Twitterで画像加工のフィルターが無くなった詳細や対処法を徹底解説

Twitterで画像加工のフィルターが無くなり話題になっています。

今回はTwitterで画像加工のフィルターが無くなった詳細や対処法について徹底解説していきます。




Twitterで画像加工フィルターが無くなった

Twitterは画像投稿時にフィルターやスタンプで画像を加工する機能がついています。

しかし10月19日頃からかの画像加工フィルターが消えてしまう方が急増しています。

またスタンプの変更が行われており、これまで使えていたスタンプが消え、GIFアニメのスタンプのみ使える様になっている事もあります。

Twitterの色味加工は全ての方が使えなくなった訳ではなく、一部のアカウントのみ使えなくなっています。

原因は不具合ではなくTwitter側の仕様変更と見られています。

画像加工フィルターが無くなった場合の対処法

下記ではTwitterで画像加工フィルターが無くなった場合の対処法を紹介していきます。

テスト導入の可能性が高い

Twitterの画像加工のフィルターが無くなる仕様変更は、全てのアカウントではなく、一部のアカウントのみ適用されています。

これは完全な仕様変更ではなく、試験的な仕様変更と見られています。

評判が悪ければ元の仕様に戻る可能性もあります。元の仕様を求めるツイートをしておくと、運営の目に留まる事もあり得ます。

インスタのテスト導入や仕様変更については、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterでストーリー実装の噂!本当に実装される?いつ実装されるのか気になるポイントを徹底解説

Twitterのフリートが廃止した原因や代わりのサービスを紹介

別の加工アプリで加工をしておく

Twitter内で画像が出来ない場合、あらかじめ別のアプリで画像を加工してから投稿するのも1つの方法です。

基本的にはTwitterの画像加工よりも写真アプリの画像加工の方が機能が充実しているので、そちらを使う事をオススメします。

オススメの画像加工アプリについては、以下の記事で詳しく解説しています。

2021年最新!今話題のカメラアプリを比較!自然に盛れるアプリはどれ?

別のアカウントで加工する

Twitterの画像加工の仕様変更は、全てのアカウントで行われている訳ではありません。

メインアカウントでフィルターが使えなくなっても、サブ垢であればこれまで通りのフィルターやスタンプを使えることもあります

そちらで投稿して引用RTをしたり、加工だけして本垢で投稿し直したりするのも1つの手です。

Twitterのサブ垢の切り変え方や作成方法は以下の記事で詳しく解説しています。

Twitter(ツイッター)でアカウント切り替え時に落ちる不具合の詳細や対処法を徹底解説

テキスト入力が可能に

Twitterの画像加工機能の仕様変更では、色味の変更やこれまでのスタンプが使えなくなりました。

その代わりスタンプと同じように使えるステッカーやフリートのような文字入れが出来る様になっています。

右下のツイートボタンを押して、「画像」を選択します。

投稿したい画像を選んで、画像の右下にある「:」を選択します。

左下の「Aa」をタップし、文字を入力します。

これで画像に文字を入れる事ができます。

色味がおかしかったりスタンプがズレたりしていた

Twitterには投稿時に画像加工をする機能がついており、手軽に活用している方も多いです。

ただTwitterの画像加工は色味がおかしくなったり、スタンプがズレタリする不具合が起きる事が有ります。

特にスタンプで顔や背景を画した筈なのにズレてしまう事で、重大な問題に繋がる恐れもあります。

こういった不具合によるトラブルを避けるために、Twitter自前の画像加工機能に仕様変更が入った可能性はあります。

Twitterの画像加工機能に関する不具合については、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterの写真加工でバグが発生!色味がおかしい!詳細と対処法を徹底解説

Twitterのスタンプが投稿時にズレる不具合が多発!詳細や対処法を徹底解説

TwitterでTLの表示が数時間飛んでしまう不具合の詳細や対処法を徹底解説

現在TwitterでTLの表示が飛んでしまう不具合が多発しています。 今回はTwitterのTLが飛んでしまう不具合の詳細や対処法について徹底解説していきます。 コンテンツ1 TwitterでTLの表 ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.