STEPN経済圏の崩壊や大暴落は本当かについて徹底解説

STEPNの動向が現在話題となっています。

今回はSTEPN経済圏の崩壊や大暴落は本当かについて徹底解説していきます。


STEPNの大暴落が話題に

STEPN’s Action Plan for Game Economy | by STEPN Official | Jun, 2022 | Medium

STEPNで使用されている通貨GSTで大暴落が発生し話題となっています。現在はやや落ち着きつつあるものの、下落傾向は依然として続いています

LUNAの大暴落

Terra - powering the innovation of money

今回の大暴落に影響を与えた外的要因として、LUNAの大暴落が上げられます。

LUNAはUSTのガバナンストークンです。USTはこれまで1UST=1ドルをキープし続けていましたが、5月9日を境にUSTが大量に売り出され11日には1UST=0.8ドルまで下落しました。

連動してLUNAも下落し、9日時点では1LUNA=約68ドルだったが11日には1LUNA=21ドルまで暴落してしまいました。

この暴落を受けて仮想通貨への危機感が高まり、多くの仮想通貨が売りに出され連鎖的に仮想通貨の暴落が発生しました。

BNB・SOLの価格にも大きく影響し、結果として今回の大暴落の切っ掛けになってしまいました。

BNB側のバブル崩壊が原因

今回の暴落に関してSTEPNとかかわりが深い原因として、BNBチェーンでのバブル崩壊が上げられています。

2022年4月から従来のSOLだけでなく、BNBでブロックチェーンを構成し運用ができるサービスが開始されました(以降BNBチェーンと表記)。

BNBチェーンはSOLのブロックチェーン(以降SOLチェーンと表記)が安定したユーザーや、新たに登場した効率の良い靴目当てで新規参入し靴の価格が高騰しました。

靴の高騰が始まった頃歩くだけで月に50万稼げる、といった情報が流れるようになり投機目的のユーザーが急増しました。その結果、いつバブルが崩壊してもおかしくない程靴の値段が上がり続けてしまいました。

その後5月終わり頃靴の売値が下降傾向になったことが切っ掛けでバブルが崩壊し、BNBチェーンでの靴の価値は最高価格から10分の1以下にまで下がってしまいました。

中国でのSTEPN規制も引き金になった

中国でのSTEPN規制も大きな影響を与えました。

中国では大量のアカウントで靴を確保してミントを行い、利益を確保する『ミント工場』と呼ばれる手法が流行していました。

それ以外にも中国では暗号資産に関する規制が厳しく、2021年9月からは仮想通貨の取引の全面禁止・仮想通貨情報の仲介も違法行為と扱う方針を発表しています。

5月27日、7月15日から中国におけるサービス停止が決定されました。この背景には中国で強い影響力を持つ投資資産家がSTEPNについてSNS上で取り上げたため、国政府からの注目が高まりサービス停止が決定したのではないかと指摘する声が上がっています。

中国のユーザーが手持ちの靴を売りが増加しました。5月の終わりにBNBチェーンの靴の値崩れが始まった原因として、中国でのサービス停止による靴売りは大きく影響していると考えられます。

この靴売りに連動して中国以外のユーザーの売りも活発化したことで、STEPN全体で靴売却の傾向がさらに強まったと考えられます。

靴消失を始めとしたトラブルも発生

靴消失を始めとした運営側のトラブルも、この時期に発生が確認されています。

アプリ内で多くの売買が行われた結果、不具合が発生したのではないかという指摘が現在の所主流を占めています。そのため、STEPNの仕組みに関して不信感を感じたユーザーによる売りが加速する一端となりました。

STEPNで靴が消えた原因と対処法について徹底解説

STEPENで購入済みのスニーカーが消えてしまうといった現象が発生し話題になっています。 今回はSTEPENでスニーカーが消えた場合の原因と対処法について解説します。 コンテンツ1 STEPNでスニー ...

続きを見る

結果SOLチェーンも下落傾向に

様々な条件が重なった結果BNBチェーンバブルが崩壊し、その影響はSTEPN全体に影響します。

BNBチェーンが大暴落した結果、SOLのエナジーを利用してBNBを進めていたユーザーは大きな損害が発生しました。

するとプラス収支が確保できている間に撤退しようと、BNBチェーンに加えてSOLチェーンでも靴の値崩れが発生しました

投機目的のユーザー減少により大暴落が発生

STEPN全体で靴の値崩れが発生したことにより、撤退を選択するユーザーが一気に増加しました。

その中でも直近で始めた投機目的のユーザーは撤退を開始し、撤退の際に靴を売り切ろうと売り靴の傾向が進み値崩れが加速しました。その結果としてSTEPN全体の大暴落が発生し、現在も下げ止まり状態が続いています。

歩く事で獲得できるGSTも比例して価値が下がり続けており、5月7日時点では1GST=約6.2ドルが6月7日時点で1GST=0.7ドルまで低下しています。

STEPN経済圏崩壊の噂について

ここからはSTEPN経済圏崩壊の噂について解説します。

靴売り傾向が続けば崩壊の可能性大

仮想通貨全体の価値減少は回復しつつあり、SOL・BNBも現在は回復しています。

しかしSTEPNの回復には、新規参入や追加投資による靴の購入が必要不可欠です。

そのためこのまま靴売り傾向が続くと、STEPNの仕組み自体が機能しなくなり崩壊する可能性は高まります。

下落時を狙った新規参入も多い

暴落を踏まえ新規参入を見送るユーザーが発生している一方、下落タイミングを狙って参入を検討していたユーザーの新規参加も確認されています。

初期投資として靴の購入が必要な関係上、靴価格の下落は新規参入のハードルが下がっていると受け取ることもできるためです。

5月末にSTEPN用の『Telegram(メッセージングアプリ)』がインドで開設され、インド勢の参入が期待されています。今後は今回の暴落原因となった中国ではなく、GSTの注目が高まっているインドを視野に進めるのではないかと考えられています。

しかし現在も下落が続いていることから、底打ちから上昇傾向が確認されるまでは本格的な参入は少ないだろうと予想されています。

サイクルが戻る可能性はまだ残っている

今後STEPNが立て直すためには、ゲーム内通貨のGSTを稼いでSOLやBNBに変換するサイクルを再度確立することが重要です。

サイクルが建て直せれば下がっているGSTの価値が高まり、長期的な視野を持つユーザーが増え以前のように安定した成長が望めるでしょう。

運営がどうコントロールしていくかが鍵

6月6日に79円台のGSTを1000万買った約8億円規模の買いが確認されました。その後削られながらも残り続け、翌日7日の10時頃に撤回され翌8日2時頃78円台の下落が確認されました。

その後8日17時頃に89円台まで急上昇しましたがその後下落し、9日12時時点では74円台と下落傾向が続いています。大規模な買いも確認されていません。

79円以上下がらないようにするための運営の大規模買いではないかという意見も出ていますが、現在の所公式の発表はありません。

STEPN運営はBNBの異常な高騰が発生した際も運営の介入を否定した事から、直接資金を注入する方法以外でコントロールを行っていく方針ではないかと指摘されています。

STEPN経済圏の立て直しは可能か

ここからはSTEPN経済圏の立て直しについて解説していきます。

利確の売りを減らす

最優先事項として、現在の売り傾向の流れを変えることが重要になってきます。

売り傾向が強まっている原因として、利益が確定している状態から撤退するための売り(利確)を選択するユーザーが多いことが上げられます。

そのため利確を行うユーザーを減少させ、新規参入や追加投資による買いが増えるようにすることが必要不可欠です。

それ以外にも投資回収や投機を目的とせず、健康目的や普段の散歩でプレイしているライトユーザーの確保も極端な値上がり・値下がりを抑えるために必要だと指摘する声がSNS上で確認されました。

運営側のビジョンの明確化

運営側がどういったビジョンを持っているかを明確にすることも、今後の展開に必要不可欠です。

STEPNは積極的な情報開示や、アップデート内容の更新を行っているのが特徴の一つです。

6月8日にも現在の状況や、アップデート方針について公式サイトで言及しています。今回はゲームのバランス調整や、プレイヤーから受けたフィードバックの紹介と反映について言及されていました。

今回のアップデートにより、ゲームの根幹である実際に運動することを重視しミント偏重にならないようにする事が確定しました。

STEPN運営は歩くことでお金を得る事ができる「Move to Earn」を目標に掲げていることから、今回のようなハイリスク・ハイリターン化を避け多くのユーザーが歩く・走ることを日常に取り入れてほしいとSTEPNを通して世界に発信しています。

今回の大暴落を鑑みて発表されたアップデートは、この目標を達成するために考案されたと考える事ができます。

新しいreamlの実装が今後の鍵

BNBチェーンに続く新しいrealm(○○チェーン)の実装が既にアナウンスされています。

このチェーンに新規参入者や別チェーンからの移動による追加投資が発生すれば、サイクル改善に繋がります。

現在は第3チェーン・第4チェーンまで計画が立てられていますが、導入時期は未定です。今の状況の立て直しが完了した後に行われると予想されています。

チェーンが違うことに意味を持たせられるか

新たに作られたBNBチェーンのバブルが崩壊した事が引き金となり、STEPN全体に悪影響が出てしまいました。

そこで今後STEPNを立て直すためには、チェーン毎にバランスを取り相互に好影響を与えるような形にするのが理想的です。

STEPNでは新たなチェーンが公開された際、既存チェーンのエナジー共有に制限をかけ共有できるのは3カ月までにすると8日公式サイトで発表しました。

Example:

When a new realm is launched, a player decides to buy 3 common sneakers, which translates to 4 energy. Meanwhile, the player also owns 9 pairs of shoes on both the SOL and BSC realm.

As a result, the player is entitled to 4 points of energy (From the 3 sneakers on the new realm) + 1 energy (from SOL realm) + 1 energy (from BSC realm) = 6 total energy in the new realm.

STEPN’s Action Plan for Game Economy | by STEPN Official | Jun, 2022 | Medium

これによりリスクの少ないチェーンで靴を量産し、ハイリスク・ハイリターンのチェーンで利益を上げるという今回の大暴落に繋がった戦法に大きな規制がかかりました

同じようなバブル崩壊のリスクは今後もある

STEPNはゲーム内インフレをコントロールするため、新規参入の人数を制限しています。

売りが集中すると買い手がつかない靴が大量に出回り、負のサイクルから中々抜け出せなくなるという欠点が今回露呈しました。

今後は今回のようなバブル崩壊にならないよう新たな市場コントロールの投入が考えられますが、NFTである以上リスクは発生します

STEPNの安全性や危険がないのかについて徹底解説

現在注目が集まっているNFTゲームがあります。 今回はSTEPNの安全性と危険性について徹底解説していきます。 コンテンツ1 STEPNとは1.1 NFTゲームとして2021年にサービス開始1.2 外 ...

続きを見る

 

-仮想通貨
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.