APEXのコントロールモードで勝つための攻略やコツを徹底解説

APEX 公式

APEXがシーズン12にアップデートされ、武器やマップなどに変化が出ています。アップデート内容の一つに「コントロール」というモードが追加されており、既にプレイしたという方も多いのではないでしょうか。普段のバトロワとは異なるシステムなので、難しくてなかなか勝てないという方もいるでしょう。

今回はAPEXのコントロールモードで勝つための攻略やコツを徹底解説します!


APEXのコントロールモードとは

シーズン12から新しく「コントロール」モードが追加されました。

このモードは通常のバトロワとは異なり、9vs9という2チームで拠点を奪い合うゲームです。

チームの9人は3人パーティ×3チームという形成の扱いになるため、フレンドと組めるのは3人までとなります。

勝利条件

勝利条件

  • 1250ポイント先取
  • 一定時間ロックアウト

勝利条件は2種類あります。

プレイヤーが拠点を確保すると、確保している拠点の数と確保している時間に応じてチームにポイントが入ります。このポイントが一定に達すると勝利となるのが主な条件です。

勝利条件にはもう1つあり、全ての拠点をチームが確保した状態を「ロックダウン」と呼び、このロックダウン状態を一定時間保てればポイントが達していなくても勝利となります。

APEX以外のFPSゲームをプレイする方は「ドミネーション」ルールを想像してもらえればわかりやすいでしょう。

キャラ・ロードアウト選択

キャラや武器に関しても通常のバトロワとは異なる点が多くあります。

キャラ

  • リスポーン毎に選択可能
  • パーティ内での重複は× チーム内での重複は〇

武器(ロードアウト)

  • 武器は拾うのでは無く最初からカスタムされた「ロードアウト」を使用
  • リスポーン毎に選択可能
  • ロードアウトは途中から徐々に変更される

後述しますが、コントロールモードではリスポーンが可能です。このリスポーンを行う際にキャラやロードアウトの選択が可能となるので、最初に決められた武器をずっと使わなきゃいけないという事ではありません。

また、武器は拾うわけでは無く最初から持っているものなので、途中で物資を漁るということはほとんどありません。

リスポーン無限

ゲーム中リスポーンは無限に行う事が可能です。

あくまでもバトロワやデスマッチのようなゲームでは無く拠点の占拠を目的としているので、倒された場合でも素早く戦場に戻りましょう。

また、リスポーンの際はシップもしくは拠点のどちらかを選択可能です。

拠点制圧

マップ上に【A/B/C】という拠点が表示されます。この拠点を制圧することがコントロールモードの目的です。

拠点の色が青く染まれば自チームが占拠している拠点。赤く染まれば相手チームが占拠している拠点です。

拠点の近くに行くと旗があるので、その付近にいれば自然と占拠が開始されます。占拠出来るまで味方と力を合わせて留まるようにしましょう。

キャラの回復

回復アイテムは無限に所持しているので、好きなタイミングで回復を行いましょう。

また、アーマーは自動回復なので、一定時間経過すると回復が始まります。

マップ

マップ

  • オリンパス
  • ストームポイント

マップはバトロワマップでの一部でもある2つが用意されています。

おなじみのマップではありますが、通常とは異なり、遮蔽物やジップラインが設置されています。

報酬

プレイ後の限定報酬は残念ながらありません。

基本的にはモードを楽しむためにプレイすることになるでしょう。

また、何回もリスポーン出来るので、普段使わないキャラや武器を試したい、プレイヤーを相手にエイム練習がしたいという方におすすめです。

APEXのコントロールモードで勝つための攻略やコツ

APEXのコントロールモードは普段のバトロワに比べると全く異なるゲーム性なので、難しい、なかなか勝てないという場合があるでしょう。

ルールはもちろんですが、それ以外にも知っていると勝ちやすくなる攻略やコツがあるので、慣れていない人は実践してみましょう。

タイムイベントの獲得

ゲームの最中に「タイムイベント」というものが発生します。

このタイムイベントでは、カウントダウンが開始されるのですが、それが0になったタイミングで、指定された拠点を確保していたチームにボーナスが入るという仕組みです。

そのため、タイムイベント発生時にはチームで一丸となって拠点を占拠しにいきましょう。

リスポーン拠点の確保

リスポーンの際はシップ、もしくは拠点からのスタートとなります。

シップはマップの端に設置されているため、拠点から遠い場所にリスポーンされることになります。

これだと次の拠点を取りに行くのに時間がかかってしまうので、必ずどこか1つでも拠点を確保しておき、次のリスポーンに備えておくようにしましょう。

レジェンズレーティングを溜める

コントロールモードには「レジェンズレーティング」というシステムがあります。

レジェンズレーティングとは、拠点占拠・キル・アシストのいずれかで自分のレートが上昇します。このレートが一定数に達するとティアが上がっていき、ティアが上がるごとにアルティメットの使用が可能です。

このティアには青・紫・金の3つがあり、ティアに応じたロードアウトを利用可能です。当然ティアが高い方が良いロードアウトを利用可能なので、意識して溜めていくようにしましょう。

レートはキルされるとリセットされてしまうので、いかにキルされずにレートを上げられるかが重要です。

また、攻略やコツとは関係ありませんが、通常マッチには「キルリーダー」がいますが、コントロールモードでは「レーティングリーダー」が存在します。

物資を確保

通常のバトロワ同様、ゲーム中にケアパケが落ちてきます。

ケアパケの中には強力な武器や物資が入っているので、取得できれば有利になるでしょう。

ただし、ケアパケには人が集まりやすいので、取得中は狙われやすくなるデメリットもあります。ご注意ください。

中立地点の確保

拠点は3つありますが、基本は中立地点(B)の奪い合いであると考えて良いでしょう。

基本的な戦い方としては、シップ付近にある自陣の拠点を取ってから中立地点であるB付近で敵を倒しつつ、隙を見てBを確保という流れになります。

しかし、Bをガチガチに固められてしまっている、均衡が破れないという場合もあるでしょう。こういった場合は敵シップ付近の拠点を狙いに行き、B付近にいる敵を誘い出し、その隙に味方にBに入ってくれるというのが理想です。

敵シップ付近の拠点はあくまでも誘い出しや囮として利用し、本命は中立地点であるBと奪い合いということを頭に入れておきましょう。

役割分担

チーム全体で意思の疎通はなかなか難しいですが、役割分担がチーム内で出来ていると、ゲームを非常に有利に進められます。

例えば、拠点に全員で入るのではなく、1人は拠点確保、1人はカバー、もう1人は裏取りや囮役として分担を出来ると良いマッチが出来るでしょう。

この時、役割はあらかじめ決めておくのではなく、ティアや持っている武器、キャラの特性、敵との相性などで臨機応変に対応できると強力です。

また、バトロワの際は基本的に全員が固まって行動をしますが、コントロールモードに限っては1人で浮くということが無ければひっそりと行動を起こす人がいても良いでしょう。

サブ武器の交換

バトロワのように武器やアタッチメントを拾うのでは無く、ロードアウトが決められているため、2丁とも自分の持ちたい武器を持つということが出来ません。

しかし、敵を倒すとある程度の物資と武器を落とします。その落とした武器を拾うことにより、2丁ともメイン系の武器に変えることが可能です。

激戦地では危険行動ともなり得ますが、基本的にはサブ武器を交換して、武器切り替えで敵を倒せるようにした方が有利になります。

また、敵から出なくても物資から武器を拾う際は、必ずサブ武器を交換するようにしましょう。

フラグを上手く使う

拠点占拠のゲームでは、相手が拠点にいる際の場所が大体で予測可能です。

正確な位置はわからないけれど、大体敵がいることが多い、何度も同じ場所の敵にやられているという時はフラググレネードを上手く利用しましょう。

リスポーンすれば必ずフラグを持っているので、適当に利用しても問題ありません。

フラグが当たれば敵の位置を察知できる上に、体力的なアドバンテージを得ることが可能なので、必ず利用するようにしましょう。

リスポーンを利用

何度もリスポーン出来るというゲーム性を利用することは大切です。

ティアを溜めるために前線に残りたいという気持ちもわかりますが、アーマーの回復と体力の回復を待つと時間がかかってしまいます

拠点が取られそうという場合はここの駆け引きが重要で、撃ち負けても良いから味方のアシストをしておくというのも1つの選択肢としてあります。1回のリスポーンを大事にしすぎるより、あくまで拠点を取ることに対して何が最重要か考えて行動を起こすと良いでしょう。

また、自陣の拠点が取られそうな場合は、あえて一度死んでリスポーンで近い場所を選択するのも戦い方の1つです。

おすすめキャラ

コントロールモードでプレイする際、おすすめ出来るキャラは何体かいます。

オクタン

  • ジャンプパッドで味方全体の移動速度上昇&高所取り可能
  • 拠点に急いで向かえる
  • アーマー回復のみに専念可能

レイス

  • ディメンションリフトでリスポンと拠点を繋ぐことが可能
  • 虚空で無理なく回復可能
  • パッシブで敵の察知が可能

ブラッドハウンド

  • 全能の目により敵の位置を把握
  • ハンティングビーストで速度上昇+索敵

コースティック

  • 拠点確保後にがストラップで敵を近寄らせない
  • ガスで足止めをして籠ることも可能

ワットソン

  • セキュリティによって敵の足止め、狙い撃ちが可能
  • インターセプターパイロン展開で拠点占拠を支援

クリプト

  • ニューロリンクで敵の位置を察知可能
  • スパイドローンをB地点において味方に敵の位置を送ることが可能
  • B地点にドローンEMP放出で敵シールドを破壊

キャラの性能でいくと味方全体に影響を与える、拠点や敵の動きに与えるものが有利に繋がることが多いです。

コースティックは毒ガスの破壊が可能になって弱体化と言われていましたが、ワットソン同様罠の耐久値が高いため、そこまで大きく懸念する点では無いでしょう。

APEXの人気SMGボルトがシーズン12でケアパケ武器に変更される詳細と代わりになる武器を徹底解説

APEX 公式 大人気FPSゲームのAPEXでは、自分が拾い集めた武器やアイテムを駆使して戦いを進めていくバトロワ形式のゲームです。この中でも使いやすさや強さに合わせて人気になる武器というものがありま ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

 

-ゲーム
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.