iOS16でロック画面の鍵が小さくなった詳細と対処法を徹底解説

iOS16で多くの機能が追加されましたが、その中でもロック画面は多くのユーザーが活用しています。自分が編集・作成したロック画面および壁紙に表示される「ロック画面の鍵アイコン」が小さくなっていたことも話題になっています。

時計フォントやウィジェット追加の影響であると判断できます。iOS16のロック画面の鍵アイコンが小さくなった問題と小さくなった理由を紹介していきます。


iOS16でロック画面の鍵が小さくなった

iOS16でロック画面の鍵アイコンが明らかに小さくなっているのがアップデートされて早々発見されています。

上記画像もiOS16のロック画面で、時計フォントが大きくなっているのも相まって余計に小さく表示されているように見えます。

iOS16と以前バージョンのロック画面の鍵の比較

iOS16と以前バージョンの比較が上記の通りです。

左側画像がiOS16のロック画面で、時計フォントが大きく太くなっていて、それに圧迫されるように画面上部に小さく表示されています。

右側画像がiOS15のロック画面で、時計フォントが小さく細い代わりに画面上部に鍵アイコンが大きいままです。ただし、iPhoneの一部機種やiPadの場合は元々小さく表示されていた場合があります。

鍵が開錠された状態も早く消えるようになる

スマホを操作できる状態でロック画面を開く(ロック画面や壁紙の編集をする際の最初のページです)際に画面上部を下へスライドすると、ロック画面に鍵アイコンがなくなっているのが確認できます。

以前までは鍵が開錠されたアイコンが表示されている場合がありましたが、iOS16になってから見られなくなりました。

鍵の開錠アイコンがなくなったわけではなく「消えるのが早くなった」という認識で、ロック画面を解除してホーム画面に移行してすぐにロック画面を下スライドで開くと、開錠アイコンがまだ表示されていて、なおかつすぐに消えます。

アイコン変更も現状では対応していない

iOS16の機能にロック画面の鍵アイコン変更の機能は備わっていません。以前までのiOSでも同じでしたが、特殊壁紙を作っているサイトにて壁紙をダウンロードすれば、鍵アイコンからiPhoneのリンゴやおばけ等のアイコンに変更できていました。

この壁紙もiOS15以前の大きな鍵アイコンの場合に対応されていて、iOS16にした状態で活用しても変化するアイコンの大きさが合っていない関係で壁紙が反映されていません。

また、iOS16になって動く壁紙(ライブ壁紙)が対応されなくなったこと・壁紙に以前まで設定できていた「視差」の機能が消えたことも現状のiOS16で鍵アイコンを変更するのが難しい部分です。

鍵アイコンと時計フォントの色が同じなので鍵アイコンの部分だけピンポイントで時計フォントと同じ色にできればアイコンを消したり大きなアイコンに被せることはできます。ただし、その下に時計フォントがあり同色で時計が見えなくなるリスクや壁紙サイズ調整の難易度から現実的ではありません。

iOS16でロック画面の鍵が小さくなったのはなぜか

iOS16でロック画面の鍵が小さくなったのはなぜかを考察していきます。

理由①時計フォントが太く大きくなったから

再度、時計フォント部分のロック画面の違い(iOS16と以前のバージョン)を見ていきますが、赤枠の部分を見比べると「時計フォントの上の余裕なスペース」に大きな違いがあるのがわかります。

時計フォントが太く大きくなった影響で鍵アイコンをそのままで設置できなくなったのが、鍵アイコンがiOS16で小さくなった一番の理由だと推測できます。

時計フォントを従来よりも下に設置する対策もとれたはずですが、時計の位置が今までと違った場合、鍵アイコンが小さくなった問題よりさらにユーザーから不満が来る場合も考えられます。鍵アイコンと時計の位置変更で鍵アイコンの大きさを犠牲にしたとも言えます。

理由②従来の大きさだとウィジェットの部分と被って邪魔だったから

iOS16になって以降、ウィジェットを2部分追加できるようになっています。下のウィジェットに時計やカレンダーを設置し、上のウィジェットはデフォルトで日付と曜日が表示されます。

鍵アイコンが大きいままだと上ウィジェットの実装が難しかったため、さらに上に鍵アイコンを表示させるために圧迫された場所に収まるサイズに変更された場合があります。

理由③コンパクトにして壁紙をより強調させたかった場合あり

鍵アイコンをコンパクトにするメリットとしては、鍵アイコンが目立たなくなり壁紙部分をさらに強調できるようになったことです。

ただし、強調できるとはいえ大抵は目に入るだけで特に気にする人は少ない画面上部で、壁紙の仕様上真ん中にメインとなるものを持ってくる場合が多いため、鍵アイコンのせいで映したいものが表示できないケースは稀です。

あまりユーザーが気にしない部分であるのを考えると、画面映えを狙ったから鍵アイコンを小さくした説はやや信ぴょう性が少ないと考えられます。

ロック画面の鍵は今後元の大きさに戻るのか

上記の考察からロック画面の鍵が今後元に戻るかと考えるのはやや難しいと判断できます。

ロック画面のカスタマイズはiOS16のメイン機能のようなもので、ロック画面の時計フォントへの不評はあるにせよ、すぐにアップデートして大きさを修正するとは考えづらいです。万が一時計フォントが細くなって上部にスペースができたとしても、鍵アイコンも釣られて大きくなるとは限りません。

また、鍵アイコンが小さかったとしてもiOS16でiPhoneを活用するには特に支障はないため、他の不具合やエラーの解消の方が運営開発側から見ても優先度は高いと考えられます。詳しくは下記を参考にしてください。

iOS16の新機能の詳細と不具合まとめを徹底解説

iOS16でロック画面の時計のフォントの戻し方を徹底解説

iOS16になって時計フォントの大きさを変えることができるようになりましたが、iOS15のフォントの方が見やすいという意見も多く見られます。 人によってフォントの好みはありますが、編集によってはiOS ...

続きを見る

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.