2020年型iPhoneSE!!気になる性能と詳細、価格、ラインナップを徹底解説

iPhoneSE(2020年型)が発売されて話題になっています。

今回は、iPhoneSE(2020年型)の詳細について徹底解説していきます。


iPhone SE(2020年型)が待ち望まれた

Apple

多くのユーザーが待ち望んでいたモデルがiPhone SE(2020年型)です。安価でながらも高性能。そして片手で操作ができると評判です。

廉価版iPhoneを発売する動機としては、近年のiPhone発売不振から来るものだと考えられます。

近年のiPhoneは年々価格が上昇する傾向があり、ユーザー側も機種買い替えを躊躇ってしまいがちになってしましました。
iPhone離れの歯止めとしてiPhone SEシリーズを再び出すのではないかと予想されています。

iPhone XRが発売不振

今年初めに、Appleの「iPhone XRの売り上げが不振による売上高を下方修正」という衝撃的なニュースが飛び込んできました。

スマホの在り方を大きく変えたiPhoneが下降し始めたということに世界中に衝撃が走りました。

ミドルレンジモデルであるiPhone XRは、高性能を必要としない一般ユーザー向けに用意されたモデルですが、それですら販売が滞りを見せてしまうほどになってしまいました。

考えられる要因は様々ですが、主に以下の3つのポイントが発売不振になってしまった原因と考えられます。

発売不振になった3つのポイント

・中堅クラスなのに高価

・サイズが大きすぎる

・デザイン

発売当初、最低価格が10万円~ではユーザーも手が出しにくかったのも仕方がないと思います。特に消費が冷え込んでいる日本では尚更です。

そしてホームボタンが撤去されたことにより、大きな画面に。画面の大きさが変化するにつれて端末のサイズ自体も大きくなってしまいました。
日本人の手の大きさには合わないサイズになっていったのが少し残念です。片手で使いやすかったサイズが人によっては良かったと思うかもしれません。

最後に「デザイン」について。カラーリングが少し安っぽいかなという印象が目立ちます。
また、ホームボタンが無くなってしまったことによるAppleらしさが損なわれてしまったことです。

Android端末っぽくなってしまったのもiPhone離れに繋がってしまったのではないかと思い知らされます。かつてのAppleらしさが消えてしまったのは惜しいです。

発売はいつなのか

以下が新型iPhoneSE(2020年型)の発売時期です。

発売時期

  • 発表:2020年4月15日
  • 発売:2020年5月11日

iPhone SE(2020年型)スペック

デザイン

Apple

色は黒、白、赤の3種類

サイズと重量

本体のボタンとコネクタ

ディスプレイ

ディスプレイは4.7インチでiPhone11より小さめ。スペックは以下の通りです。

ディスプレイ

  • Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
  • 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
  • 1,400:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ
  • 最大輝度625ニト(標準)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 拡大表示
  • 簡易アクセス

その他スペックに付いてはコチラで確認することができます。

気になる価格は

 

Docomo

あくまでも一例ですが、各スペックの値段は上記の通りになっています。

上記はDocomoの契約終了時にスマホを返却するプランなので、最安値に近い値段になっています。

【2019】iPhone SE(2020年型)のリーク情報!Apple発表会や発売日、詳細を徹底解説

iPhoneの購入・予約にオススメのサイトは?

iphoneなどの購入は、auonlineshopがオススメです。

パソコンやスマホから簡単に手続きでき、24時間受付。自宅でも店頭でも受け取ることが可能です。

店頭で手続きの待ち時間もありませんし、長々と書類を確認する手間もありません。

特にiphoneは在庫の都合で、手続きをしたタイミングによって手に入れられる時期が変わったりします。

ネットで時間を掛けずに手続きができるのは、大きな利点と言えるでしょう。

内容確認もネットで簡単にできますし、もしもの場合はキャンセルも容易にできてしまいます。

さらに、ショップでは、店ごとに決められた頭金や有料オプションがある場合もあります。

人気のiphoneの購入だと、頭金が1万円を超えることも珍しくありません。

auonlineshopであれば頭金や有料オプションが掛かる心配はありませんし、欲しくもないオプションの営業をされることもありません。

更に、今ならauonlineshopでは限定割引も用意されています。

  • 自宅受け取りにすれば最大で3240円割引
  • iphoneXRを購入の場合、機種代が最大で21600円割引
  • 99人に1人、抽選で9999円キャッシュバック

他にもオンライン限定で、様々なお得なキャンペーンが用意されています。

auオンラインショップのメリット

  • スマホやパソコンで手続きが楽々
  • 店頭で待ち時間や書類などの手続きが無い
  • 店ごとが決められる頭金や有料オプションが無い
  • 不必要なオプションの営業をされる心配がない
  • 契約内容の確認やキャンセルも簡単
  • online限定の様々なキャンペーンがある

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップには様々なメリットがあります。まずは、事務手数料が無料であること。

↑上記から詳細確認・予約出来ます

スマホやタブレットの新規購入や機種変更時には、店頭では2000~3000円程度の手数料が掛かります。

ドコモオンラインショップなら、これが一律無料に設定されています。

次に頭金が一律で0円であること。

店頭では、機種購入時に有料オプションや頭金を払わなければいけないことがあり、店によっては1万円を超えることもあります。

↑上記から詳細確認・予約出来ます

思ったよりも金額が大きくて出費の予定が変わってしまったなんてことも有り得ますが、ドコモオンラインショップならそんな不安は無用です。

勿論、24時間ネットで受付で、待ち時間ゼロ

書類の確認で長々と待たされることもありませんし、余計な営業を受けて時間が掛かる心配もありません。

「新しい機種だと、少し店員の説明を聞かないと不安」なんて人も大丈夫。チャットサービスがあるので、疑問があれば気軽に質問することが出来ます

更に、注文した商品は自宅でもドコモショップでも受け取れるため、気になったことを受け取り時に確認することも可能になっています。

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料無料
  • 頭金0円
  • 24時間受付
  • 待ち時間ゼロ
  • チャットで相談可能
  • 受け取り方が選べる
  • 2500円以上で送料無料
  • dポイント使用可能

↑上記から詳細確認・予約出来ます

 

-iPhone

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.