カメラアプリ「O2Cam」が話題!詳細や使い方、盛れるのかなど徹底解説

写真アプリ「O2Cam」が、盛れる!使いやすい!と話題になっています。

今回は、写真アプリ「O2Cam」の使い方やおすすめフィルターなどを徹底解説していきます。




O2Camが人気

現在、SnowやUlikeなど様々なカメラアプリが配信されています。そんな中でO2Camという自撮りアプリの人気が上がっています

O2Cam
ジャンル:カメラアプリ
現在の価格:無料

O2Camとは

O2Camは、多くのカメラアプリの開発をしている「Meitu」という会社が、2018年にリリースしました。

自撮りと空気感に拘った「ナチュラル系」のカメラアプリで、加工し過ぎない仕上がりが人気です。

勿論、メイクや小顔などの微調整も出来るので、納得いくまで写真を加工することが可能です。

O2Camは盛れるのか?

左が元の画像で、右がフィルター適応です。

フィルターと少し加工を行っただけで、自然に盛ることができます

こちらも、左が元の画像で右がフィルター適用です。

人物だけでなく、風景を撮る場合も柔らかい雰囲気になるのが特徴です

O2Camの使い方

メイン画面

  1. 設定
  2. フィルターショートカット
  3. ライブラリの画像を取り込む
  4. インカメラ・アウトカメラ切り替え
  5. フィルター等
  6. 撮影ボタン
  7. メイク等

ホーム画面は上の様になっています。

1をタップすることで設定を開きます。

設定からはタイマーや画像の比率を変更できます。

タイマーは、

  • 無し
  • 3秒
  • 6秒

を選択できます。

ライブラリから読み込んで加工する場合

3を押すと、ライブラリから画像を読み込んで加工できます。

カメラロールから、加工したい写真を選びましょう。

O2セット

デフォルトの状態では、O2セットが選択されています。

このO2セットが所謂フィルターになります。

画面に下部に一覧が表示されるので、タップして適用するフィルターを選択します。

スライドバーを左右に動かすことで、フィルターの掛かり具合を調整できます。

スライドバーを左にすると掛かりが弱くなり、右にすると強くなります。

その他の操作も、基本的に同じ要領で強弱を変更できます

ビューティー

「ビューティー」の項目から、所謂加工が行えます。

フィルターの時点で自動で加工が掛かりますが、このビューティーを使って微調整をしていく形になります。

小顔などのアイコンをタップすることで、それぞれの加工が可能です。

小顔の調整。

小顔補正は、4つから輪郭を選ぶことができます。

選択できる輪郭

  • ナチュラル
  • 三角形
  • 長方形

美肌効果の調整。

トーンの強弱の調整。

デカ目では、目の大きさを調整できます。

あごのシャープさを調整できます。

鼻の細さを変更可能です。

ヘアラインでは、髪色の暗い部分の調整が行えます。

輪郭等のシャープさを変更できます。

目と目の間隔の変更が可能です。

目じりの変更が可能です。

キラ目では、目の光を調整できます。

涙袋の調整が可能です。

鼻の長さが調整できます。

調整できるのは鼻の長さですが、やり方によっては高く見える様にすることも可能です。

顔の立体感が調整可能です。

口の大きさが変更可能です。

美白効果の調整ができます。

雰囲気

「雰囲気」を選ぶと、以下の調整ができます。

  • 全体の明るさ
  • 光の当たり具合
  • ステッカー
  • 枠の明るさ
  • ほこりの演出
  • 写真の痛みの強さ

雰囲気を選ぶとフィルターが解除されてしまうので注意して下さい。

ただし、フィルターを掛けた画像を一度保存し、再度取り込むことで、フィルターが掛かったまま雰囲気を調整することはできます。

アイコンをタップすることで、それぞれの調整が可能です。

光の強さの調整。

部分的な光の強さの調整。

枠の強弱の調整。

ほこりの演出の強さ。

ほこりの演出を強くすると、雪が降っているように見えます。

痛みの演出の強さ。

画像にひび割れや折れの様な線が入り、古い写真の様になります。

ぼかし

ぼかしでは、主に背景をぼかすことができます。

ぼかし方は幾つかあるので、雰囲気を出すためにぼかしたいのか、個人情報の保護目的でぼかしたいのかで選ぶことができます。

最後に右上の「保存」を押すと、画像を保存することができます。

その場で撮影をする場合

その場で撮影をする場合は、ライブラリの画像を加工する時よりも、少し機能が増えます。

O2セット

5のO2セットをタップすると、先程と同じようにフィルターを選択できます。

また、「メイク」をタップすることで、メイクの掛かり具合も調整が可能です。

フィルターの強弱の調整。

メイクの強弱の調整。

調節

7の「調節」を選ぶことで、化粧などの微調整ができます。

ただし、調節を選ぶとフィルターなどは解除されてしまいます。

調節で可能な変更

  • 雰囲気
  • 体の比率
  • ビューティー
  • 化粧

「雰囲気」「ビューティー」は上記と一緒の機能です。

体の比率は、体をシャープにできる調整です。

化粧

化粧では、7つの個所を調整できます。

化粧で調整可能な個所

  • グロス
  • チーク
  • マユゲ
  • ライナー
  • シャドー
  • マツゲ
  • カラコン

グロスやマユゲの形は複数用意されていますし、カラコンのカラーも豊富に揃っています。

自分に近い形のグロスやマユゲを使うこともできますし、自分に似合う化粧を探すのにも使えるかもしれません。

グロスの調整

チークの調整

マユゲの調整

ライナーの調整

シャドーの調整

マツゲの調整

カラコンの調整

撮影後の保存とシェア方法

フィルターやメイクが決まったら、画面下部の「○」ボタンで撮影を行えます。

撮影後の「ぼかし」を選ぶことで、背景をぼかすことができます。

機能は、上記と同じです。

「共有」ボタンを押すと、各SNSにシェアが可能です。

勿論、一度保存してカメラロールから各SNSに共有する方法も使えます。

「✔」ボタンを押せば、加工した画像がガメラロールに保存されます。

おすすめフィルター

下記では、オススメのフィルターを紹介していきます。

クラシック

美白効果がしっかりと現れるフィルターです。

ハニ―

全体的に柔らかめの印象になるフィルターです。

奈良

雪が降っている様な演出になるフィルターです。

話の趣

シャープな輪郭で、明るめの画像になるフィルターです。

ロゴの消し方

O2Camは、デフォルトでは保存した画像にロゴが表示されてしまいます。

このロゴは、設定から消すことが可能です。

ホーム画面右上の「・・・」をタップします。

「設定」に進みます。

「透かし」のチャックを外しておくことで、ロゴが表示されなくなります。

また、ここからニキビやホクロを消すかや、加工前の画像を保存するかなどを設定できます。

カメラアプリ「Ulike(ユーライク)」盛れる?どのフィルターがおすすめか検証!詳細など徹底解説

 

-カメラ・画像

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.