インスタ「フィードをリフレッシュできませんでした」投稿・閲覧できない不具合が発生!対処法を徹底解説

インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」という表示がされてしまい、投稿や閲覧ができなくなってしまう不具合が発生しています。

このエラーが発生してしまう原因とユーザー側で行える対処法を詳しく解説します。


「フィードをリフレッシュできませんでした」が表示される

インスタのホーム画面を開くと「フィードをリフレッシュできませんでした」と上部に表示され、ホーム画面の投稿やフォロー・フォロワーの投稿が表示されない不具合が発生することがあります。

フィードとは

インスタでの「フィード」という呼称は、インスタのホーム画面のことを指します。アプリを起動した際に最初に表示される画面で、フォロー・フォロワーしているユーザーの投稿やストーリーの閲覧が行える画面です。

ダウンディテクター-Instagram

本エラーが発生した際は、インスタ側を起源とする不具合であるのか。ユーザー側の設定や環境が影響しているのかといった原因を探りましょう。
インターネット上の様々なサービスの障害状況を確認できる「ダウンディテクター」での確認がオススメです。

不具合が発生しているエリアは「赤」で表示され、サーバーがダウンしていることを把握することができます。

本エラーの原因としては、

原因

「フィードをリフレッシュできませんでした」と表示されるのは、インスタのサーバーダウンが原因になっている。

サービスを提供する「サーバー側」に不具合が生じ、フィードの表示が正常に行えない問題を引き起こしているものと考えられます。

これまでも本エラーは度々発生しているため、不定期で生じやすい接続エラーの一つになっています。
インスタの利用者数が急激に増加した際に発生しやすいといった傾向があるため、ユーザー側がこの不具合を予め回避することは難しいです。

非公式アカウントやSNSで状況を確認する

非公式アカウントにはなりますが、「インスタグラム不具合・障害情報 速報アカウント(Instagram非公式)」様(@did2insta)のアカウントをフォローしておくと、発生している不具合を簡単に把握できます。

ただし、こちらのアカウントは一般のユーザー様が運営をしている非公式アカウントになります。
障害発生時に、不具合に関するお問い合わせはこちらのアカウントではなく、インスタ運営に問い合わせましょう。

このアカウント以外にも、Twitterなどの他SNSサービスで自分以外にも同様の不具合に陥っているユーザーが居ないかを確認するのもオススメです。

この不具合は時間が経つと復旧することが多い

サーバーダウンの場合は、ユーザー側では対処ができません。
ユーザー側で行える対処法を試しても改善しない場合は、サーバーの復旧が行われるまでしばらく待機するしかないでしょう。

不具合発生時は過度なアクセスを行わず、復旧情報が入るまで待機するか、時間を空けてからログインを行うようにしましょう。

この不具合は時間が経過すると復旧していることが多いです。

対処法

サーバーに限らず、ユーザー側の通信状況などの利用環境を起因としているケースがあります。
電波が通じにくい場所からのアクセスは、本エラーを引き起こす原因にもなります。

主な対処法

  • 通信状況の確認
  • アプリとデバイスの再起動
  • バックグラウンドで起動中のアプリをすべて終了する
  • アプリとデバイスのOSを最新バージョンへアップデートする
  • アプリの再インストール

まだ不具合が続いてる方は、この対処法を試してみましょう。

通信状況を確認する

モバイルデータ通信を利用している場合は、通信制限やキャリアでの通信障害が発生していないかを確認します。
地下や山間部など電波が通じにくい場所にいる場合は、電波状態が良好な場所へ移動してください。

Wi-Fiの「未接続」状態であると、アクセスポイントを探し続けます。
デバイスは、接続できそうなWi-Fiスポットがあると自動的に接続を試みようとします。

この接続先が認証形式のWi-Fiだと、いつまで経っても繋がらない原因にもなります。

その状態でインスタを起動すると「フィードをリフレッシュできませんでした」が表示されてしまうこともありますので、現在のWi-Fi接続先を確認しましょう。

もし探し続けていた場合はWi-Fiをオフにすることで問題が解決することがあります。

「データ使用量の軽減」をオフにする

インスタ上でのデータ通信量を軽減する設定があり、その設定を有効にしているとフィードの表示に影響が出ることが考えられます。
設定を有効にしている場合は、一旦無効化にして改善するか様子を見てみましょう。

自分のプロフィール画面右上の「≡」アイコンをタップします。

「設定」をタップします。

「アカウント」に進みます。

「モバイルデータの使用」を開きます。

「データ使用量を軽減」のトグルがオンになっている場合は、オフに切り替えてください。
オフに切り替えた後はアプリを再起動し、再起動後にフィードが正しく表示されるか確認します。

元からオフになっている場合は、この設定を変更する必要はありません。

アカウントを再ログインする

アカウントを再ログインすることで改善する可能性があります。

自分のプロフィール画面右上の「≡」アイコンをタップします。

「設定」をタップします。

最下部の「ログアウト」をタップします。
再ログイン後にフィードが正しく表示されるか確認してみましょう。

ログアウト前に投稿の「下書き」がある場合は、ログアウト時に消失します。
先に送信を済ませるなど、確認を行いましょう。

バックグラウンド更新・モバイルデータ通信をオフにする

デバイスの「設定アプリ」では、インストールしたアプリの詳細設定を行うことができます。

バックグラウンド更新を停止やインスタアプリ使用時の「モバイルデータ通信」を遮断する対処法を試してみましょう。

「設定アプリ」を起動し、起動時の画面を下へスクロールして「Instagram」を開きます。

「Appのバックグラウンド更新」トグルをオフにします。
バックグラウンド更新の負荷を軽減することで、アプリやデバイスの動作が改善してフィードの読み込みが円滑になる可能性があります。

アプリの通信方法を「モバイルデータ通信」を無効化にして、Wi-Fiのみの通信でフィードが正常に表示される確認してみましょう。

アプリの再起動・再インストール

アプリの再起動をすることで改善する場合があります。
インスタを含む起動中すべてのアプリを閉じ、再起動をするといつも通り利用できるようになることもあります。

再起動を試しても改善しない場合は、アプリの再インストールを試してみましょう。

アプリ内に キャッシュが蓄積していた場合、動作に影響を与えることもあります。
サーバーダウン復旧後、投稿が表示されにくい、またはされない場合は、一旦アプリを削除して再インストールをすることで直ることがあります。

キャッシュは投稿内容を一時的に保存し、表示をスムーズにさせる補助データであり、データが蓄積するとアプリの動作を重くしてしまったり、投稿の表示に影響を与えてしまう原因にもなります。

投稿内容はアカウントと紐付けされており、アプリを削除しても自分の投稿やフォロワーの投稿が消えてしまうことはありません。

インスタのストーリーを足跡をつけずに見る方法について徹底解説

 

-インスタ

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.