Hey!Say!JUMPのネガティブファイターの♯502に「クレジット無いの?」理由や考察を徹底解説

J Storm

Hey!Say!JUMPのネガティブファイターに入っている♯502に「クレジット無いの?」と話題になっています。

今回は、Hey!Say!JUMPの♯502にクレジットが無い理由を徹底予想していきます。




Hey!Say!JUMPのネガティブファイターが発売!

Hey!Say!JUMPの29枚目の新曲、ネガティブファイターが5月12日に発売される事が発表されました。

ネガティブファイターは4月26日スタートの日本テレビ シンドラ「探偵☆星鴨」の主題歌が決定しています。

楽曲はTikTokで有名なうじたまいさん、振り付けもTikTokで有名な新しい学校のリーダーズが担当になっています。

♯502に「クレジット無いの?」と話題

本来、楽曲には作詞作曲者やMV撮影の監督など、関わった人の名前がクレジット表記されます。

ネガティブファイターをはじめ他の楽曲にはクレジット表記がありますが、♯502だけクレジット表記がありません

初回限定版1にも♯502は入っていますが、そこでの説明も「Camera Roll Movie」とのみ記載されています。

その為、「♯502はクレジット無いの?」「なんで?MV無いから?」と多くの人が疑問に思っています。

502は主にエラー番号として使われる

♯502は通常版の02という重要度の高い場所に記載されています。

本来であればカップリング曲である可能性が高いですが、クレジットが無いため曲なのかMVなのかすら不明になっています。

「502」と言うのはエラー表記として使われる事が多く、「エラーで『♯502』と表示されている演出なのでは?」と考える人もいます

つまり本当は♯502は別の名前の曲ですが、訳があってエラー番号502が表示されているという考察です。

この考察が正しければ、いずれ正式な名称やクレジットが記載されるでしょう。

#302という曲もある

Amazon

♯502というのが特殊な表記で、「楽曲っぽくない」と感じてしまう方も少なくありません。

しかし、実は平井堅さんが「#302」という、数字表記の楽曲を発表しています。

#302はTBS系ドラマ『4分間のマリーゴールド』の主題歌で、「密室のラブソング」と言われています。

#302はカラオケ店の一室を舞台にしており、♯502も部屋番号に関連する楽曲である可能性があります。

15周年を意識している可能性

ネガティブファイターの発売日は5月12日ですが、慣例的に5月11日のフラゲ日にCDをゲットできる人も多いです。

実は5月11日から502日後がHey!Say!JUMPデビュー15周年の9月24日になっています。

フラゲ日からの換算なのでこの説が正しいとは言えませんが、偶然の一致だけとは言い切れなさそうです。

ラジオ「Hey!Say!JUMPのオールナイトニッポン」はどこで聴ける?radikoで聴ける?詳細と聴取方法を徹底解説!

♯502にクレジットがない理由の予想

下記では♯502にクレジットがない理由の予想を紹介していきます。

曲であることはほぼ間違いない

♯502は通常版CDの02と初回限定版1のDVD/BDに収録されています。

通常版CDには映像が入っていない筈なので、♯502自体は映像無しの単体の曲として成立する事はほぼ間違いないでしょう。

ただ「通常版にはラジオの様にメンバーの音声がメインに入っていて、初回限定版1の映像を見て初めて内容が分かる」という仕掛けも考えられます。

長尺の特典映像

♯502は「Camera Roll Movie」という記載があります。これは楽曲やMVではない為、クレジットが存在しないという理由も考えられます。

その場合、♯502は長尺の特典映像の可能性が高くなります。

例えばカラオケやマンションの502号室にメンバーが集まり、定点カメラを使って、ワチャワチャと『ネガティブファイター』を歌っている映像が収録されているなんて事も考えられます。

また他の楽曲のMVの構成が#501まであり、♯502としてMV撮影後や撮影中のメンバーの様子が収められている特典もあり得るでしょう。

メンバー同士のカメラロール映像

♯502の「Camera Roll Movie」は、メンバーのカメラロールから映像を集めている事を意味していると解釈する人もいます。

つまりメンバー同士がプライベートのスマホで撮影した、本来なら外に出さない(502エラーが出る)映像が特典になるという見方です。

この場合クレジットにメンバー名を載せてしまうとネタバレになるので、詳しく記載していないと考えられます。

この考えが正しいとすれば、♯502の楽曲自体は存在し、MV代わりにメンバーのガメラロールに入っていた映像が流れると見られています。

大物が関わっており今後発表

ネガティブファイターにはTikTokで人気のうじたまいさんや新しい学校のリーダーズが関わっている事が話題になっています。

実は♯502の作詞作曲やMV撮影にも大物が関わっており、更に大きな話題性を持っている事も考えられます

その場合は発売が近くなった時に、更なる新曲への盛り上がりを加速させるタイミングで、クレジット内容発表が行われるでしょう。

ドラマ主題歌のネタバレになる

ネガティブファイターは「探偵☆星鴨」の主題歌だと発表されています。

実は同じようにHey!Say!JUMPのメンバーがドラマや映画に出演し、♯502がその主題歌に使用される可能性もあります。

この時映画監督や演出担当が♯502に関わっており、クレジットに記載するとネタバレになってしまう事もあり得ます。

この考察が正しかった場合は、映画やドラもの情報解禁に合わせて、クレジットの記載が行われることでしょう。

メンバーや岡本圭人さんが作詞作曲をした

♯502は「メンバーが作詞作曲をしているので、サプライズの為に伏せているのでは?」という声も見られます。

中でも「グループ脱退が報じられている岡本圭人さんが楽曲に携わっているのではないか?」という期待が高まっています

岡本圭人さんはHeroで作詞、H.our Timeで作曲を担当しており、ともすれば作詞作曲・岡本圭人さんというクレジットもあり得るでしょう。

もし♯502がメンバーの作詞作曲だった場合、「Camera Roll Movie」がメンバーのカメラロールから映像を集めた映像である可能性は高いでしょう。

BTSやENHYPEN ANNXなどで話題のsmash.(スマッシュ)のアーカイブについて徹底解説

smash.のアーカイブの仕様が分かり難いという声が多く見られます。 今回はsmash.のアーカイブの仕様や「radiko(ラジコ)とどっちが良い?」などを徹底解説していきます。 コンテンツ1 BTS ...

続きを見る

 

-女性向け
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.