NHKプラスが見れない!見るためにはどうすればいい?詳細や注意点を徹底解説

2020年3月1日より、試験運用としてリリースされた「NHKプラス」はリアルタイムでNHKの番組を視聴することができます。
新規登録などを行えば、見逃し配信なども見れるようになるのですが、NHKプラスが見れないといった不具合が発生しています。

それでは、NHKプラスが見れないときはどうすれば見れるのか、詳細や注意点、対処法を徹底解説していきます。


NHKプラスが見れない!

IDと確認コードが届かないと見逃し配信は見れない

NHKプラスは、見逃し配信を見ることができますが、IDがないと見ることはできません。
サービスが始まったのは、2020年3月1日です。

そこから、新規登録を行い、NHK側が申請を受け付けを行っています。

登録したメールアドレスにIDなどは送られいますが、確認コードははがきにしか書かれていません。
確認コードはNHKより1~3週間で届くと言われています。

全ての番組が見れるわけではない

アニメ「映像研には手を出すな!」公式サイト

注意ポイント

  • 映像研
  • サンデースポーツ
  • おはよう日本
  • ニュースウォッチ9
  • NHKニュース(定時)

NHKプラスは全てのテレビ番組が見れるわけではありません。
基本的にNHKで全てを制作していないものや、ニュース番組は流れない可能性が高いです。

現在は試験運用中ということもあり、権利関係での申請が通っていない可能性もあります。

また見逃し配信に関しても、全ての番組が対応しているわけではありません。
一部の番組は「この番組は配信されておりません」と表示され、見れない番組もあります。

見逃し配信が見れる期間は決まっている

NHKプラスでは、ID・確認コードを登録すれば、見逃し配信が視聴できます。

ただ、期限が設けられており、放送日より7日間限定となっています。
期限が過ぎてしまった番組を見ることはできないので、注意しましょう。

時間がたつと文字が表示される

NHKプラス

NHKプラスは、しばらくはログインをせずとも閲覧ができます。

ただ、しばらくすると画面上にメッセージが表示されます。
メッセージが表示されたままでも番組を見ることはできますが、見れているとは言えません。

メッセージを消したい場合は、NHKプラスへの申し込みが必須となります。

4月以降は契約者番号がないと見れなくなる可能性が高い

NHKプラスは、2020年3月にリリースされていますが、正式なリリースではありません。

2020年4月以降が正式なリリースとなっており、試用期間が終了すれば、無料で視聴ができなくなる可能性が高いです。
登録を今しておかないと見れなくなるわけではありませんが、引き続きサービスを利用したい場合は、今のうちに登録をしておきましょう。

注意点

NHKプラスを利用したい場合は新規登録が必要

新規登録をしないと、画面にメッセージが表示されたままとなります。
IDを入力し、ログインをすることでメッセージが消えて、通常の放送がスマホで見れるようになります。

新規登録・ログインは画面右端の「設定」から行います。

「ログイン」をタップして下さい。

「NHKプラスについて」をタップします。

「ID登録手続き」をタップしてください。

スクロールを行い「規約同意画面へ進む」をタップします。

利用規約を読まないと進むことはできないので、利用規約をタップしてください。

利用規約を一読したら「戻る」タップしましょう。

利用規約確認後、チェックを入れて「メールアドレス入力へ」をタップしてください。

メールアドレスを入力し「確認画面へ」をタップします。

メールアドレスを確認し問題が無ければ「登録手続き用のメールを送信する」をタップしてください。

登録したメールアドレスにNHKからメールが届きます。
URLをタップし、登録情報の入力を行います。

情報を入力し「受信契約情報の入力へ進む」をタップしてください。

住所などを入力していき「確認画面へ進む」をタップします。

問題がなければ「利用申し込み」をタップしてください。
NHKプラスへの登録は以上で完了になります。

確認コードははがきで郵送されるので、到着を待ちましょう。

制限付きで見るだけならログインなどの必要ない

ログインやアカウント登録をすると、見逃し配信やメッセージの削除といったメリットがあります。
便利な機能を利用するためには、ログインなどは必須です。

ただ、メッセージが出ていても気にしない・見逃し配信も見ないというのであれば、ログインの必要はありません。

注意ポイント

試用期間である間は、ログインしなくても見れるかもしれませんが、今後見れなくなる可能性はあるといえるでしょう。

一つの受信契約で登録ができるのは1つだけ

NHKプラスは一つの受信契約につき、1度のみしか申請ができません。
複数の登録申請があった場合は、一つに絞られて残りは破棄されてしまいます。

ただ、一つの端末でしか見れないということではありません。

一つのIDで5画面まで同時視聴することが可能です。
返信がない時は、家族に申請していないか確認してみましょう。

受信料を払っていない場合は見れない

NHKプラスは受信者契約を結んでいる人しか利用できません。
契約をしていても、受信料の支払いが1年以上滞っている場合などは利用することはできません。

再び、受信料を払いたい・NHKと契約したい場合は「受信料の窓口」で支払いを進めてください。
支払・契約後、マイページにログインをし、放送受信契約情報を再送信することで締結が完了します。

アプニャン
NHKと受信者契約を結べるのは、家にテレビがある世帯のみとなっています。

見れるのは総合テレビとEテレの番組のみ

NHKプラスは、NHKで放送されている番組を全て見れるわけではありません。
基本的に見れるのは、総合テレビとEテレの番組のみです。

ただ、この中にも一部権利上の関係で見れない番組などもあります。

BSなどの番組は見ることはできないので、注意しましょう。

見れない場合の対処法

見れない番組はワンセグで見る

NHKプラスで視聴できない番組をスマホで見る方法は、ワンセグ放送のみです。
テレビチューナーを搭載しているスマホであれば、NHKの放送を見ることが可能です。

テレビチューナーを搭載していないスマホであっても、別売りのチューナーと接続することで視聴は可能になります。

確認コードを再度入力する

確認コードを一度、入力した後に再度メッセージが表示された場合は、再度確認コードを入力しましょう。
確認コードは3週間以内であれば、再度入力が可能です。

ただ、期限を過ぎてしまった場合は、そのコードを使用することはできません。

注意ポイント

  • 0570-099-033
  • 050-3786-5007

確認コードの期限が過ぎてしまった場合や、確認コードが記載されたはがきを紛失してしまった場合は、上記電話番号より問い合わせをしてもらいましょう。
問題が無く、支払いなどがとどこっていない場合は、すぐにはがきの送付をしてくれます。

画質などを落として再生する

メッセージなどの表示はありませんが、NHKの放送が見れない場合は、一度通信量を落としてみましょう。
NHKプラスは設定画面より、画質などの設定を落とすことができます。

自身の接続方法に合わせて、画質をタップします。

「最低」に設定し、視聴が可能か確認してみましょう。
問題なく放送が確認できた場合は、そのまま一段階ずつ画質を上げていきましょう。

その他一般的な対処法

ポイント

  • 端末の再起動
  • アプリの再起動
  • ルーターの再起動
  • 機内モードのオン/オフ
  • 通信環境の改善
  • LANケーブル関連のトラブル
  • OSのアップデート
  • 再インストール
  • 時間をおいてからアクセス

NHKプラスのシステム上の問題ではなく、通信環境が安定していないことで、正しく視聴できていないこともあります。
サーバー間で情報をうまく読み込めないなども、不具合の原因となります。

端末の再起動などを行い、正常にNHKプラスが視聴できるか確認してみましょう。

それでも、NHKプラスで視聴が出来ない場合は、アプリ内より問い合わせを行うことをおすすめします。

NHKプラスで音が出ない!音が途切れてしまう!詳細と対処法を徹底解説

 

-オンラインTV
-

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.