Coincheck(コインチェック)でネットワークエラーが発生!詳細と対処法を徹底解説!

暗号資産取引サービス「Coincheck(コインチェック)」ではネットワークエラーが発生し、アクセスしにくい状況となっていました。
今回は、Coincheck(コインチェック)で発生したネットワークエラーの詳細と対処法を徹底解説していきます。


Coincheck(コインチェック)でネットワークエラーが発生!

コインチェックではアプリを開くと、ネットワークエラーが表示され、取引ができない状況でした。
一時的にログインできたとしても、接続エラーが発生し、正常な取引は難しい状況です。

AWSの障害が原因

コインチェックで発生したネットワークエラーの原因はAmazon Web service(AWS)に発生した障害によるものです。
コインチェックのサーバーがAWSなのかは不明ですが、今回の障害は他のサーバーにも影響を与えています。

2021年2月19日23時06分ごろより臨時メンテナンスを開始

コインチェックはアクセスしにくい状況を改善するために、臨時メンテナンスを行いました。
臨時メンテナンス中は、全サービスを利用することはできません。

臨時メンテナンスは、2021年2月20日11時3分に終了しており、現状はサービスの利用は可能です。

コインチェックだけでなく様々なアプリでエラーが発生

今回のネットワークエラーはコインチェックだけで発生していたわけでありません。

他の暗号資産取引サービスのアプリやゲームアプリなど多数のサービスで障害が発生していました。
基本的にクラウドサービスプラットフォームなどで障害が発生してしまった場合は、アプリ側ではどうすることもできません。

アプニャン
復旧するタイミングもわからないので、取引中の通貨がある場合は決済できるなら決済しておくのがおすすめです。

過去には不正アクセスによるエラーも発生していた

コインチェックは過去に、不正アクセスにより仮想通貨が盗まれる事件が発生していました。
その際にも、ログインができない状況が続いており、取引ができないことで多くの損失が発生しました。

過去のコインチェックで発生した不正アクセスについては下記記事で紹介しています。

対処法

ネットワークエラーなどでログインができないと、一切の取引ができなくなります。
ユーザーによっては多くの損失を出してしまう可能性もあるので、事前にリスク管理をしておくのがおすすめです。

メンテナンス中は一切の取引はできない

メンテナンスが実行されてしまうと、コインチェックを使った取引は一切できなくなります。
今回のようなネットワークエラー後の臨時メンテナンスの場合は、取引中の通貨を決済することは難しいです。

取引ができなくなるリスクに備えて、さまざまな暗号資産取引サービスを運用するのがおすすめです。

機会損失には補償はない

メンテナンスなどにより、取引ができないことによる機会損失に対する補償はありません
機会損失は取引をしていれば、利益が出ていたかもしれない機会を逃してしまったということです。

実際には損益は発生していないので、機会損失による補償はありません。

コインチェックでは損益に関する項目の記載はない

今回のネットワークエラーで発生した損益に関して、公式からツイートなどはありません。
メンテナンスがあったことや、通常のサービスが利用できるようになったという報告のみです。

スプレッドの減少や今回の障害に関するサービスなどは現状確認できません。

ブラウザを利用してログインする

コインチェック

アプリを使ってログインができない場合は、一度ブラウザを使ってログインをしてみましょう。
今回のようにサーバーでエラーが発生した場合はブラウザでも利用できないかもしれません。

ただ、アプリのみでエラーが発生している場合はブラウザでログインできる可能性があります。

アプリと同じようにメールアドレスパスワードを入力しログインしてみましょう。

アプリをこまめに確認し公式Twitterを確認する

コインチェックを使って、取引中の通貨がある場合は多額の損失が出てしまう可能性もあります。
そのようなリスクを少しでも防ぐためには、アプリをこまめに確認し取引ができるか確認してください。

またサービスの再開については、公式Twitterでの確認がおすすめです。

暗号資産取引サービスは分散して利用する

サービス名メンテナンスの有無メンテナンス終了ツイートの時間
コインチェック2021年2月20日11時3分
ビットフライヤーツイートなし
(コインチェックよりも終了時間は早い)
GMOコイン2021年2月20日4時17分
DMMビットコイン不明ツイートなし
(コインチェックよりも終了時間は早い)
バイナンス不明ツイートなし
ブラウザではエラーの発生無し

暗号資産取引サービスはコインチェックだけではありません。
今回のネットワークエラーはコインチェックだけでなく他の暗号資産取引サービスでも発生し、メンテナンスが実行されました。

ただ、復旧についてはコインチェックよりもビットフライヤーやGMOコインが早いなどの差がありました。

またバイナンスに関しては、ブラウザを使えば障害などもなく取引を続けることができました

一つの暗号資産取引サービスを利用してしまうと、そのサービスで障害が発生した時に一切取引ができなくなってしまいます。
少しでもリスク管理を行うためにも、暗号資産取引サービスは分散して利用するのがおすすめです。

その他の対処法

対処法

  • アプリ/デバイスの再起動
  • 通信環境のリセット
  • アプリ/OSのアップデート
  • デバイスの容量を軽くする

一時的なエラーでログインができない場合は、再起動などで改善する可能性があります。
通信環境が原因の可能性もあるので、機内モードのオン/オフなどを行ってみましょう。

それでもログインできない場合は、しばらく時間をおいてからアクセスしてみるのがおすすめです。

メンテナンス終了後もエラーが発生する場合は問い合わせをする

コインチェック

必要な項目

  • お名前
  • 登録住所
  • 生年月日(西暦)
  • 登録電話番号
  • 電話番号変更有無
  • 登録メールアドレス
  • 2段階認証の解除希望の有無
  • 新規IDセルフィ―(画像添付)

メンテナンスにより、コインチェックはネットワークエラーは改善したとツイートしています。

ただ、まだエラーが発生し、ログインできない場合はお問い合わせしてください。
お問い合わせは「公式HP」より必要な項目を記載し、依頼に応じた「件名」で問い合わせメールアドレスにメールを送信しましょう。

ビットコイン原論文を初心者向けに解説

 

-仮想通貨
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.