スマホで使える仮想通貨ウォレットアプリ「Blockchain」の使い方

投稿日:




こんにちは、ひこぼし(@hikoboxi)です。

今回は、仮想通貨の保管に便利でセキュリティもしっかりしているウォレットアプリ「Blockchain」の使い方を解説します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アプリBlockchainとは?

仮想通貨ウォレットアプリ「Blockchain」とは、仮想通貨ウォレットの中でもセキュリティに強いWebウォレットのアプリ版です。

保有できる通貨:

  • Bitcoin
  • Ethereum

2種類しか通貨を保有できないのは難点ではありますね!せめてRippleやNEMも対応してほしいところ。

自分のトランザクションや保有資産の詳細を見ることができ、もちろんスムーズに送金も可能。

支払い要求も簡単に贈ることができます。資産を受け取ることも用意ですね。

どこでもアクセスできるように、バックアップしておきましょう。

こちらがAppStoreの紹介文。英語で書かれていますが、基本的にアプリ内では日本語対応していますので安心してください!

仮想通貨ウォレットアプリBlockchainの登録方法

まずアプリを開きましょう。ウォレット作成、その他のユーザー登録が必要となります。

「ウォレットを作成」を選択してください。

こちらが新規ウォレット作成画面。メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

ウォレット作成時の注意点として、必ず取引所や他のウォレットで使用しているパスワードは避けてください。

PINコードを設定。くれぐれもスマホと同じPINコードを選択しないでくださいね!

指紋認証可能なスマホの場合、Touch IDを登録しておけば、指紋でウォレットを解錠することができます。

これで、ウォレットの作成、ユーザー情報の登録は終了です!簡単ですね!

Blockchainウォレットへの送金方法

こちらがBlockchainのダッシュボード。アプリのホーム画面のようなものですね。

それでは、Blockchainウォレットへの仮想通貨の送金方法について解説します。

下の並んだタブのうち、右下の「リクエスト」タブを選択してください。

こちらが、このウォレットへ送金する場合のアドレスです。

ウォレット送金の際の注意点:

  • アドレス手打ちはミスることがあるので、コピペかQRコードで
  • ウォレットの通貨を確認する(上のタブ)

1つ目。長いアドレスが書かれていますが、これを手打ちするのはやめてください。間違えたアドレスに送金してしまった場合、それを戻すのは99.9%不可能です。なので、きちんとコピペするか、QRコードを使用して送金してください。

また、ウォレットの通貨を確認してください。というのも、ウォレットは通貨ごとに送金用アドレスが違います。そのため、こちらもBitcoinとEthereumを間違えて送金してしまうと、どこか別のウォレットへ送金されてしまいます。

以上の注意点をよく守って、Blockchainウォレットへ送金してください。

ちなみに、今回はコインチェックから送金してみました。アプリを開いて、「送金」>宛先を選択、金額を指定して、送金、ですね。

無事、送金が完了しました。今回は0.0003BTCを送金してみました。

ちなみに、2018年1月22日での送金でしたが、ほぼ一瞬で送金が完了しました!早いですね!

編集後記

今回は、仮想通貨ウォレットアプリ「Blockchain」の使い方などを解説しました。

今後、仮想通貨決済などが発展していく中で、もっともっとスマホのアプリで仮想通貨を管理することが多くなると思います。今のうちから使いこなしておきたいですよね。

セキュリティ対策とバックアップはサボらないように!!

友だち追加

SNS・アプリのおトクな情報をお届け!SNSデイズのLINE@に今すぐ登録だぁ\(^o^)/

-仮想通貨

Copyright© SNSデイズ , 2018 AllRights Reserved.