iOS16で縦画面スクショと録画ができない問題の詳細と対処法を徹底解説

iOS16にアップデートされて以降、一部の本来横画面のままのアプリで縦画面スクショ・録画ができなくなる問題が発生しています。

横画面アプリでもアプリの仕様を突いて縦画面にする方法は一部横画面アプリで出回っていましたが、軒並み活用できなくなっています。iOS16で縦画面スクショや録画ができない問題の詳細と対処法を紹介していきます。


iOS16にすると縦画面スクショと録画ができなくなる

iOS16にアップデートして以降、縦画面のスクショと録画ができなくなっていると話題になっています。

iOS16側が「アプリ側が意図していないタイミングで縦画面になる問題を修正した」もしくは「縦画面に切り替わる仕様のエラー」のどちらかだと考えられてます。

本来横画面で縦スクショする裏技があるアプリで縦スクショできない

縦画面スクショができない問題に関してですが、「通常の縦画面のスクショ」は普通に行えます。

スマホの向きが固定されるアプリを使っていない場合、もしくは最初から縦画面のアプリのスクショを撮影する際、画面を縦向きにしてスマホを操作してスクショすれば、自動的に縦画面スクショが作成されるのは今までと変わっていません。

変更もしくはエラーの対象となったのは、「本来横画面アプリで仕様の一部で一時的に縦画面になるアプリの縦画面スクショ」ができなくなりました。

該当アプリは「Sky」「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」「FF14」等があります。いずれのアプリも基本横画面ですが一部操作で一時的に縦画面に変更され、この状態でスクショを撮影できていました。

縦画面スクショができないまでの流れについて

横画面固定アプリで一部操作で縦画面に切り替わっていたアプリのうち「Sky」で主に縦画面スクショが撮れない問題が発生していたため、Skyを例に出して症状について紹介していきます。

Skyでは「アプリの機能で録画した動画を共有アルバムに入れる際に一瞬縦画面になる操作」があります。Skyで縦画面スクショを撮影・アップしているユーザーの大半はこの方法にて縦画面スクショを撮影しています。

前提として「端末の画面固定」をオフにしてスマホの向きに応じて画面が切り替わるように設定しておきます。Skyのホーム画面から右下をタップするとビデオとカメラのアイコンが出てくるので、このうちビデオをタップします。

ビデオの撮影はほんの少しの時間だけでいいので、1秒ほど経過したら撮影停止ボタンをタップしてください。

撮影した動画を保存・シェアする項目が横画面のまま表示されます。

このうち「共有アルバムに追加」を選択します。

Skyが横画面だったのに縦画面に切り替わった状態で共有アルバムの名前を付けて投稿する画面が表示されます。

この際、録画は保存する必要はないので「キャンセル」をタップすれば、縦画面のままゲームを進められるようになっていたのがiOS16より前のバージョンです。縦画面になったままスクショを撮影できましたが、横画面に切り替えたりキャラを動かす際に画面が傾いた場合は横画面に再び戻されます。

iOS16にした場合縦画面のまま固定されず、上記の通りキャンセルを押したとしてもひとつ前の「共有アルバムに追加」の項目に横画面の状態で戻されます。

iOS16が画面固定機能を修正したと考えられる

iOS16がリリースされて以降多くのアプリでiOS16に対応するためのアップデートが行われていますが、横画面固定アプリのうち縦画面スクショを撮影できていたアプリも例外ではありません。

iOS15なら縦画面に切り替えられていたのにiOS16になって急に切り替えができなくなっていたため、原因はiOS16のアップデートそのものかアプリの修正項目にあると考えるのが妥当です。

元々、横画面固定アプリで縦画面にできる問題は仕様の裏を突いた裏技のような扱いのケースが多かったため、この問題を解決するのもiOS16のアップデートもしくはアプリ側が画面固定に関する修正を行ったと考えられます。不意な画面切り替わりがなくなったのと同時に一部アプリで縦画面スクショが撮影できなくなったこともあり得ます。

かなり多くのユーザーが一部アプリで縦画面スクショを撮れないまま

iOS16にして一部アプリで縦画面スクショ・録画ができなくなった問題の発生率は非常に高いです。

多くのユーザーが声を上げていて、逆に「iOS16にしたけど普通に撮影できた」という声は少ないです。対処法をリプライで紹介しているユーザーもiOS16へのアップデートは行っていない(まだ縦画面スクショ・録画ができる)状態でした。

iOS16へアップデートすれば誰しもが発生することが考えられるエラーで、ゲーム進行に支障はないものの縦画面スクショを重視している人は注意しておきたいです。

録画に関しては他のエラーも発生中

縦画面スクショが撮れない際にSkyの場合は録画の手順を踏むことになりますが、録画自体は元々横画面にて録画されたものを保存する場合は保存されるため、縦画面スクショと連動してエラーが発生しているとは限りません。

ただ、縦画面スクショと一緒にいつも録画操作をしているため同じ扱いを受けて縦画面で録画できないとの噂が広まっています。

録画に関するエラー

  • 画面録画のボタンをタップできない
  • 画面録画が途中で途切れる
  • 画面録画の動画が保存されない・保存に失敗する

iOS16の新機能の詳細と不具合まとめを徹底解説

iOS16にすると縦画面のスクショと録画ができない対処法

iOS16にすると縦画面のスクショと録画が一部アプリにて行えない問題の対処法を紹介していきます。

エラーではない場合もあるので仕様変更されるのを待つのが筋

iOS16にして以降に一部アプリで縦画面スクショ・録画ができない問題は、そもそもエラーであるかすら定かではありません。

仮にエラーではなくアプリもしくはiOS16の修正アップデートの一環だった場合、「意図しないタイミングで画面の縦横が切り替わることはなくなった」と運営が判断して、縦画面スクショは取れないままということもあり得ます。

エラーだとしたら間違いなく修正は行われますが、エラーではない場合は修正よりも仕様変更で前みたいに縦画面スクショが取れるようなアップデートが来るのを待つのが安全です。

縦画面切り替わり時に何回か画面を縦横に動かす

本来横画面固定のアプリで一時的に縦画面に切り替わる仕様を突いた操作を行った瞬間の画面にて、そのまま縦画面に固定するのではなく横画面→縦画面→横画面と画面を傾けるのを繰り返したのち固定してみてください。

縦画面になった瞬間の上記画面の状態で、縦のまま操作を終わらせずに一旦横にしたりまた縦にしたりして、頃合いを見てから「キャンセル」を押して縦画面のままになっているかを確認します。

確実に対処できる方法ではありませんが、画面固定機能を一度に多く処理をさせることで一時的なエラーを狙い、アプリ内の画面固定が効かなくなる場合は実際にあります。

端末の画面固定をオフにする

端末の画面固定がオフになっているかも確認しておきたいです。

スマホのコントロールセンターを開いて、赤枠の画面固定アイコンがオフになっているかをチェックします。オンになっていた場合は画面が固定されてスマホを横(縦)にしたとしても意図した方向へと切り替わりません。

オフになっていてなおかつアプリ内の画面固定が切れるタイミングで操作を行った場合、普段使っている画面とは違う向きにできます。

縦画面スクショにこだわる人はiOS16にしない方がいい

もし、縦画面スクショをこれからも行う予定がある場合は、iOS16へのアップデートは控えるのが賢明です。

現時点では特にSkyで今までは縦画面スクショが取れていたのにiOS16にして撮れなくなったケースが目立って報告されていますが、他の横画面固定で一時的に縦画面スクショが取れる場合があるアプリでも同様の症状が出る場合も考えられます。

iOS16の新機能の詳細と不具合まとめを徹底解説

2022年9月8日にiOS16がAppleから発表されましたが、新実装される機能がかなり多くユーザーからの期待を集めていました。 iOS16の詳細と不具合・エラーのまとめを紹介していきます。 コンテン ...

続きを見る

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.