしてすぐに通信制限がかかってしまうんじゃないかとか、考えると夜も眠れなくなってしまいます。

iPhoneXが勝手に動く現象でネットはざわついています。一体なぜiPhoneXが勝手に動く現象が発生するのでしょうか。

決して霊やハッキングが原因ではありません。きちんと理由があるので理由を知った上で適切に対処してください。

ディスプレイモジュールのコンポーネントに故障可能性を発見

iPhoneXの新たな不具合に関しては、Appleが公式に問題を提起しています。ディスプレイモジュールのコンポーネントに故障可能性があり、iPhoneXにタッチしたときにディスプレイにタッチしても反応しなかったり、逆にタッチしていないのに勝手に動くという現象が確認されています。

ディスプレイモジュールのコンポーネントとかいわれても難しくて何のことかよく分からないと思うので少し掘り下げて解説しますと、ディスプレイとは画面のことで、モジュールというのは部品のことです。

コンポーネントも部品のことなので、意味としては画面を出力するために必要な部品に故障が発見されました、くらいに捉えておきましょう。

iPhoneXが勝手に動く不具合の対処法

iPhoneXが勝手に動く不具合に関してはユーザーができることはなく、修理が必要になります。

ただ、ご安心ください。Appleではディスプレイモジュールのコンポーネントの故障が明らかな場合、無料で修理をしてもらえます。

修理手続きはAppleの公式サイトからタッチの問題に対する iPhone X ディスプレイモジュール交換プログラムにジャンプし、Appleの正規サービスプロバイダや直営店に直接連絡を取ることで、iPhoneXの不具合の調査をしてもらえます。

調査の結果、不具合が見つかれば無料で修理が受けられるようになっています。

修理に出す前の注意点

iPhoneを修理に出すときは、必ず事前にバックアップを取っておきましょう。スマホは今やほとんどのユーザーにとって生活に欠かせないものであり、データの一部でも消えてしまうとかなり不便になってしまうからです。

バックアップはiCloudかiTunesを利用して行えますが、iTunesの場合パソコンが必要になるので、iCloudの利用をおすすめします。

 

設定→一番上にあるユーザー名をタップし、iCloudをタップします。

次にiCloudをバックアップをタップし、オンにした後、今すぐバックアップを作成をタップします。バックアップの手続きはそれだけなので、とても簡単に行うことができます。

バックアップは必ずWi-Fi環境で

バックアップをするということは、iPhoneのデータをクラウド上に全て送るということなので、通信量はかなり大きなものになります。モバイル環境で行うとすぐに毎月のデータ量上限に達してしまい、かなり危険なのでWi-Fi環境でしか行えないようになっています。

直営店などであればWi-Fiが飛んでいるので事前にバックアップが完了させられます。お店に持っていくのではない場合も、Wi-Fi環境でバックアップを完了させた後修理を行ってください。

 

-iPhone

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.