解説、アプリの使い方

SNSデイズ

アンセム「ライブサービスデータを取得できませんでした」 接続エラーの詳細や対処法を徹底解説

投稿日:

2019年2月2日より配信中のAnthem(アンセム)のオープン体験版で、接続エラーが表示されゲームができない・遊べない不具合が発生しています。

以下で、接続エラーの詳細や、エラーが表示される原因、対処法、日本語では遊べないのか?、ユーザーの声について徹底解説します。


アンセム体験版で「ライブサービスデータを取得できませんでした」の接続エラー

2019年2月2日より配信中のAnthem(アンセム)のオープン体験版で、接続エラーが表示されゲームができない・遊べない不具合が発生しています。

接続エラー

「Anthem」ライブサービスデータを取得できませんでした

1月末にはゲームの予約者限定でVIP体験版が先行リリースされていますが、どうやらそちらでも同様のエラーが出ていたようです

今回リリースされたのはオープン体験版ということで、まだ予約していない多くのユーザーも遊べるようになりましたが、バグやエラーなどはVIP体験版からそのまま引き継いでいるものが多くなっています

体験版で遊ぶというよりも、βテストに参加できるくらいに考えていた方が良いかもしれません。

マルチバイト文字が原因?

VIP体験版では、日本語や中国語、韓国語などのマルチバイト文字の表記が原因で、ロードが途中で止まってしまうエラーが発生していました。

今回発生している接続エラーも「日本語」でプレイしていることが原因と考えられるので、ゲーム内の設定で字幕を「英語」に変更して起動してみましょう。

では詳しいやり方について解説していきます。

対処法

タイトル画面で「」ボタンを押して、設定メニューを開きましょう。「◯」ボタンを押してしまうとロードを再開してしまうので注意してください。

「アクセシビリティ」→「言語と設定」を選択しましょう。

表示言語を「英語」に変更しましょう。

日本語では遊べない?

表示言語を英語に変更すると、当然ゲーム内の表示は全て英語になってしまいますが、一応は遊べるようになります。

しかし、ストーリーやゲーム内の説明を全て英語で理解するのは難しいですよね。

アンセムのエグゼクティブ・プロデューサーであるマーク・ダラフ氏は、Twitterで体験版と正式版の違いについて語っており、その中に「6 weeks less bug fixes」とあります。

つまり、体験版としてリリースされたものはバージョンが古く、直前の6週間に行われたバグフィックスは含まれていないということです。

つまり、バグ自体は把握していても、体験版ゆえにバグが残ってしまっているようなので、製品版になれば日本語でも遊べるようになるでしょう。

VIP体験版からのエラーが残っているのも、同様の理由であると考えられます。

ユーザーの声

多くのユーザーは字幕を英語に設定して接続エラーを回避していますが、起動後に言語設定を変えられないため、仕方なく英語でプレイしているようです。

「エラーばっかでイライラする」という声も上がっていますが、バグが残っている理由は上でも説明した通りです。

あくまで体験版ということなので、製品版ではバグが修正されていることに期待しましょう。

肝心のゲームプレイについては、自由に空を飛び回れたり派手な攻撃アクションがあるなど、高評価するユーザーが多いです

製品版のリリースまであまり時間がありませんが、体験版は6週間遅れのバージョンということなので、開発内ではすでにエラーが修正されている可能性もあります。

製品版の発売日は2019年2月22日となっているので、日本語で遊びたい方は本リリースまでしばらく待ちましょう。

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

カムライトライブ

キャラクター育成の常識を覆す全く新しい、スマホゲームが新登場!!八つの国をめぐる壮大な冒険が待っています!

育成したキャラでパーティーを組み、八つの国を冒険しましょう。

戦国炎武-KIZNA-

歴史が好きで、なおかつ歴史上の人物のイケメン・美少女化が見てみたいという人は、「戦国炎武-KIZNA-」をプレイしてみてください。

上杉謙信や明智光秀など、戦国時代の名のある歴史人を操作して戦うことができるのですが、全員イケメン化・キャラによっては女体化もしています。

 

-ゲーム

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.