ディズニーTikTok撮影のハム集団炎上のまとめと個人情報特定の有無を徹底解説

日本でも有名かつ人気のテーマパークである「ディズニーシー」のアクアスフィア前にてダンスを踊る複数人の女性が炎上しています。

炎上動画はTikTokに投稿されていて、テレビ放送で迷惑行為を指摘されました。炎上のまとめとおおよその流れ、当事者の個人情報を特定されたのかを紹介していきます。


ディズニーのTikTok炎上の流れとまとめ

炎上のおおよその概要ですが、「ハム集団」と名乗るTikTokで活動している8人グループのTikTokerがディズニーシーのアクアスフィアで動画を撮影して、投稿した後のユーザーの反応から「迷惑行為」と相当されました。

実際にアクアスフィアはディズニーシーの人気スポットなので、撮影したいと思っているディズニーファンも多いです。そんな状態でダンスを踊っている人がいると、確かに撮影の邪魔になりかねません。

TikTokの投稿をシェアするとモザイクが外れるのは本当なのか詳細と真偽を徹底解説

3月下旬にディズニーでWADADAを踊る動画をハム集団が投稿

炎上の発端は、3月下旬に投稿された「WADADA」というkep1er(K-POPアイドルグループ)の楽曲に載せてダンスを踊る動画です。

動画はおおよそ1分半で、この時間は景色は一切変わらず「ディズニーシーのアクアスフィア前」にて撮影されていました。

元々アクアスフィアがたくさんの人が撮影できるスポットですが、前を陣取られていたため撮影できない人や、投稿された動画を視聴した人たちからの批判が集まっていました。

踊っているのは「ハム集団」として活動している8人の女性たちで、動画には8人以外にも男女が映り込んでいました(ハム集団と関連があるかは不明です)。

着ている服は「トイストーリー」シリーズに出る「ハム」という豚の貯金箱のおもちゃ(キャラクター)で、他にもディズニーランドの他スポットで動画を撮影したり、電車で同ユニフォームを着て撮影していました。

いずれの動画も楽しそうに撮影していて、コメント欄にもファンも大勢いましたが、TikTokに興味がない元々観光のためにディズニーリゾートに訪れていた人にとっては確かに邪魔だと思ってしまいがちです。

テレビ放送後に本格的に炎上

TikTokに動画が投稿された瞬間から、コメント欄にはハム集団のファンだけでなく、有名テーマパークの撮影スポットで堂々とダンスするのを批判する声がありました。

Twitterでも軒並み批判されていて、めざまし8にて迷惑行為と紹介されてからはさらに批判コメントが集まりました。

例えば「どう考えても迷惑」「撮影できない」「1分半の動画だけどどうせ撮影のやり直しで何10分も場所を占領していたんだろうな」との批判の声が挙がっています。

4月8日現在では該当動画削除&当事者が謝罪を行う

4月8日でも現在進行形で該当動画は炎上していますが、当事者のハム集団の最年長でアカウントを運用している人が、謝罪動画をアップしました。

また、ディズニーのハム集団の動画や他の動画も全て削除して、本人のアカウントからだと炎上した動画は視聴できなくなっています。

ただし、あらかじめ炎上で動画やアカウントを削除すると予想していた批判ユーザーが、彼女たちの動画を保存して該当動画や削除した他の動画をアップロードしています。動画はTikTokで「ハム集団」「ディズニーシー」と検索すれば出てきますが、動画に批判コメントを落とすのはネットリテラシー的におすすめできません。

ディズニーTikTok炎上で個人情報は特定されたのか

ディズニーのTikTok炎上事件で、当事者の女性8人の個人情報を特定しようとする動きが活発です。

ただし、わかるのは「以前まで投稿していた動画の情報と当事者の顔」だけで、この情報だけでは本来なら個人情報特定には至りません。

個人情報や所属組織は現在では特定されていない

ハム集団のメンバーの個人情報や彼女たちの所属組織(学校や職場)は、4月8日現在では特定されていません。

Twitterでは「個人情報が特定された」「彼女たちの個人情報を知りたい人はDMまで」とのメッセージが投稿されていますが、特定されたであろう情報は出回っていません。また、「個人情報を知りたい人はDMまで」のメッセージは間違いなく情報を知りたい場合はiTunesカードをくださいという旨の詐欺まがいの投稿です。

わかっているのは「女子大生」というだけで、どの学校かは不明です。ハムメンバーの容姿を見ると高校生より髪型が明るくておしゃれな傾向があることから推測されたインターネット上での予想で、根拠はありません。

個人情報特定・記載は個人情報保護法違反になるのでNG

確かに、ニュースで話題になるほど世間一般から受け入れられ難い迷惑行為を行ったハム集団ですが、それでも個人情報の特定は絶対に行ってはいけません。

個人情報特定は「個人情報保護法」に引っかかる可能性が高いです。Twitterや他のSNSで彼女たちの個人情報(住所や所属組織・氏名)を記載した場合、個人情報を不正に収集した場合、2年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

迷惑行為も確かによくない行為ではありますが、個人情報特定はネットリテラシーに欠ける行為で、人権侵害にもなりえます。ネットでやらかした人を罰する権利は誰も持っていないため、個人情報特定含む様々な報復はNGです。

他にもまだディズニーや他公共施設でTikTokを撮影するユーザーは多い

今回炎上したハム集団だけでなく、ディズニーや他公共施設でTikTokの撮影を堂々と行って、なんらかの迷惑をかけているユーザーはいます。例えば、ディズニーだけでも「ハム集団と全く同じ」と批判を集めているTikTokユーザーもいますし、公共施設で他の人に迷惑をかける撮影も投稿されています。

炎上したディズニーの動画と比べると炎上度は低いですが、いずれも迷惑行為であるのは変わりありません。この迷惑行為を禁止する動きはTikTokユーザーそれぞれの意識と、公共施設側の対策にかかっていて、決して個人情報特定で制裁を加えるのが良しとしているわけではありません。

多くのユーザーが今回の炎上を受けて、TikTokでの撮影を自粛しようと考えているのも事実です。

また、同じように炎上しないように、過去に迷惑をかけていたと考えられる動画をあらかじめ削除して自衛しているTikTokrもいました。

TikTokの投稿をシェアするとモザイクが外れるのは本当なのか詳細と真偽を徹底解説

TikTokでは編集によってモザイク処理された動画や画像が投稿されていることがあります。次回の予告や顔出しNGの人が編集されているということが多いですが、このモザイクがシェアをすることで外れるという噂 ...

続きを見る

 

-TikTok
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.