解説、アプリの使い方

SNSデイズ

インスタのストーリーをスクショした場合相手にバレる!のか実際に試してみた!

投稿日:

今回は、インスタのストーリーをスクショした場合相手にバレる?消えるストーリーとの違いなど徹底解説していきます。

インスタのストーリーは24時間限定、消えるストーリー画像(動画)の場合は1回閲覧すればその画像(動画)が消滅してしまいますが、その間にスクショを取っても相手にはばれないのでしょうか。

ストーリー、消えるストーリーやダイレクトメッセージをスクショした場合について、下記で解説していきます。


「消えるストーリー」について

ストーリーをスクショしたらバレるかどうか紹介する前に、まずは「消えるストーリー」について紹介します。

普通、インスタのストーリーは24時間公開されますが、設定次第ではストーリーハイライトに残して永久に公開できるようにすることが可能ですよね。

それが従来のストーリーなのですが、ストーリーを公開したい人に直接ストーリーを送信することで、「消えるストーリー」を作ることができます。

消えるストーリーはハイライトには保存されず、個人的に送信した人にしか見えない仕様になっています。

そのユーザーに送信して、ユーザーがストーリーを閲覧したら写真や動画が消去されます。

ストーリーよりも写真を保存するタイミングがないわけなので、個人情報保護などの観点では役に立つのではないでしょうか。

消えるストーリーの送信方法

消えるストーリーは「個別に送信するストーリー」なので、従来のストーリー投稿とは少し違います。

ストーリーを撮影するまでは同じなので、今まで通りホーム画面の左上の自分のアイコンをタップしてください。

ストーリー写真・動画を撮影してください。

フィルタなど追加したい場合は、そちらも忘れないように行いましょう。

終わったら赤枠をタップして、写真撮影します。

写真を撮影したら、好きなように編集(スタンプや文字など)してください。

編集が終わったら、今まで通りストーリーに投稿したいのであれば青枠の「ストーリーズ」を選択していましたよね。

消えるストーリーを送信したい場合は、そこではなくて「赤枠の連絡先」を選択するようにしてください。

シェア画面に入るので、赤枠部分の「送信」をタップしてください。

ちなみに、ストーリーや親しい友達宛てに投稿したい場合は、上記の「ストーリーズ」や「親しい友達」を選択しましょう。

送信ボタンが「元に戻す」、画面下に「完了」となったら送信できています。

これは「ダイレクトメッセージ扱い」になるので、ストーリーには投稿されません。

送信したユーザーが送信した写真や画像を閲覧すると消える「消えるストーリー」を作成できたことになります。

直接消えるストーリーを投稿することもできる

消えるストーリーをダイレクトメッセージから直接投稿することもできます。

ダイレクト画面を開いて、画面下のバー左部分のカメラアイコンをタップしてください。

ストーリー撮影画面と同じ画面が開かれますが、違うのは赤枠部分に「〇〇(送信するユーザー名に送信」と書かれているところです。

同じように撮影を開始させてください。

モザイク加工していますが、赤枠部分に送信したいユーザーのアイコンが表示されています。

のアイコンをタップすることでも、消える写真・動画を投稿することができます。

ただし、厳密にいうとストーリーではないので、「消えるストーリー」という言い方は語弊があるかもしれません(役割や仕組み等はほとんど変わりません)。

インスタのストーリー・消えるストーリーはスクショすることができる!

消えるストーリーについて紹介しましたが、ここからは「スクショ」に焦点を当てて解説していきます。

インスタのストーリーや消えるストーリーをスクショして、すぐに消えるはずの情報を常に手元に残しておこうとするユーザーはいますよね。

本当ならすぐに消えてほしい送信情報だったのですが、送信したユーザーからスクショされてしまうと、彼らが消してくれない限りは、永遠に残ってしまいます。

インスタの通常ストーリーなら24時間猶予がある上、ハイライトに残せば永久に閲覧してもらうことができるので、スクショされようがそこまで影響はないでしょうし、実際にスクショすることができます。

消えるストーリー・消える画像(動画)の場合はプライバシーの観点からすぐに見えなくなってくれるので、スクショはできないものと思われがちですよね。

しかし、残念ながら消えるストーリー・消える画像もスクショすることができます。

そのため、「すぐに消えるから安全」という固定概念は捨てたほうがいいです。

もちろん送信ユーザーに「スクショしないで!」と頼むことはできますし、そもそもスクショできることに気づいていないおかげでスクショされない可能性はあります。

しかし、スクショされない可能性が0ではないことは覚えておいたほうがいいでしょう。

消えるストーリーをスクショしたら通知が来る!

唯一の救いは、「消えるストーリーをスクショすると通知が来てくれる点」でしょうか。

消えるストーリーをスクショして手元に残そうとした場合、その旨が送信してくれたユーザーに通知されてしまいます。

そのため、一応は「誰がスクショしたのか」「スクショされていないかどうか」を知ることはできます。

上記画像のように、誰かがスクショを送信してきた場合、インスタから通知してくれます。

LINEの通知と同じように画面上などに通知文が表示され「〇〇(ユーザーID)さんがあなたが送信した画像(動画)のスクリーンショットを撮影しました」という文章からスクショされたことを知ることができます。

ちなみに、「ダイレクト画面」を見てみると、「スクリーンショット撮影済み」と表示されています。

万が一インスタからの通知を見逃してしまった場合でも、ダイレクト画面のストーリー送信相手の項目を見ることでチェックすることはできるでしょう。

ただし、通知が来るとはいっても、相手が送信した消えるストーリーをスクショしてしまったことは変わりませんよね。

「拡散しないで」とお願いすることはできるでしょうが、どうするかは結局相手次第です。

消えるストーリー(普通のストーリーも同じ)は安全性に関してはそこまで高くはなさそうですので、個人情報がばれるような投稿はしないようにしてください。

普通のストーリーはスクショされても通知は来ない

消えるストーリーに関してはスクショされたら通知が来る可能性はありませんが、「普通のストーリー」はどうでしょうか?

通常のストーリー投稿は全ユーザー(もしくは親しい友達のみ)が閲覧できて、ハイライトに保存しなければ24時間で消滅してしまいます。

この通常ストーリーに関してはスクショされたとしても通知が来ることはありませんし、通常のインスタ投稿に関しても同様です。

実際に、他のユーザーにストーリーをスクショしてもらいました。

協力してくれたユーザーに「スクショした」と文章で伝えられたときまでに、消えるストーリーがスクショされた場合の通知場所(画像の赤枠部分)を凝視して通知が来るかどうか試してみましたが、確かに通知は来ません。

ストーリーも消えるストーリー・画像・動画と同じように「消える」という観点からスクショしたら通知が来るようにしてもおかしくはありませんが、仕様上普通のストーリーに関してはスクショされても通知してくれません。

ただし、ストーリーを他のユーザーから閲覧された場合「閲覧履歴」が残りますので、この履歴を見れば少なくとも「誰がストーリーを閲覧したか」くらいは把握することができます(スクショされたかに関しては閲覧履歴ではわかりません)。

スクショではなく「画面録画」された場合について

iPhoneではスクショとは別に「画面録画」することができますよね。

iPhoneユーザーの中にはスクショよりも画面録画をしたいと思っている人も多いですし、送られてきたストーリーが画像ではなく動画だった場合、スクショよりも画面録画したほうがいいです。

ちなみに、Androidは別途アプリを使わないと画面録画をすることができません。

上記画像のように、画面録画の場合も通知してくれるので、誰が録画しているのかは把握できます。

ただし、「Androidユーザーがなんらかのアプリを使って画面録画をしようとした場合」は通知してくれません。

Androidにはそもそも画面録画の機能自体がないので、インスタも「画面録画された」と把握する術がないのが原因です。

ただし、互換する画面録画アプリによってはもしかしたら通知してくれる可能性があることはあります。

通知されるタイミングについて

インスタの消えるストーリーがスクショされた場合、どのタイミングで通知が来るのでしょうか。

スクショをしたタイミングですぐに通知されるのですが、通知される側(スクショされる側)のスマホやインスタが重たい場合などは多少誤差があるかもしれませんし、インスタの通知全般を切っていた場合は通知されません。

ダイレクト画面に「開封済み」と表示されているので、少なくとも内容を把握しているのだと理解することもできます。

インスタで「LoveMeter(ラブメーター)」が大流行!バレる!?消せない?対処法について徹底解説

 

-インスタ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.