にじさんじ新人壱百満天原サロメさんが誰なのかの詳細やバ美肉なのかなどについて徹底解説

にじさんじの新人の壱百満天原サロメさんが話題になっています。

今回は新人の壱百満天原サロメさんの詳細やガチの新人なのかなどについて徹底解説していきます。




にじさんじ新人の壱百満天原サロメさんが話題に

大手Vtuber事務所にじさんじの新人壱百満天原サロメさんが5月24日に初配信しました。デビュー前から大きな話題になった方で、初配信は30分にも拘らず大変満足度が高かったと大きな反響が見られます。

お嬢様に憧れる一般人で、「ですわ」というお嬢様口調とビジュアルが特徴。実際の配信でも品の良い話し方と綺麗な声でリスナーを引き付けました。

それとは対照的に配信内容は非常にぶっ飛んでおり、個人情報の公開や今後一週間の配信スケジュールの7日中6日がバイオ7(ゲームとホラーが苦手)などリスナーからは「これは間違いなくにじさんじ」と感想が出るほどです。

配信前の待機画面も独特で初配信のサムネも何故か画質がガビガビと、普通ではない様子に注目が集まっています。

ただそんな中にもライバーになった動機が「皆に百点満点の笑顔を届けたい」であったり、引き籠りになったなどの昔の辛い過去を気後れせずに伝えたりなど「真面目でいい人そう」という好意も見られます。

初配信で住民票や胃カメラの写真を公開

壱百満天原サロメさんは、配信の最初では年齢をぼかすなどネットリテラシーの高そうな様子が見られました。しかし配信開始後暫くすると、自分のことを知ってもらいたいと言う理由で突如「個人情報を用意してきましたわ」と言い始めました。

リスナーが驚いている内に、住民票、履歴書、マイナンバーカードと重要書類の公開を始めました。

大事な部分は黒塗りになっていましたが、突然の行為に視聴者からは驚きのコメントが溢れていました。そして自身の中身を知って欲しいという言葉の後に、3枚の胃カメラの写真の公開をしました。

全く予想していなかった体内の写真に、多くの人が戸惑いつつもただものではない様子を感じていたようです。

因みに胃カメラの公開については、Vtuberにはつきものの「中身」というサジェストを胃カメラの話題でミーム汚染するのが目的ではないかという考察も見られます。

また履歴書から年齢は20代、大学中退後に企業に就職したと見られます。

一夜でチャンネル登録者数17万人

壱百満天原サロメさんは5月24日に初配信を行い、一夜明けた25日にはチャンネル登録者17万人を超えています

3月16日にデビューしたラナンキュラスの3人の登録者数が10万人前後である事を考えれば、その注目度の高さがうかがえるでしょう。

壱百満天原サロメさんの初配信のアーカイブもすでに85万回再生されており、注目度ランキング1位を獲得しています。

ラナンキュラス

  • 先斗寧さん:11.6万人
  • 海妹四葉さん:10.6万人
  • 天ヶ瀬むゆさん:9.22万人

勿論ラナンキュラスの3人も通常のYouTuberの中では、かなり早い10万人達成です。

ガチかネタかを疑う声が多数

下記ではネタだと思われた理由や詳細などを紹介していきます。

田角社長や他のライバーのバ美肉説

にじさんじでは葛葉さんやジョー・力一さんのように、男性ライバー一時的に女性として活動する事があります。

特にジョー・力一さんの「鹿鳴館キリコ」は、壱百満天原サロメさんとビジュアルやコンセプトが似ている所があり、同じ様に男性が女性として活動するバ美肉ではないかという予想が立てられていました

これについては力一さんや舞元さんなどの男性ライバーは、自分達ではないと事前に明言していました。

それでもバ美肉説は完全に消えないまま初配信が始まったのですが、そのオープニング画面がにじさんじの田角社長と壱百満天原サロメさんの画像がクルクルと入れ替わるものでした。

その待機画面を見た方からは、「田角社長のバ美肉なのか?」「公式が登録者100万人いった記念企画?」などの予想が出ていました。

エイプリルフールで男性化もあった

エイプリルフールには様々な配信者さんが企画をしており、にじさんじライバーさん達もそれぞれエイプリルフール企画を行っていました。

その企画の中で笹木咲さんと椎名唯華さん、葉加瀬冬雪さんと夜見れなさんが男性化(加賀美ハヤトさんはショタ化)すると言う企画をしています。

男性化した立ち絵とボイチェンを使った企画で、女性リスナーからも好評。笹木咲さんと椎名唯華さんは、後の案件の配信でも男性化したサムネを使っています。

こういった男性化・女性化は珍しい事ではなくなっていたため、壱百満天原サロメさんのバ美肉説も有り得ない話ではないと捉えられていました

宣伝の仕方がでびっちさんに似ていた

壱百満天原サロメさんは公式からの初配信の紹介が、何故か1年前の2021年5月24日と発表されていました。また自分自身でも4月24日に初配信が行われるとアナウンスしています(これは誤りであったと後に自身で訂正しています)。

こういった昔から配信していたというスタイルがでびっちさんに似ていた事も、ネタなのではないかと囁かれた理由の1つです。

でびっちさんとは1年に1回ぐらい配信をする架空のライバーで、にじさんじ所属のでびでび・でびるさんが「あれは僕だよ」「バ美肉悪魔だよ」と発言しています。

Twitterが妙なテンションなのと名前が特殊だった

Vtuberには様々な設定がありますが、最終的に優先されるのはそれぞれのキャラです。

ゲーム配信の咄嗟の喋り口調や雑談で設定とキャラが乖離し過ぎないように、設定はキャラに寄せたものが殆どになります。

ただ壱百満天原サロメさんは配信前のTwitterからお嬢様口調活非常にハイテンション。かつ名前も壱百満天原サロメさんというあまり目にしない誤字の危険性も高い文字列でした。

そのキャラの濃さやサーチ度外視の名前も、作られたネタ用のライバーなのではないかという考察が出て来ていた理由です。

変な時期に1人でのデビューだった

にじさんじのライバーは基本的に2人以上でデビューしており、セレ女のように同期で設定を合わせたり、さんばかのようにユニットとして売り出す場合が殆どです。

ラナンキュラスが3月16日デビューなので、2ヶ月ちょっとしか経っておらず、「らなきゅらとしてデビューする予定だったが事情で遅れた」可能性もなくはありません。

しかしらなきゅらはVTA出身の3人組かつ世界観も違い、壱百満天原サロメさんがそこに入る予定だったとは考え難いです。

この変な時期に1人でデビューすると言う情報も、本当の新人ではなくネタや誰かのバ美肉なのではないかと考えられた理由の1つです。

壱百満天原サロメさんはガチの新人なのか?

下記では壱百満天原サロメさんはガチの新人なのかについて紹介していきます。

ボイチェンの声ではない

男性が女性のビジュアルのVtuberをする所謂バ美肉の場合、男性の声でそのまま行うか、ボイチェンで女性の声にして活動します。

壱百満天原サロメさんは女性らしい高音の綺麗な声で、女性かボイチェンかのどちらかの可能性が残ります。

ただ壱百満天原サロメさんはボイチェンではないというのが、多くの方の見方です。

特に注目されているのが壱百満天原サロメさんが水を飲んだシーン。彼女は水を飲んだ後に容器をテーブルに置いていますが、普通の低い音が出ています。

ボイチェンが効いていると声以外の音は妙な高音になるなど、普通とは違う音になりがちです。

容器を置いた直後に壱百満天原サロメさんが息継ぎをしているので容器を置く瞬間だけボイチェンを切った可能性は低く、彼女はボイチェンを使っていないと考える根拠とされています。

配信もハイテンションだった

壱百満天原サロメさんのTwitter上での妙なハイテンションが、ネタではないかと考えられた理由の1つでした。

ただ実際の壱百満天原サロメさんの初配信は、Twitter上のハイテンションとほぼ同じ勢いの配信でした。

そのため(RPか否かは別として)Twitterで特別キャラを作っていた訳ではない事が分かります。

普通に新人と見られる

https://www.youtube.com/watch?v=BUnY-CaHUH0&t=0s

新人の情報について、にじさんじの他のライバーも良く知らないと言うのが現状の様です。ただベルモンドさんをはじめとして、「田角社長のバ美肉ではないと思う」という声が多く見られます。

また西園チグサさんがマネージャーに確認した所、壱百満天原サロメさんは仏に新人だと教えて貰ったとの事です。基本的には普通の新人だと見て大丈夫でしょう。

ただ既に発表しているバイオ週間が終わったら、何かしらのネタ晴らしが行われる可能性もあります。ホラーゲーム配信は結構素が出るので、気になる方はバイオ配信を見に行ってみて下さい。

星川さんのようにデビュー時期がズレる事もある

2019年10月デビュー組のフミ様、星川サラさん、山神カルタさんの3人は織姫星として活動して親しまれています。

非常に仲が良く人気の3人ですが、フミ様と山上カルタさんが和風の神様とカラス天狗なのに対し、星川サラさんだけ普通の人間で洋服を着ています。

これは実は星川サラさんのデビューが諸事情で半年程度伸びた事が理由で、本来は雪城眞尋さん、鈴原るるさんの学生コンビと共にデビュー予定だったからだと見られています。

彼女のデビュー近辺はライバーのデビューが連続しており、星川さん以外にもコンセプト的にデビュー時期がズレていると見られる方もいます。

最近ではそう言った事は減っていますが、壱百満天原サロメさんもデビュー時期がズレて1人での特殊な時期のデビューになった可能性があります。

実際壱百満天原サロメさんも「じつはもうちょっと早いデビューが予定されていたので、わたくし実質先輩ですわ~~~らしいですわ」と、自身のデビュー時期がずれている事に言及しています。

エデン組と同時期合格でパタ姉とコンビだった可能性

壱百満天原サロメさんが「わたくし実質先輩ですわ」と発言している事から、らなきゅらよりも前にデビューが決まっていたことは確かと見られます。

1つの可能性として考えられているのが、2021年7月19日デビューのエデン組と同期の予定だったのではないかという事です。

そして何かしらの理由やスケジュール調整でデビューが後ろ倒しになったが、らなきゅらとはコンセプトが違ったので単独のデビューになったのではないかという予想です。

エデン組は5人組なのですが、今一コンセプトが揃っていないと言われる事もあります。

ただエデン組に壱百満天原サロメさんを加えると、お嬢様とボディーガード(サロメさんとレインさん)、スローンズ(アクシアさんとローレンさん)、学者組(オリバーさんとレオスさん)となって綺麗に3つのコンビになります

またレイン・パターソンさんの説明文に「かつて命を救われたことから、サメを溺愛している」というものが有りますが、これが本来はサメではなくサロメに命を救われた設定だった可能性も指摘されており、根拠の1つとなっています。

にじさんじの勇気ちひろさんがアンチを情報開示で訴えた詳細について徹底解説

にじさんじの勇気ちひろさんがアンチに開示請求をしたと話題になっています。 今回は勇気ちひろさんがアンチに開示請求をした詳細や背景などを徹底解説していきます。 コンテンツ1 勇気ちひろさんのアンチに開示 ...

続きを見る

 

-YouTuber
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.