AdBlockを使ってもYouTube広告が表示される!詳細と対処法を徹底解説

AdBlockを使ってYouTubeを視聴すれば動画広告やバー広告を消すことができますが、一時的にAdBlockが機能しなくなり広告が表示されるエラーが発生しています。

どのような問題が起こっているのか、対処法はあるのか等を見ていきましょう。


Adblockを導入しているのにYouTubeで広告が出る

ChromeWebStore

AdBlock(AdBlockplus)を導入すれば、本来ならYouTubeの動画広告はもちろん、インターネットサイトや他のSNSのアドセンス広告も全て非表示にすることができます。

実質的に「消すことができた」のと同じで、広告が表示されない分快適にインターネット全般を利用できます。

YouTubeを利用している人の多くもAdBlockもしくはAdBlockplusのいずれかを利用して動画広告を非表示にしていましたが、AdBlockを貫通して動画広告等が表示される問題が起きています。

また、AdBlock等の広告ブロックツールの導入方法等は下記を参考にしてください。

YouTubeの広告が邪魔!詳細や広告を消す方法をデバイス別に徹底解説

どの種類の広告も表示される

YouTube

YouTube広告の種類

  • 動画広告(スキッパブル・ノンスキッパブル・バンパー広告)
  • オーバーレイ広告(下部バーの広告)
  • バナー広告(動画の隣の広告)
  • ディスカバリー広告(視聴動画のおすすめ欄に出てくる広告)

いずれも「Googleアドセンス」が管轄している広告動画で、AdBlockシリーズでブロックすることができます。

本来ならブロックして表示させなくできる広告ですが、AdBlockでエラーが起こっている現在では、どの種類の広告も頻繁に動画再生中に表示されるようになりました。

広告動画等が流れていた場合は、本来見たいYouTubeの動画の再生がストップされてしまうので、人によってはストレスを感じながらの動画視聴となります。

ツール版で主に発生

AdBlock及びAdBlockplusで広告を貫通して表示されるエラーが起こっていますが、アプリ版ではなく「従来のツール版」でエラーが発生しています。

主にGoogleChromeWebStoreで販売されているツール上での不具合で、PCでAdBlockを使っている人は大抵こちらをインストールした上でGoogleChromeに追加しています。

そのため、「PCを使っているユーザー」に一番影響があるエラーだと考えて構いません。

Adblockのエラーが原因

AdBlockで広告が表示されるエラーの原因は、「AdBlock側にある」可能性が高いです。

YouTubeで広告が表示されるのは本来の設定通りなので、YouTubeで広告が流れたとしてもおかしいわけではありません。ブロックしているはずなのにブロックできないのであれば、そのブロックツールでエラーが起こっていると考えられます。

エラーが起こっている詳しい原因(アプリ内の不具合・多くの人がインストールした等のアクセスに関係するエラー等)まではわかっていません。

また、AdBlockを導入した後にYouTubeで広告動画が表示こそされるものの再生されないエラーも同時に発生しています。

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示される!AdBlockが関係あり!詳細を徹底解説

このエラーもYouTubeではなくAdBlockが原因で発生するエラーです。

GoogleChrome(YouTube)側が「AdBlockを貫通して広告を表示できるように設定をし直した」可能性も考えられますが、AdBlockを導入している人全員に広告動画再生のエラーが起こっているわけではないので、この可能性は低いです。

YouTube以外も貫通して広告が出る可能性あり

「原因がYouTubeではない」ことの裏付けにもなりますが、AdBlockを使用しても広告が表示される問題はYouTube外でも発生しています。

例えば、他のサイトにアクセスした場合、そのサイトにGoogleアドセンスの広告があるのであれば、AdBlockで消す(非表示にする)ことができます。

AdBlock全体でエラーが起こっていてYouTube以外の広告も表示されるようになっているものの、利用者の多くがYouTubeを利用しているおかげで、YouTubeが主に話題になっているのだと推測できます。

AdBlockを使ってもYouTubeで広告が出る問題の対処法

AdBlockを使ってもYouTubeで広告が出る問題を対処しないと、動画がやや見づらい状態のままです。

それが本来のYouTubeの使い方であるとはいえ、いままで非表示にできた広告がいきなり表示されると、使いづらく感じてしまうものです。

AdBlockの告知をチェックする

AdBlockでエラーが起きているのであれば、AdBlockの公式Twitterでなんらかの告知がある可能性が高いです。

エラーの詳細や対処法を記載してくれる可能性は高いのですが、英語で記載されているので翻訳は必須です。また、公式Twitterに詳細や対処法が記載されていなかったとしても、似た症状に悩まされているユーザーを見つけて、症状をまとめる等の対策はTwitterの検索で可能です。

AdBlockの公式Twitterはこちらで、AdBlockplusの公式Twitterはこちらです。2つの拡張ツールごとに公式アカウントが分かれているので注意してください。

uBlock Origin等他のツールを使う

AdBlock以外にも有用なChrome拡張機能は存在します。例えば、「uBlock Origin」が特に有用で使いやすいです。

既存の他ツールと比べてメモリの消費量が少ないので快適に利用できるのはもちろん、広告ブロッカーとしての役割もしっかりと果たしてくれます。

こちらのサイトからuBlock OriginのChrome追加ページ(インストールページ)を開いて、赤枠の「Chromeに追加」を選択してください。

拡張ツールを導入した場合、原則として画面右上に導入した拡張ツールが表示されます。uBlock Originの場合はアイコンと共に「ブロックした広告の数」が表示されるようになります。

YouTubeの場合は動画再生の都度広告が流れるのでわかりにくいのですが、インターネットのアドセンスサイト等だと広告が一切表示されないのでわかりやすいです。

上記画像はSNSデイズのサイト画面で本来なら右側に大きく広告が表示されていますが、uBlock Originを追加した後は広告は表示されません。

YouTubeの広告が邪魔!詳細や広告を消す方法をデバイス別に徹底解説

スマホ版 AdBlockアプリを使う

スマホアプリ版のAdBlockにはエラーが発生していないので、こちらを使って広告をブロックすることでいつも通りYouTubeを使うことができます。

ただし、この方法だと「スマホでしか快適にYouTubeを視聴できない」ことになるので、スマホ画面での視聴がそもそも嫌だという人には向いていません。

AdBlock for Mobile
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

次に、端末の「設定」を開きます。

設定の中にある「Safari」で広告ブロックの設定が可能ですが、Chromeを使う場合もYouTubeを使う場合もこちらをタップしてください。

Safari内の「コンテンツブロッカー」を選択します。

アプリ版AdBlockがインストールされていれば、コンテンツブロッカーの中に「AdBlock-Ad Blocking」という項目が追加されています。

この項目にチェックを入れて、YouTubeやChromeで広告が消えているかを確認してください。

その他の対処法

その他の対処法

  • 端末の再起動
  • YouTubeページの更新

YouTubeの広告がAdBlockを使ってもなお表示される問題は主にPC版で発生しているので、アプリ版でよく活用する「再インストール」の対処法は使えません。

その代わり、ページを更新するだけで不具合が解消される可能性があるので、ブラウザバックやF5キーを押してみて、ページを更新した上で広告が表示されるかを試してみてください。

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示される!Adblockが関係あり!詳細を徹底解説

 

-youtube
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.