解説、アプリの使い方

SNSデイズ

「バンドルカード」は危険なのか?詳細や危険性について徹底解説

更新日:

今回は「バンドルカード」の使い方、登録方法や危険性などについて詳しく解説していきます。

非常に便利な支払いアプリですが、誰でも簡単に安心して使うことができるのでしょうか。

登録方法・チャージ方法・危険性など下記で解説していきます。


「バンドルカード」について

「バンドルカード」とは、インターネットで誰でもすぐに買い物が出来るカードアプリです。コンビニやビットコインから簡単にチャージして今すぐ買い物出来ちゃいます。

実質的に「クレジットカード」と変わらない役割を持っています!

カードを持たなくても買い物が出来て、年齢制限もありません。無料で発行出来て、年会費月額利用も無料です。

ただし、未成年がバンドルカードを発行したい場合、保護者の同意を求められます。

年会費月額利用に関しても、120日間利用が無ければ100円かかってしまいます。

クレジットカードのようにしてVisaが使えるお店で使えます。

ダウンロードはこちらからも出来ます↓

「バンドルカード」登録方法

「アカウント登録」をタップして下さい。次に「ユーザーID」「パスワード」「招待コード」を入力しましょう。

招待コード

「招待コード」は入力してもしなくても、どちらでも大丈夫です。良ければ上記の招待コード「6yyhsf」をお使い下さい。入力したら「次へ」をタップして下さい。

コピペ用:

6yyhsf

まずは、下記の情報を入力してください。

  • 生年月日
  • 未成年は保護者の同意を得ていますにチェック
  • 性別(無回答でも良い)

これらを入力して入力完了したら「次へ」をタップしましょう。次に電話番号を入力してください。

入力したらSNSにショートメールが届きますので、暗証番号を確認しましょう。制限時間は三分です。再度アプリを開いて、暗証番号を入力して下さい。

入力内容を確認したら「利用規約に同意します」にチェックをいれて「登録」ボタンをタップしましょう。これで登録完了です。

では早速ネットで使えるバーチャルカードを発行していきましょう。「バンドルカードを発行する」をタップしましょう。これで発行完了です。

「クレジットカード」との違い

クレジットカードと「バンドルカード」の違いを簡単に解説していきます。まずクレジットカードは今現在手元にお金が無くても買い物出来ます。

今日買い物しても引き落としは30日~50日後になります。なので今手元にお金が無くても、限度額内は買い物出来るということです。

「バンドルカード」は今手元にお金がないと買い物出来ません。現金をチャージして使います。手元(口座)にお金があればチャージして、チャージしたらクレジットカードと同じようにしてネットなどで買い物が出来ます。

他のカードとの大きなの違いは一回のチャージ額(三万円まで)が低いことと、使える金額(月に十二万円まで)がクレジットカードよりは少なめとなっています。

「バンドルカード」にチャージするには

バンドルカードにチャージする方法は様々な種類があります。下記方法から自分のチャージしやすい方法を選択しましょう。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード

一番有名なのは「ポチっとチャージ」でしょうか。

バンドルカードアプリにチャージしたい金額を入力するだけでチャージすることができるので、簡単な方法でチャージできるでしょう。

コンビニ、ネット銀行、銀行ATMによってチャージした金額(月ごとの合計)を支払うことができます。

「リアルカード」について

バーチャルカードとは別に、リアルカードを発行することも出来ます。リアルカードとバーチャルカードの違いは、まずリアルカードはリアルなカードが手元に届きます。そして使える範囲が違います。

リアルカードはコンビニ、スーパーなどリアルなお店で使用出来ます。もちろんAmazonなどでも使用出来ます。発行に300円かかり、到着には数週間かかります。

バーチャルカードはオンラインのお店で利用出来ます。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金支払い
  • 機内販売

上記の支払いに関してはバーチャルカードでは使うことができません。

また、バンドルカードには「バンドルカードリアル+」という、リアルカードの上位互換となるカードも存在します。

発行手数料に関しては600円とバンドルカードよりも高く、残高上限やチャージ限度額も跳ね上がります。

残高上限やチャージ額は以下の通りになります。

発行手数料600円
残高上限100万円
チャージ限度額200万円

ほとんどクレジットカードと変わらないカードなので、利便性は通常のバンドルカードよりもはるかに高いでしょう。

「バンドルカード」の危険について

「バンドルカードは危険?」という声が多いので詳しく解説していきます。

まず「バンドルカード」は危険ではありません。もちろん100%危険ではないとは言いきれませんが、カードを落としたり、ネットで買い物した際に登録したカード番号・セキュリティコードが漏れて不正利用・悪用される可能性も無きにしも非ずです。

しかしそれはクレジットカードにも言えることであります。

むしろ手元にお金が無いのに「ツケ払い」で買い物出来るカードより、手元お金がないと使えない「バンドルカード」の方が使いすぎを防ぐ面では安全といえます。

ただ「バンドルカード」は未成年でも作れてしまう(保護者の同意をごまかすことが可能)ので、子供にネットで買い物させたくない保護者にとっては少し危険な部分ではあります。

正しく賢く使う範囲ではとても便利で安全なカードと言えます。

しかも一回のチャージ額、次の限度額も低いので使いすぎを防ぐことが出来ます。

クレジットカードの場合、リポ払いなどに頼り切ってしまって、自分が予想していない金額を使いこんでしまい、カード破産を起こすということも珍しくはありません。

バンドルカードにはそのようなリスクは少ないので、「破産」に関する危険性は他のカードよりも低いと認識して構いません。

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードのおすすめポイント

  • 新規登録・アプリログインで最大8000円プレゼント!
  • 初年度年会費無料!
  • ApplePayアカウント新規開設で2000円分支払いが無料になる!
  • 作れるカードの種類が豊富
  • 18歳から25歳向けのクレジットカードは「使いすぎ」の心配がない!
  • マイ・ペイすリポによって払いすぎ防止になる
  • カード紛失・不正利用による対策完備

タダチャン

↑詳細は上記から確認出来ます

三井住友VISAカードはおすすめ度が高いクレジットカードです!

クレジットカードの中では最も有名な一角である三井住友VISAカードですが、人気も安心度も全てのクレジットカード会社と比較して上位にランクインしています!

カード紛失・セキュリティ万全のIC、クレジットカードの利用がIDで簡単!このような安全度を持っているので、いかに使いやすいクレジットカードなのかはわかるのではないでしょうか。

三井住友VISAカードの強みは安全性や使いやすさだけではありません!

今「キャッシュレスプラン」で三井住友VISAカードを作ると、「新規入会で利用金額の20%」の金額分還元することができます!

最大で8000円返ってくるので、4万円(4万円の20%がちょうど8000円)商品を購入することで、キャッシュレスプランのお得な特典をゲットできることになりますよね。

キャッシュレスプランに登録することができる対象カードは多いので、どのようなクレジットカードを作ったとしても、キャッシュレスプランで登録することができるのではないでしょうか。

プラン期間は2019年6月1日からですが、期限ははっきりと決められていません!すぐ終わってしまう可能性も考えられるので、すぐに登録しましょう。

他にも、登録初年度は年会費が無料になる他、ApplePayのIDを新しく作ることで、ApplePayで2000円分無料で買い物することもできます。

多くの特典や使いやすさ・安心度から、おすすめできるクレジットカードとしての地位を獲得したのだと考えることができます!

タダチャン

↑詳細は上記から確認出来ます

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

編集後記

今回は「バンドルカード」の使い方、登録方法や危険性などについて詳しく解説させていただきました。正しく賢く安全に使えばとても便利で安全なカードです。

ただチャージしたカードを、落としたりしないように注意して下さいね。

 

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.