解説、アプリの使い方

SNSデイズ

超面白い!Google翻訳アプリのリアルタイムカメラ機能の使い方

更新日:

今話題となっているGoogle翻訳アプリの、リアルタイムカメラ機能の使い方を解説します。

このリアルタイムカメラ機能を使えば、街でも家でも、文字通りリアルタイムに文字を翻訳することができます。

Google翻訳とは?

Google翻訳とは、エキサイト翻訳などと並ぶ翻訳サービスです。Google社が提供しており、去年もその制度が上がったと盛り上がっていましたね。これまでも、カメラ機能といって、カメラで撮影した写真の文字をハイライトすることで、部分的に翻訳できる機能は存在しました。

そして今回、アプリに「リアルタイムカメラ」機能が搭載しました。

なんと、人間が文字をハイライトして「翻訳したい文字はここだよ」と言うまでもなく、自動的に文字を認識して、さらに翻訳してくれるんです。

リアルタイムカメラ以外の特徴・機能としては、以下のものがあります。

  • 手書き入力(文字を手書きで入力して翻訳)
  • 会話モード(2言語をリアルタイム翻訳)
  • オフラインでも可能

こうして見ると、会話モードや手書き入力も優れており、そこにさらに最高の機能が備わったという感じですね。

Google翻訳アプリ リアルタイムカメラの使い方

リアルタイムカメラは、アプリのスタート画面でカメラのボタンをタップするだけで簡単に使用することができます。

初回のみ、オフライン翻訳ファイルをダウンロードします。すぐ終わりますよー!

これが、リアルタイムカメラの画面です。左の画像は「日本語→英語」。日本語がうつっていないので、何も翻訳されていませんね。上の緑色のバー(「矢印が書かれている部分」)をタップして、「英語→日本語」に変換しましょう。

右の画像のように変わりました!

「HIGH QUALITY FACIAL TISSUES」が「高品質の顔の組織」に変わりましたね!笑

残念ながら、少し精度は落ちるようです・・・。

例えばこちら。

そしてこちら。

精度は落ちますが、これで海外に行けば、書いてあることの大意は掴めるのではないでしょうか?

編集後記

今回は、Google翻訳のリアルタイムカメラ機能を解説しました。

翻訳が目的ではなくてもとても面白いので、是非使ってみてください!

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.